「心が叫びたがってるんだ。」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アニメ映画

心が叫びたがってるんだ。(2015年)の紹介:2015年9月19日公開の日本アニメーション映画。幼なじみ6人が繰り広げるせつないストーリーで人気を博したアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』。監督の長井龍雪、脚本の岡田麿里をはじめとする同作のスタッフが、同じく埼玉県秩父市を舞台に描く青春群像劇。心に傷を抱えた女子高生のヒロインが仲間や音楽との出会いを通して再生していく姿がつづられる。

あらすじ動画

心が叫びたがってるんだ。の主な出演者

成瀬順(水瀬いのり)、坂上拓実(内山昂輝)、仁藤菜月(雨宮天)、田崎大樹(細谷佳正)、三嶋樹(村田太志)、岩木寿則(古川慎)、相沢基紀(大山鎬則)、江田明日香(石上静香)、宇野陽子(高橋李依)、城嶋一基(藤原啓治)、成瀬泉(吉田羊)、坂上八十八(津田英三)、坂上シン(宮沢キヨコ)、順の父(野島裕史)、山路一春(河西健吾)、玉子の妖精(内山昂輝)

心が叫びたがってるんだ。のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①幼少期の体験がもとでおしゃべりすると腹痛を起こす順は、クラスでも話をせず過ごしていた。ふれ交の委員になった順は、歌うと腹痛が起きないと知り、ミュージカル上演を提案する。 ②クラス委員の拓実、菜月、大樹らと紆余曲折の後にミュージカルを成功させた順は、トラウマを乗り越えた。

【起】– 心が叫びたがってるんだ。のあらすじ1

心が叫びたがってるんだ。のシーン1

画像引用元:YouTube / 心が叫びたがってるんだ。トレーラー映像

埼玉県秩父市。

成瀬順は、ごくありふれた小学生の少女でした。

順は、住んでいる町の山の上にあるお城を見て、ずっと憧れていました。

それは本当はラブホテルなのですが、そんなことを知らない順は、おとぎ話に出てくるお城と重ねて見ており、「いつか私もあのお城へ行ってみたい」と思っていました。

ある日、順が憧れの目で城を見ていると、建物の中から車が出てきます。

車を運転していたのは、順の父親でした。助手席には知らない女性を乗せていました。

嬉しくなった順は帰宅すると、母親にそのことを話します。

父が王子様だと思ったから話題にしたのですが、母はそれを聞くと顔がこわばり、誰にもしゃべってはダメだと言いました。

後日、順の両親は離婚します。

家には母と順が残り、出て行く父は去り際に、順に「お前は本当におしゃべりだな。全部お前のせいじゃないか」という言葉をかけました。

その言葉に、順は大いにショックを受けます。

おとぎ話好きな順は、玉子の妖精という存在も信じていました。

玉子の妖精は順に、このあとも順のおしゃべりが災いして、悪いことが起きると予言します。

それを避けるためには、おしゃべりを封印するのがいいと言い、玉子の妖精は順の口のチャックを閉じました。

以後、順は「話をすると腹痛が起きる」ようになります…。

…何年か後。

高校2年生の成瀬順は、内気な少女です。友だちもほとんどいません。

母は離婚後、保険のセールスをして暮らしていました。順は忙しい母の代わりに家事をしていますが、話ができないので家に訪問者があっても居留守を使っています。

「話すと腹痛を起こす」順は、相手に伝えたいことがあるときには、メモに文字を書いて渡すか、携帯のメール機能に打ち込んで見せるか、でした。

普段話をしないので、同級生にも「話ができない」と思われています。

順たちの住む町では、1年に1度「地域ふれあい交流会」という催し物があります。

ある日、担任教師の城嶋一基先生が、地域ふれあい交流会、通称:ふれ交(こう)の委員を坂上拓実、仁藤菜月、田島大樹、そして順の4人に決めてしまいます。

順はクラスでも打ち解けない孤独な少女で、菜月はクラスでもまとめ役の優等生です。

拓実は人気者の立ち位置で、大樹は野球部の元エースですが、右ひじを痛めてギプスをしており、ただいまやさぐれています。

指名された4人はみんな、戸惑いました。順は話せないのに無理に反対しようとしてお腹が痛くなり、トイレに駆け込みました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「心が叫びたがってるんだ。」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×