「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)episode4重力の井戸の底で」のネタバレあらすじと結末の感想

アニメ映画

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)/episode 4 重力の井戸の底で:2011年に劇場公開されたアニメーション作品。テレビアニメ『機動戦士ガンダム』と同じ宇宙世紀を舞台に、「亡国のイージス」などで知られる作家・福井晴敏が「ガンダムエース」誌にて連載した同名小説を原作としている。監督は、テレビアニメ『るろうに剣心』などの古橋一浩。舞台を地上に移し、ジオン残党軍と地球連邦軍との死闘の中で、殺戮をやめさせようと奮闘するバナージとユニコーンガンダムを描くエピソードで、歴代ガンダムシリーズのモビルスーツが大量に登場し、古参ファンに好評をもって迎えられた。

予告動画

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)episode4重力の井戸の底での主な出演者

バナージ・リンクス(内山昂輝)、オードリー・バーン/ミネバ・ラオ・ザビ(藤村歩)、フル・フロンタル(池田秀一)、スベロア・ジンネマン(手塚秀彰)、マリーダ・クルス(甲斐田裕子)、リディ・マーセナス(浪川大輔)、アルベルト・ビスト(高木渉)、ロニ・ガーベイ(伊瀬茉莉也)、ヨンム・カークス(石塚運昇)、マーサ・ビスト・カーバイン(塩田朋子)、ブライト・ノア(成田剣)

機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)episode4重力の井戸の底でのネタバレあらすじ

【起】- 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)episode4重力の井戸の底でのあらすじ1

病床のサイアム・ビストは夢を見ていました。かつての一年戦争で行われた凄惨な殺戮劇、コロニー落としの夢を。そして自分の孫であるカーディアス・ビストが地球に落ちていく幻想を。
目覚めたサイアムは、地球連邦の首都ダカールからのニュース映像を目撃します。そこではジオン残党軍のモビルスーツが連邦軍を相手に大暴れする姿が映し出されていました。彼らは地球に侵入したガランシェール隊から、連邦軍の目を逸らすために戦いを始めたのです。
その中には巨大モビルアーマー「シャンブロ」を駆る女性パイロット、ロニ・ガーベイの姿もありました。彼女は両親を殺した地球連邦に激しい怨みを持っていました。
一方、サイアム・ビストは側近のガエル・チャンからひ孫であるバナージがユニコーンのパイロットとなったことを知らされます。
その頃、地球ではローナン・マーセナス議長が、息子であるリディに対し、「ラプラスの箱」のことを話そうとしていました。それはマーセナス家が代々守ってきた重大な秘密なのです。
そのことを知ったリディはオードリーことミネバの部屋を訪れ、自分が聞かされた秘密の重大さに圧倒されたことを語ります。彼はオードリーに何もしてやれないことを謝り、自分が守ることと引き替えにこの家の一員になってくれと頼みます。当然、オードリーは拒否しました。しかし、彼女の身柄はマーセナス議長によってマーサ・ビスト・カーバインに引き渡されることが決まっていたのです。

【承】- 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)episode4重力の井戸の底でのあらすじ2

強化人間の研究施設に連行されたマリーダは、マーサにかつて自分たちが乗って戦ったモビルスーツを見せられ、トラウマを呼び起こされていました。しかし、マリーダに命を助けられたアルベルトは、彼女に好意を抱くようになっていました。
一方、地球連邦軍ロンド・ベル隊の司令官ブライト・ノアはマーセナス議長の邸宅へと呼びつけられ、「箱」の鍵を乗せたガランシェールを追跡するよう依頼されます。軍の命令系統を飛び越えた議長の依頼にブライトは憮然としました。その最中、マーセナス議長はオードリーが屋敷を抜け出したことを知らされます。
その頃、ガランシェールはアフリカの砂漠に不時着していました。機体が横倒しになったことで搭載モビルスーツを出すことも出来ず、彼らは往生していました。大気圏突入寸前にユニコーンガンダムを回収し、ラプラス・プログラムの次の座標は判明したものの、バナージは再び人を殺してしまったことで落ち込んでいました。船長のジンネマンは、歩いて砂漠を出ることを決意します。
一方、マーセナス邸を出たオードリーは、荒野の中に佇むダイナーで食事をしていました。そこの老主人との会話で、人の行いはすべて善意から行われたものだと言われたオードリーは自分のなすべきことを思い出し、試練に立ち向かう覚悟を決めます。そこにマーサの寄越した追っ手が到着し、オードリーは彼らとともに向かうのでした。
その頃、バナージはジンネマンに連れられ、砂漠を歩いていました。自分のしたことを悔やみ続けるバナージですが、無言で歩くジンネマンの姿に、彼の部下から聞かされたことを思い出します。ジンネマンは妻と幼い娘をジオンの敗戦後、連邦軍の兵士達によって殺されたという過去があったのです。それ以来、彼らは理想を失い、終わらない戦いを続けるしかなかったのでした。
その夜、ジンネマンとともに野営していたバナージは、連邦とジオンの戦いの歴史について語り、感極まって涙を流します。ジンネマンはそんな彼を、誰かを思って泣く涙はみっともなくないと慰めました。

【転】- 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)episode4重力の井戸の底でのあらすじ3

