「泣きたい私は猫をかぶる」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

2020年6月18日にNETFLIXにて全世界配信された日本のアニメーション映画。監督は佐藤順一・柴山智隆。主演に女優の志田未来。共演に「鬼滅の刃」や「東京喰種」などの花江夏樹。 両親が離婚し、父親と「薫さん」と猫のきなこがいる家に生んでいる美代(通称:ムゲ)。クラスメイトの日之出に好意を寄せているが、破天荒な行動でいつも相手にされていない。そんな美代が日之出を好きになったきっかけは、夏祭りに手に入れた猫のお面で猫になって出会った日之出の素顔に触れたことだった。人間だと日之出に相手にされないが、猫だと相手にしてもらえる。さらに実の母親や、「薫さん」のことなど何もかも嫌になった美代は猫のまま朝を迎えてしまう。すると人間の仮面が剥がれ落ちてしまう。美代は人間に戻れるのか、日之出に思いは通じるのか、猫になった美代が気づかされることとは・・。

あらすじ動画

泣きたい私は猫をかぶるの主な出演者

笹木美代(通称:ムゲ)(志田未来)、日之出賢人( 花江夏樹)、深瀬頼子(寿美菜子)、伊佐美正道(小野賢章)、坂内翔太(駒田航)、新堀歩(永野由祐)、笹木洋治(千葉進歩)、水谷薫(川澄綾子)、斎藤美紀(大原さやか)、日之出賢三(清川元夢)、日之出幸子(篠原恵美)、日之出優美(北川里奈)、坂口智也(浪川大輔)、楠木先生(小木博明)、猫店主( 山寺宏一)、きなこ(喜多村英梨)他。

泣きたい私は猫をかぶるのネタバレあらすじ

【起】– 泣きたい私は猫をかぶるのあらすじ1

泣きたい私は猫をかぶるのシーン1

画像引用元:YouTube / 泣きたい私は猫をかぶるトレーラー映像

-私はあなたの力になりたい。好きって言われたい-

小さい頃の美代。不思議な色とりどりの猫がいるところに迷い込んでしまっている。猫店主に声を掛けられたところで目覚める。

夏祭りに来ている美代。母親から別れた父親のことについて探りを入れられるがわからないと言ってその場を駆け出す。世界に絶望しながら参道を歩いていくと猫のお面を売っている猫店主がいる。キセルをふかしながらつけてみるか?と聞いてくる。

朝、登校時親友の頼子と登校していると、好意を抱いている日之出賢人の姿を見つける。すると周りの人が全てカカシに見えてしまう美代は日之出サンライズアタックを仕掛けて絡んでいくが、日之出の態度はつれない。

美代は教室では「無限大謎人間」を短縮して「ムゲ」と呼ばれている。日之出は変わらずつれない態度だが、美代の様子をちらっと見ている。

木陰でアイスを食べながら何故日之出がいいのかを美代に尋ねる頼子。美代の話は現実ではあり得ないような話。こっちに戻ってこい〜と戯れ合う二人。最後の一口のアイスが道路に落ちる。そこへ大きな猫が通りかかり止まる美代。猫嫌いだっけ?と聞く頼子に時と場合と猫によると。

頼子と別れて歩き出すと近所のおばさんに腕を掴まれ、ちゃんと食べさせてもらっているか?あの女の人ずっといるんでしょう?と余計な心配をしてくる。するとそこへ馨が帰ってきて美代に声を掛けてくる。噂好きのおばさんから解放され家に入っていく二人。家の中からは猫のきなこがその様子を見ている。

馨には全く他人行儀を崩さない美代。私は勝手にするんだから〜とベッドのマットの下から猫の仮面を取り出す。

日之出は家に帰り母親から口うるさく言われている。適当にあしらい部屋に戻って「タロウ」と呼びながら外へ出る。まだ来ていないのかと辺りを見回すと猫の鳴き声が聞こえる。見上げる上から白い毛の青い目をした猫が顔に向かって飛んで来る。猫を受け止めて坂を転がっていく。猫は美代の声で堪らないと呟いている。

祖父の陶芸の工房へ来ている日之出。どうやら以前飼っていたタロウという犬に重ね合わせて可愛がっている様子。時計が鳴り出て行くタロウ。街中を歩いて行き、屋根の上で大きくジャンプをする。するとお面を被った美代に変わる。お面が落ちそうになり慌てて拾う美代。先程の日之出とのひとときを、思い出してジタバタしているとまたお面が落ちてしまう。慌てて追いかけて拾うと屋根から落ちてしまい、地面に叩きつけられる前にお面を被り猫になって事なきを得る。

回想ー祭りの夜1人で歩いていると鳴き声が聞こえ物陰を覗き込むと変な姿勢で座っている猫がいる。後ろで花火が上がり賢人を見つめる猫の青い目には花火が映っている。それが日之出とタロウ(美代)の出会い。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「泣きたい私は猫をかぶる」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×