「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟の紹介:2020年製作の日本映画。社会現象も巻き起こした不朽のSFアニメをリメイクし、話題を呼んだテレビアニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」の完全新作となる劇場版。コスモリバースシステムを入手し、地球への帰還を急ぐヤマトとその乗組員たちが、謎の敵ガトランティスと遭遇し、壮絶なバトルを繰り広げる。テレビシリーズでは語られなかったバトルの行方が明らかになる。

あらすじ動画

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟の主な出演者

沖田十三(菅生隆之)、古代進(小野大輔)、森雪(桑島法子)、島大介(鈴村健一)、真田志郎(大塚芳忠)、徳川彦左衛門(麦人)、佐渡酒造(千葉繁)、加藤三郎(細谷佳正)、南部康雄(赤羽根健治)、相原義一(國分和人)、太田健二郎(千葉優輝)、AU09/ゲルフ・ガンツ(チョー)、山本玲(田中理恵)、原田真琴(佐藤利奈)、篠原弘樹(平川大輔)、榎本勇(藤原啓治)、山崎奨(土田大)、平田一(伊勢文秀)、星名透(高城元気)、アベルト・デスラー(山寺宏一)、レドフ・ヒス(秋元羊介)、ヴァルケ・シュルツ(島香裕)、古代守(宮本充)、山南修(江原正士)、芹沢虎鉄(玄田哲章)、土方竜(石塚運昇)、藤堂平九郎(小川真司)、スターシャ・イスカンダル(井上喜久子)、新見薫(久川綾)、岬百合亜(内田彩)、ミーゼラ・セレステラ(茅原実里)、ガル・ディッツ(堀勝之祐)、ハイドム・ギムレー(森田順平)、エルク・ドメル(大塚明夫)、ヘルム・ゼーリック(若本規夫)、伊東真也(関俊彦)、岩田新平(はらさわ晃綺)、遠山清(遊佐浩二)、西条未来(森谷里美)、北野哲也(木島隆一)、メルダ・デッツ(伊東静)、ヴェルテ・タラン(青山穣)、ガデル・タラン(中村浩太郎)、グレムト・ゲール(広瀬正志)、ヴォルフ・フラーケン(中田譲治)、ゴル・ハイニ(佐藤せつじ)、ヴェム・ハイデルン(辻新八)、フォムト・バーガー(諏訪部順一)、カリス・クライツェ(里卓哉)、ライル・ゲットー(吉開清人)、ヒルデ・シュルツ(三浦綾乃)、ヴォル・ヤレトラー(江川大輔)、サレルヤ・ラーレタ(優希比呂)、ヴァルス・ラング(大川透)、バレン・ネルゲ(小野塚貴志)、ミレーネル・リンケ(岡村明美)

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟のネタバレあらすじ

【起】– 宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟のあらすじ1

宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟のシーン1

画像引用元:YouTube / 宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟トレーラー映像

〝壁のかたわらで わたしはおまえにひとこと話そう

わたしの言う事を聞きなさい わたしの教えに耳を傾けなさい

<古代シュメール粘土板の記述>〟

〔西暦2199年〕

ヤマトが出発した後の地球では、ガミラス艦隊の艦載機の攻撃を受けています。迎える国連宇宙軍・空間防衛総隊司令官の土方竜は、必死の抵抗を行ないますが、地球は限界を迎えていました。滅亡の危機に陥っています。

ひとまず戦闘を終えた土方は、遠い宇宙空間に何かの影を見ました。それを見て思わず土方は「ヤマト」と呟きました。ヤマトとは何かと聞かれた土方は、「人類最後の希望だ」と答えます…。

〔ヤマト地球投錨から7ヶ月〕

西暦2199年、地球は滅亡の危機に陥っていました。地球は異星国家「ガミラス」と、数年にわたって星間戦争を行なっていました。圧倒的な軍事力を持つガミラスを相手に、地球の防衛艦隊は壊滅寸前に陥っています。また地球は常に遊星爆弾を用いた爆撃を受けており、地上は赤く干上がっています。人類は追いやられて地下へ逃げ、そこに都市を作って暮らしていました。しかし地表の汚染は地下都市をもむしばみ始めており、人類の絶滅まであとおよそ1年と思われています。

地球は救いの手をさしのべるイスカンダル星へ宇宙戦艦ヤマトを派遣し、コスモリバースシステムを受け取りに行きました。必ず地球へ戻ってくると約束を交わし、乗員たちはヤマトに乗艦して宇宙へ旅立ったのです。

〔大マゼラン外洋銀河間空間〕

ヤマトはイスカンダル星へ到着し、コスモリバースシステムを受け取りました。現在は帰路の途に就いています。後は帰るだけなので、艦内の雰囲気は明るいものでした。みんな和やかに過ごしています。

沖田艦長は元気そうに振舞いますが、具合は決してよくありません。艦長室で寝たきりとなっており、佐渡医師が気遣っていました。そこへ古代進が沖田の様子を見に現れました。佐渡は席を外します。沖田と古代は、古代の兄・守の思い出話をしました。

古代は今回のヤマトでの旅で、違う種族とも理解し合えるという考えに至っていました。そう信じています。

艦長室を出た古代は、徳川彦左衛門と会って話をします。徳川は「兄弟っていいものだな」と声をかけました。

同じ頃。宇宙空間には七色星団での海戦を生き延びた、ドメル機動部隊の第二空母「ランベア」が航行中でした。艦内にはドメルの幕僚フォムト・バーガーがいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「宇宙戦艦ヤマト2199 星巡る方舟」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×