映画:手をなくした少女

「手をなくした少女」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

手をなくした少女の紹介:2016年制作のフランス映画。グリム童話に収録されている「手なしむすめ」を基にしている。監督はフランスの新鋭セバスチャン・ローデンバックで、「クリプトキノグラフィー」という独特の表現手法を用いて、彼が一人で完成させた。日本公開は2018年。

あらすじ動画

手をなくした少女の主な出演者

少女(アナイス・ドゥムースティエ)、王子(ジェレミー・エルカイム)、悪魔(フィリップ・ローデンバック)、庭師(サッシャ・ブルド)、父(オリビエ・ブロシュ)、母(フランソワーズ・ルブラン)

手をなくした少女のネタバレあらすじ

【起】– 手をなくした少女のあらすじ1

手をなくした少女のシーン1

画像引用元:YouTube / 手をなくした少女トレーラー映像

あるところに、父・母・娘からなる粉ひき屋の家族がいました。

彼らは水車小屋で暮らしていましたが生活は貧しく、川の水も枯れ果て、日々の食料にも困る日々が続いていました。

そんなある日のことです。

薪拾いに森へ出かけた父が、腹を鳴らして辺りを見渡すと豚がいました。彼は豚を斧で仕留めて食べようとしますが、それを年老いた男が止めます。

男の正体は悪魔で、水車小屋の裏にあるものと引き換えに黄金を与えようとささやきます。てっきり小屋の裏に生えているリンゴの木のことだと思った父は、その申し出を引き受けました。

すると悪魔は瓶を差し出して、中の液体を飲めば金持ちになれると言います。父が液体を飲み終えると悪魔は姿を消して、周囲の様子が一変します。

今まで干からびていた川に猛烈な勢いで黄金が流れ込んできたのです。娘(以降、少女と表記)は喜んで父へ報告に行きますが、母は「光り輝く黄金が汚く見える」とつぶやくのでした。

その夜、悪魔が欲しているのはリンゴの木ではなく、そのとき木に登っていた少女のことだと、母は父に伝えました。

それは少女の耳にも入ってしまいます。

家族は黄金を元手に大金持ちとなり、水車小屋の隣に黄金でできた城を建てました。

父は少女のために豪華絢爛な部屋を作りますが、彼女は「この木と運命を共にする」と言って、リンゴの木から離れようとしませんでした。

その夜、悪魔の使いである豚が視察にやってきました。

翌日、少女が川で水浴びをしていると、ふくよかな婦人に姿を変えた悪魔が、約束を果たさせるために現れます。

しかし、少女は体を清めていたため、悪魔は近寄ることができませんでした。悪魔は黄金を失いたくなければ少女に水を使わせないようにと父に言い残して、去って行きました。

悪魔に二者択一を迫られた父は、水で身を清めていた少女を連れ出します。

そしてリンゴの木の上に追いやり、降りてこられないように獰猛な野犬と豚を放って放置しました。

父は「悪魔は娘を大事にしてくれるはずだ」などと言って現実から逃げますが、母は反対します。貧乏からはいずれ抜け出せるので、悪魔に黄金を返すよう説得しますが、父は聞く耳を持ちませんでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「手をなくした少女」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×