「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章 嚆矢篇」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章 嚆矢篇の紹介:2018年製作の日本映画。不朽の名作「宇宙戦艦ヤマト」をリメイクした『宇宙戦艦ヤマト2199』の続編を全7章の劇場映画として上映するその第3章。『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』をモチーフに、謎の敵ガトランティスの脅威にさらされ、再びヤマトで戦う事になる乗組員たちの姿が描かれる。『機動戦士ガンダムUC』の福井晴敏がシリーズ構成・脚本を手がける。

あらすじ動画

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章 嚆矢篇の主な出演者

沖田十三(菅生隆之)、古代進(小野大輔)、森雪(桑島法子)、島大介(鈴村健一)、真田志郎(大塚芳忠)、徳川彦左衛門(麦人)、佐渡酒造(千葉繁)、加藤三郎(細谷佳正)、南部康雄(赤羽根健治)、相原義一(國分和人)、太田健二郎(千葉優輝)、AU09/ゲルフ・ガンツ(チョー)、山本玲(田中理恵)、原田真琴(佐藤利奈)、篠原弘樹(平川大輔)、榎本勇(藤原啓治)、山崎奨(土田大)、平田一(伊勢文秀)、星名透(高城元気)、アベルト・デスラー(山寺宏一)、レドフ・ヒス(秋元羊介)、ヴァルケ・シュルツ(島香裕)、古代守(宮本充)、山南修(江原正士)、芹沢虎鉄(玄田哲章)、土方竜(石塚運昇)、藤堂平九郎(小川真司)、スターシャ・イスカンダル(井上喜久子)、新見薫(久川綾)、岬百合亜(内田彩)、ミーゼラ・セレステラ(茅原実里)、ガル・ディッツ(堀勝之祐)、ハイドム・ギムレー(森田順平)、エルク・ドメル(大塚明夫)、ヘルム・ゼーリック(若本規夫)、伊東真也(関俊彦)、岩田新平(はらさわ晃綺)、遠山清(遊佐浩二)、西条未来(森谷里美)、北野哲也(木島隆一)、メルダ・デッツ(伊東静)、ヴェルテ・タラン(青山穣)、ガデル・タラン(中村浩太郎)、グレムト・ゲール(広瀬正志)、ヴォルフ・フラーケン(中田譲治)、ゴル・ハイニ(佐藤せつじ)、ヴェム・ハイデルン(辻新八)、フォムト・バーガー(諏訪部順一)、カリス・クライツェ(里卓哉)、ライル・ゲットー(吉開清人)、ヒルデ・シュルツ(三浦綾乃)、ヴォル・ヤレトラー(江川大輔)、サレルヤ・ラーレタ(優希比呂)、ヴァルス・ラング(大川透)、バレン・ネルゲ(小野塚貴志)、ミレーネル・リンケ(岡村明美)

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章 嚆矢篇のネタバレあらすじ

【起】– 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章 嚆矢篇のあらすじ1

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章 嚆矢篇のシーン1

画像引用元:YouTube / 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章 嚆矢篇トレーラー映像

【第一話 西暦2202年・甦れ宇宙戦艦ヤマト】

無限に広がる大宇宙の中で、その勢力を広げているガトランティスのズォーダー大帝は、思索にふけっていました。「愛が必要だ」と語りながらも、ズォーダー大帝はある惑星を猛攻して、そこにいた者たちを全滅させました…。

宇宙戦艦ヤマトがイスカンダルへ往復の旅を行なってから、3年の月日が経過しました。今は、2202年です。

地球はコスモリバースシステムにより蘇って、急速に復興を遂げようとしています。

〔地球防衛軍 特別混成艦隊〕

地球防衛軍の艦隊がワープアウトをし、その後、編隊を組みます。

〔ガミラス軍 辺境警備第38任務部隊〕

地球防衛軍の艦隊は、ガミラス軍の部隊と混成艦隊を組んでいます。戦いの後、地球とガミラスは和解をし、和平条約を締結していました。

〔地球・ガミラス 連合艦隊〕

両者が手を取り合って混成艦隊を編成しているのは、新たな敵が存在するからでした。それはガトランティスという相手です。

地球防衛軍とガミラス軍の連合艦隊が戦う相手が、ガトランティスでした。相手は大戦艦を出撃しており、激しい戦闘を仕掛けてきます。

古代進は戦艦「ゆうなぎ」の艦長として、戦っていました。「ゆうなぎ」は古代の指揮を受けて、敵方のガトランティス艦隊を撃沈していきます。それでもガトランティス艦隊は数も多く、地球とガミラスの連合艦隊は苦戦を強いられます。

おされていた古代たちですが、突然、ガトランティスの戦艦が後退していきました。ガミラス側はここぞとばかりに進軍しますが、古代は怪しみます。それが敵の作戦かもしれないと警戒した古代は、「ガミラスとの連絡回線を開け」と指示しました。ガミラスにも注意を促そうとします。

ところがその矢先、退いたガトランティス艦隊と交代で、奥から巨大な未確認物体が現れます。超巨大なそれは、十字架の形に似た戦艦でした。潜行したガミラス戦隊は攻撃されて全滅してしまいます。

それを見た芹沢虎鉄・統括司令副長は、「プランA」を発動しました。とはいうものの作戦の詳細を古代たちは知らず、第3警戒ラインまで退けという指示が下りました。しばらくするとどこからか波動砲が発射されました。波動砲はガトランティス艦隊を直撃するわけではなく、その直前で爆発します。それを見た古代は、沖田艦長の言葉を思い出しました。沖田艦長はイスカンダル星のスターシャと約束をし、波動砲を封印したのです。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち/第一章 嚆矢篇」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×