「映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめての紹介:2019年製作の日本アニメーション映画。「プリキュア」シリーズの劇場版第27作で、宇宙を舞台にプリキュアたちが活躍するテレビシリーズ「スター☆トゥインクルプリキュア」の初単独映画。突然現れた不思議な生き物“ユーマ”をハンターの手から守るため、プリキュアたちが立ち上がる。監督は2007年から「プリキュア」シリーズを手掛ける田中裕太。ゲスト声優として同シリーズに初参加する知念里奈が、主題歌も担当する。

あらすじ動画

映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめての主な出演者

星奈ひかる / キュアスター(成瀬瑛美)、羽衣ララ / キュアミルキー(小原好美)、天宮えれな / キュアソレイユ(安野希世乃)、香久矢まどか / キュアセレーネ(小松未可子)、キュアコスモ / マオ / ブルーキャット / ユニ(上坂すみれ)、フワ(木野日菜)、プルンス(吉野裕行)、メリー・アン(知念里奈)、バーン(咲野俊介)、ダイブ(片桐仁)、ジャイロIII(濱津隆之)、ハイドロ(石川由依)、チョップ(駒木根隆介)、上田剛彦(上田剛彦・本人役)

映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめてのネタバレあらすじ

【起】– 映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめてのあらすじ1

映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめてのシーン1

画像引用元:YouTube / 映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめてトレーラー映像

星奈ひかるは観星町に住む中学2年の女子です。宇宙と星座が大好きで、よく星空を観察します。あるときひかるが夜空を観察していると現れたフワという生き物によって、突如宇宙空間へワープしました。そこに宇宙の支配を企む謎の組織が現れ、ひかるはプリキュアに覚醒して戦います。宇宙人の少女・羽衣ララとも知り合いました。さらに天宮えれな、香久矢まどかもプリキュアに加わります。ひかるはキュアスター、ララはキュアミルキー、えれなはキュアソレイユ、まどかはキュアセレーネに変身します。さらに宇宙人の少女・ユニもキュアコスモに変身して戦います…。

ミラクルライトの使い方について説明がなされます。プリキュアがピンチのときに、振って応援してほしいとひかるが観客に頼みます。「ミラクルライトを投げないでね」「ミラクルライトの光をのぞきこまないでね」の注意があります。

ひかるたち5人のプリキュアは、宇宙空間でテンジョウが差し向けた手下たち、複数のノットレイと戦います。

同じ頃、別の銀河系にある寿命を迎えた星が爆発をしていました。その星からはたくさんの星の種が飛び出して、流星群となってあちこちに散らばります。プリキュアとノットレイの戦いの途中に、この流星群が降り注ぎました。星の種のひとつがキュアミルキーの髪の毛に付着しますが、小さいので気づかれませんでした。

プリキュアとノットレイの戦いに、星空警察の刑事メリー・アンも参戦します。アンはユニを捕まえるためにやってきたのですが、ノットレイ撃退に加わりました。ノットレイは退散します。

戦い終わったプリキュアはひと息つく間もなく、アンがユニを捕まえようとします。ユニは嫌がってロケットに乗って逃げ、アンも追いかけました。その際に、アンが持っていたミラクルライトが落ちました。キュアスターがそれを拾います。

ユニがロケットに乗って逃げてしまったため、キュアミルキーが寝る場所がなくなりました。ミルキーことララは、ひかるの家に泊めてもらいます。

宇宙には、宇宙ハンターという星空警察ですら手を焼くおたずね者が何人もいます。先に爆発して飛び散ったスタードロップ(星の種)は、将来的に惑星になるすごく価値のあるものです。

宇宙ハンターのバーン、ハイドロ、ダイブ、ジャイロⅢ、チョップたち5人は、スタードロップを狙います。それを手に入れてオークションにかければ、大金が手に入るのです。彼ら5人は競うようにして、スタードロップを探します。

翌朝。

ロケットがないのでララはひかるの家に泊まりましたが、2人とも朝寝坊をしてしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×