映画:天空の城ラピュタ

「天空の城ラピュタ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

アニメ映画

天空の城ラピュタの紹介:1986年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。「ラピュタ」という名称は、スウィフトの『ガリヴァー旅行記』に登場する、空を飛ぶ島の王国「ラピュタ王国」に由来するが、ガリバー旅行記との関連性はない。

あらすじ動画

天空の城ラピュタの主な出演者

パズー(田中真弓)、シータ(横沢啓子)、マ=ドーラ(初井言榮)、シャルル(神山卓三)、ルイ(安原義人)、アンリ(亀山助清)、ハラ・モトロ(槐柳二)、ダッフィー(糸博)、モウロ将軍(永井一郎)、ムスカ(寺田農)

天空の城ラピュタのネタバレあらすじ

【起】– 天空の城ラピュタのあらすじ1

19世紀後半、産業革命期のヨーロッパのある夜、飛行中の客船が空中海賊ドーラ一家に襲われます。

客船には政府特務機関に囚われたシータという少女がいました。

襲撃の混乱に乗じて逃亡を図ろうとしたシータは、客船から落ちてしまいます転落で気を失ったシータの胸にかかったペンダントの石が青い光を発し、シータはゆっくりと降下していきました。

鉱山町で働く少年パズーはその光を見つけ、シータを助けます。

そしてパズーはシータを連れ、ドーラ一家と特務機関のムスカの追跡から逃れようとします ドーラとムスカの狙いはシータのペンダントトップにある飛行石でした。

飛行石はかつて高度な文明を持っていたラピュタ人が使用していた伝説の石です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「天空の城ラピュタ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×