映画:打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年)

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年)」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の紹介:2017年8月の公開作。岩井俊二監督の1995年の同名原作を、脚本を大根仁、総監督を新房昭之が担当しアニメ化。原作にはない新たなストーリーが追加された。中学生の典道は、転校が決まった片思い中のなずなを助けられなかった。典道が「もしもあの時俺が…」と強く願うと、時間が巻き戻り始めて…。

あらすじ動画

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年)の主な出演者

なずな(広瀬すず)、典道(菅田将暉)、祐介(宮野真守)、純一(浅沼晋太郎)、和弘(豊永利行)、稔(梶裕貴)、三浦先生(花澤香菜)、なずなの母(松たか子)

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年)のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①転校するなずなは祐介と典道をプールの競走に誘い、勝った祐介を花火大会に誘うが、裕介はおじけづいて逃げた。自分が誘われたかったと、なずなが海で拾った玉を握って強く願った典道は、時間が巻き戻ったことに気づく。 ②強く念じて玉を握ると時間が巻き戻る。典道は失敗ごとにやり直すが、ちがう世界へ行く。なずなは転校を言わないまま去った。

【起】– 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年)のあらすじ1

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年)のシーン1

画像引用元:YouTube / 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年)トレーラー映像

「もし、あの時、俺が…」

のどかな海沿いの町・茂下(もしも)町。

中学1年生の男子生徒・島田典道は、同じクラスの及川なずなに密かに恋心を寄せています。

あか抜けた雰囲気のなずなは、クラスのアイドル的な存在でした。

典道と仲の良い安曇祐介も彼女のことが好きで、典道は自分の気持ちをひた隠しにしていました。

8月1日。

その日は夏休み中の登校日で、町の神社の夏祭りでもありました。

夏祭りでは、打ち上げ花火もあがります。

及川なずなは、浮かない顔をしていました。

母親が再婚することになり、なずなは夏休みのうちに、引っ越すことになったのです。

なずなは母がその旨をしたためた手紙を担任の三浦先生に渡しました。

しかし、他の誰かに伝えることはありませんでした。

放課後。

プール掃除担当の典道と祐介がこっそり泳いで遊ぼうとすると、プールになずながポツンと1人でいました。

典道がどうしてここにいるのか尋ねても、なずなははぐらかします。

男子2人が50m競争しようとすると、なずなもレースに加わりました。

なずなは、「私が勝ったら何でも言うこと聞いて」と賭けを無理強いします。

なずなの隣のレーンで泳いだ典道は、ターンの際に彼女と目が合ったため緊張し、足を壁にぶつけて遅れてしまいました。

結局、水泳部のなずなが大差をつけて圧勝し、彼女は次点だった祐介に「花火大会に2人で行こう。5時に迎えに行く」と一方的に伝え、去って行きます。

遅れてゴールした典道は、放心状態の祐介の理由など、皆目見当もつきません。

典道と祐介が教室へ戻ると、仲間の純一、和弘、稔が打ち上げ花火は横から見たら丸いのか、平べったいのかと熱く議論していました。

一同は検証のために、花火が横から見えるはずの、茂下(もしも)灯台まで行くことにします。

祐介はなずなとの約束があるにも関わらず、自分も行くと言い出しました。

典道が一旦帰宅すると、鍵が開いていた裏口から、祐介が勝手に上がり込んでいました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年)」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×