映画:怪盗グルーのミニオン危機一発

「怪盗グルーのミニオン危機一発」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(5件)

怪盗グルーのミニオン危機一発の紹介:2013年公開のアメリカ・アニメ映画。2010年の『怪盗グルーの月泥棒 3D』の続編である。三姉妹を引き取り、よき父親になろうとしていた怪盗グルーが、再びトラブルに巻き込まれていく姿をコミカルに描く。

あらすじ動画

怪盗グルーのミニオン危機一発の主な出演者

グルー(スティーヴ・カレル)、ルーシー・ワイルド(クリステン・ウィグ)、エドアルド・ペレス〔怪盗エル・マッチョ〕(ベンジャミン・ブラット)、アグネス(エルシー・フィッシャー)、マーゴ(ミランダ・コスグローヴ)、イディス(デイナ・ゲイアー)、ネファリオ博士(ラッセル・ブランド)

怪盗グルーのミニオン危機一発のネタバレあらすじ

【起】– 怪盗グルーのミニオン危機一発のあらすじ1

スキンヘッドの中年・グルーは、かつては世界的な大悪党になるのが夢でした。初老の発明家・ネファリオ博士と、謎の黄色くて細長い、目のついた数百のミニオンたちがグルーの仲間で、母もいます。

グルーは孤児の三姉妹…眼鏡をかけたしっかり者の長女・マーゴ、ピンクのニット帽をかぶった好奇心旺盛な次女・イディス、髪の毛を結んだユニコーンのぬいぐるみを持つ三女・アグネス…を引き取りました(『怪盗グルーの月泥棒』参照)。

グルーは今ではすっかり悪党家業から足を洗い、よき父として振る舞うよう心がけています。

北極圏にある極秘研究所が巨大磁石でまるごと盗まれる事件が起き、AVL(反悪党同盟)はグルーに協力を仰ぎます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「怪盗グルーのミニオン危機一発」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