「心が叫びたがってるんだ。」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アニメ映画

【承】– 心が叫びたがってるんだ。のあらすじ2

心が叫びたがってるんだ。のシーン2

画像引用元:YouTube / 心が叫びたがってるんだ。トレーラー映像

放課後、改めて城嶋先生に断ろうと思い、順はメモを持って先生の部屋を訪れた順は、先に部屋へ行っていた拓実の歌を聞きました。

城嶋先生は音楽の先生で、音楽準備室へ行った拓実は、見つけたアコーディオンで即興の歌を歌ったのです。

「玉子に捧げよう ビューティフルワード 言葉を捧げよう」

拓実は映画『80日間世界一周旅行』のテーマ『アラウンド・ザ・ワールド』の曲で歌いました。

それを聞いた順は、拓実に心の中を見られたと思い、動転します。

城嶋先生は拓実の歌を聞いて、ミュージカルを出し物としてすればいいと考えました。

翌日、クラスのみんなにミュージカルを勧めます。

ふれ交の委員は辞退できないまま、話が進みます。

翌日、順は拓実に「私の心を覗き見した」と指摘しました。

拓実はその日の登校時に、万松山大慈寺の、玉子の願掛けを見たから即興で玉子の歌を歌ったのですが、順は自分の心を読まれたと思っています。

順は拓実に、小学時代にあったことをメールで教えました。拓実は誤解を解きます。

拓実が順に、「歌ならば呪いとは関係ないのではないか」と言いました。

その日、家で順がひとりで歌ってみると、お腹が痛くなりませんでした。会話ではなく歌だと、話せることに順は気づきます。

クラスで話し合いが持たれた際に、話せない順にミュージカルは無理だと大樹が言いました。

発言がもとでクラスで口論が生じ、それを止めようとして順が歌います。

クラスのみんなは、順が歌えると知り、おどろきました。

我に返った順は恥ずかしさでトイレに走り、拓実にメールを送ります。

その夜、順は自治会費を集める近所の人の訪問を受け、応対しました。

帰宅した母に見とがめられ、しゃべれないことに嫌味を言われた順は、衝動的に家を飛び出します。

バスに飛び乗った順は、自分の境遇をおとぎ話に置き換え、それを拓実にメールで送ります。

拓実の家へ行くと、その話を歌にしてくれということ、ミュージカルをしたいことを順は告げます。

翌日の放課後、拓実、順、菜月、大樹の4人はファミレスへ行き、話し合いをしました。

拓実は順の提案を代わりに発言し、順の作ったストーリーをミュージカルにして発表する案を話します。

同じファミレスに、大樹の野球部の後輩がやってきました。

大樹は後輩と喧嘩になり、それを止めようと発言をしたことで、順が倒れます。

迎えに来た順の母の嘆きを聞いて、菜月や大樹も、順の提案を後押ししようと考えました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「心が叫びたがってるんだ。」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×