無事、地球のジオン残党軍と接触しガランシェールの回収に成功したジンネマンは、一緒に砂漠を越えて共感したバナージをガランシェール隊に迎え入れます。バナージは「箱」をよりよく使うためにも、次の座標に向かうことを決意しました。
その座標は連邦軍基地であり、かつての一年戦争でコロニーが落とされた地「トリントン」でした。カーディアスは、戦争の歴史を見せようというつもりなのでしょうか。その報告を受けたフロンタルは、ロニと彼女の上官であるカークスに対して改めて協力を要請します。ロニは復讐の機会を与えられたことを喜ぶのでした。
ガランシェールを訪れていたロニは、帰還する途中にバナージとすれ違いました。彼女はバナージがユニコーンのパイロットだと知ると、「期待しているわ」と一言だけ言って立ち去るのでした。
ガランシェール隊からの協力要請を受け、地球の各地に潜伏していたジオンの残党たちが、次々と隠蔽していたモビルスーツを出撃させていきます。
その戦端はまず海で開かれました。シャンブロとともにジオン残党の水陸両用モビルスーツが連邦軍の潜水艦を撃沈します。
一方、ブライトを艦長とする戦艦「ラー・カイラム」に、リディが着任しました。マーセナス議長がブライトを私兵として使うかわりに、自分の息子を預けたのです。しかしブライトは、あくまでもリディを一介のパイロットとして扱うと告げました。
その時、ジオン残党軍のトリントン基地への攻撃が始まりました。海岸の基地がシャンブロと水陸両用MSによって破壊される一方、内陸の基地も上空から降下してきたMS部隊によって、次々と蹂躙されていきます。
上陸したシャンブロは基地の近くにある街へと向かい、一方的な破壊をはじめました。それはシャンブロに搭載された人の精神によるコントロールシステム「サイコ・フレーム」が、逆にロニの怨念を暴走させたことが原因でした。
上空のガランシェールから見ていたバナージは、これ以上の殺戮をやめさせるため、ユニコーンガンダムを出撃させようとします。しかしジンネマンは、敵の抵抗を排除するまで待てと命じ、敵地を制圧するということはこういうことだと告げました。そして自分がされた怨みを晴らしたいともつけ加えます。バナージとそんなものはただの怨念返しだと言って、ジンネマンと殴り合いになります。ガランシェール隊の部下たちは、ジンネマンがバナージに叩きのめされる姿を見ても手を出しませんでした。

【結】- 機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)episode4重力の井戸の底でのあらすじ4

地上の戦いでは連邦軍の反撃が開始され、ジオンのMS部隊が次々と破壊されはじめていました。
ブライトが発進させたロンドベルのMS部隊「トライスター」とリディも到着し、ジオン残党軍への攻撃を開始します。
しかしシャンブロは市街地で殺戮を続けています。バナージはユニコーンを発進させようとしました。ジンネマンはもう彼を止めようとしません。
発進したバナージは、ユニコーンをシャンブロの前に立ちふさがらせてロニを止めようとしました。彼女は聞く耳を持たず、あくまでユニコーンを攻撃しようとします。そこに駆けつけてきたリディがユニコーンを援護しました。
リディは相手に言葉が通用しないと言いましたが、バナージはシャンブロの前でユニコーンのコクピットを開いて、生身の姿をさらします。その姿を見たロニは、シャンブロを停め、自分もコクピットを開こうとしました。
その時、ロニの親代わりだったカークスが倒されました。再びロニは怒りに襲われ、シャンブロを起動させます。その様子を見ていたリディは現実の厳しさを噛みしめました。
一方、バナージはロニを止めるためにもユニコーンを変形させ、ガンダムの真の姿を現しました。
ユニコーンガンダムがシャンブロの攻撃を受けとめるうち、やがてバナージとロニの心が触れ合います。しかしその寸前、シャンブロのサイコ・フレームがバナージの意思を排除し、再びロニを憎しみの心で飲みこみました。
リディは自分の機体にバナージを乗せ、合体攻撃による一転突破でシャンブロを撃破しようとします。憎しみに支配されていたロニでしたが、カークスの魂が現れて彼女を解放しました。
ロニが正気を取り戻したことに気づいたバナージは攻撃を思いとどまりましたが、リディはユニコーンガンダムの武器を奪い取ってシャンブロを攻撃します。ロニはシャンブロの攻撃を寸前で止めましたが、リディの攻撃によってシャンブロのコクピットごと焼き尽くされてしまいました。
その姿を見たジンネマンは、この空域からの離脱を部下に命じます。
破壊されたシャンブロを前に呆然としていたバナージに対し、リディは投降を命じます。リディはバナージに対して憤りを感じ始めていました。
その時、上空から一機のモビルスーツが彼らのもとに降下してきます。それは黒いユニコーンガンダム「バンシィ」でした。

みんなの感想

ライターの感想

この辺から原作との相違点が増えて来ましたが、MS戦といい人間ドラマといい、見せ場てんこ盛りでシリーズ随一の人気エピソードといっても過言ではないかと。
バナージとジンネマンの二人旅や、オードリーとダイナーの老主人との会話など原作のポイントをきっちり映像化してくれたのは嬉しいんですが、バナージとロニの触れ合い部分が大幅に削減されたのは残念なところ。おかげでラストの二人の精神的交感にかなり唐突感が出てしまいました。まぁオリジナルのガンダムからして、アムロとララァとかニュータイプの魂の触れ合いってのはあんなもんだったとも言えますが。

映画の感想を投稿する

映画「機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)episode4重力の井戸の底で」の商品はこちら