映画:宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち/第一章嚆矢篇

「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち/第一章嚆矢篇」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

宇宙戦艦ヤマト 2202 愛の戦士たち/第一章 嚆矢篇の紹介:往年の大ヒットSFアニメ『宇宙戦艦ヤマト』を現代的にリメイクした2012年の大ヒット作『宇宙戦艦ヤマト 2199』の続編。2017年3月より劇場公開された。旧作ヤマトシリーズの第2作『さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち』のストーリーを元に、『亡国のイージス』『機動戦士ガンダム UC』などの原作者・福井晴敏がシリーズ構成と脚本を担当した。監督は、前作の出渕裕から交代し、『ブレイク ブレイド』『蒼穹のファフナー』の羽原信義が担当。前作から3年後、かつての仇敵ガミラスと同盟を結んだ地球が新たな敵ガトランティスと対決する中、時代に取り残されたヤマト乗組員たちの苦悩を描く。全7章で構成された物語のうちの第1章で、第1話『西暦2202年・甦れ宇宙戦艦ヤマト』、第2話『緊迫・月面大使館に潜行せよ』の2話で構成されている。

あらすじ動画

宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち/第一章嚆矢篇の主な出演者

古代進(小野大輔)、森雪(桑島法子)、島大介(鈴村健一)、真田志郎(大塚芳忠)、徳川彦左衛門(麦人)、新見薫(久川綾)、南部康雄(赤羽根健治)、相原義一(國分和人)、山本玲(田中理恵)、藤堂平九郎(小島敏彦)、芹沢虎鉄(玄田哲章)、ローレン・バレル(てらそままさき)、クラウス・キーマン(神谷浩史)、ズォーダー(手塚秀彰)、テレサ(神田沙也加)

宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち/第一章嚆矢篇のネタバレあらすじ

【起】– 宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち/第一章嚆矢篇のあらすじ1

宇宙空間に尊大な男の声が響き渡ります。「無限に広がる大宇宙。静寂な光に満ちた世界。死んでゆく星もあれば生まれてくる星もある。宇宙は生きているのだ。だから、愛が必要だ」

男の声とともに、巨大な光の渦が漂う隕石を飲みこみ、砕いていきます。そしてその光の渦から戦闘艦隊が出撃してきました。艦隊は穏やかな惑星を攻撃し、地下に隠れた人々を次々と虐殺していきました。自らの司令室でその殺戮を指揮する男――ズォーダー大帝の声は続けます。「虚しい。実に虚しい。彼らの命に何の意味があったのか。やはり愛が必要なのだ。この宇宙から根こそぎ苦痛をぬぐい去る愛が必要なのだ。そう思わんか、テレサ」

スクリーンの中で、呼びかけられた女性が答えました。「すべては定められたこと。でも、それだけではありません。遠い星の戦士たちよ。あなたたちに、すべてが……」

西暦2022年、地球を発ち、ワープアウトしてきた地球防衛軍特別混成艦隊は、かつての宿敵ガミラス辺境軍と対峙します。しかし彼らは途中で転進し、ともに浮遊大陸を占拠したガトランティス艦隊に向かっていきました。地球とガミラスは同盟し、ガトランティス軍と戦争をはじめていたのです。

地球艦隊のひとつ、戦闘艦「ゆうなぎ」のブリッジでは、ガミラスの艦隊を物珍しげに見る部下たちに対し、艦長の古代進が「ガミラスは同盟軍だ。敬意を払え」と命令しました。

一方、地球防衛軍の司令室では、オペレーターで古代の婚約者・森雪や司令長官の藤堂、芹沢らが状況を見守っていました。

地球・ガミラス同盟軍とガトランティス軍との艦隊戦が始まります。古代のゆうなぎは乱戦の中で奮迅していましたが、いきなりガトランティス軍が後退していきます。古代が不審がった時、ガトランティス軍の後方から巨大な十字架に隠された超巨大戦艦が出現しました。超巨大戦艦はその圧倒的な火力で次々と地球・ガミラス両軍の艦を沈めていきます。

司令部の芹沢はかねてから予定されていたプランAの開始を進言、藤堂の許可を経て秘密にされていた作戦が開始されました。古代らはその作戦について何も聞かされていませんでしたが、コンピュータに記録されていた指示に従って後退をはじめます。その時、彼らの背後から猛烈なエネルギービームが放たれました。その威力は凄まじく、ガトランティス軍を一瞬で壊滅してしまいました。古代はそれが波動砲だと気づきます。かつてイスカンダルで禁じられた武器として封印を約束した波動砲です。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち/第一章嚆矢篇」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×