映画:天空の城ラピュタ

「天空の城ラピュタ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アニメ映画

天空の城ラピュタの紹介:1986年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。「ラピュタ」という名称は、スウィフトの『ガリヴァー旅行記』に登場する、空を飛ぶ島の王国「ラピュタ王国」に由来するが、ガリバー旅行記との関連性はない。

あらすじ動画

天空の城ラピュタの主な出演者

パズー(田中真弓)、シータ(横沢啓子)、マ=ドーラ(初井言榮)、シャルル(神山卓三)、ルイ(安原義人)、アンリ(亀山助清)、ハラ・モトロ(槐柳二)、ダッフィー(糸博)、モウロ将軍(永井一郎)、ムスカ(寺田農)

天空の城ラピュタのネタバレあらすじ

【起】– 天空の城ラピュタのあらすじ1

19世紀後半、産業革命期のヨーロッパのある夜、飛行中の客船が空中海賊ドーラ一家に襲われます

客船には政府特務機関に囚われたシータという少女がいました

襲撃の混乱に乗じて逃亡を図ろうとしたシータは、客船から落ちてしまいます転落で気を失ったシータの胸にかかったペンダントの石が青い光を発し、シータはゆっくりと降下していきました

鉱山町で働く少年パズーはその光を見つけ、シータを助けます

そしてパズーはシータを連れ、ドーラ一家と特務機関のムスカの追跡から逃れようとします ドーラとムスカの狙いはシータのペンダントトップにある飛行石でした

飛行石はかつて高度な文明を持っていたラピュタ人が使用していた伝説の石です

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(2件)

ライターの感想

一番印象的なのは、悪者に捕まったシータをパズーが救出に向かう場面です。うまいと思ったのは、一回のチャレンジで失敗して、緊張感が高まった二回目のチャレンジでシータを救出する瞬間は何度見ても大興奮します。
また、その他で印象的なのが、猛烈の嵐と雷に巻き込まれてもうダメかと思った瞬間に、それを突破してラピュタに到達シーンです。到達する前の激しさと、到達した後のラピュタの静けさの緩急の付け方が絶妙ですごく印象的なシーンでした。
  • KOD7さんの感想

    劇場での公開から既に30年以上も過ぎているのが、なんだか不思議な気がします。そのくらい、ずっと見続けてきたし、色褪せず楽しめる映画だと感じます。
    パズーの勇敢さ、まわりの大人たちのやさしさ、シータの強さ、どれもすごく憧れたものです。
    子供の持つまっすぐな部分、が描かれていて好きです。
    名台詞も多々生まれた作品ですが、それだけ多くの人に愛されているということでしょう。
    これからも何度でも見てしまう気がする映画です。

映画の感想を投稿する

映画「天空の城ラピュタ」の商品はこちら