映画:海がきこえる

「海がきこえる」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

海がきこえるの紹介:氷室冴子の小説を原作に、1993年にスタジオジブリが制作したアニメーション映画。及び、1995年にテレビ朝日系列で放映されたテレビドラマ。1992年当時、「紅の豚」を制作し終えた宮崎駿が次回作を見出せずにいた為、当時のジブリ在籍の若いスタッフ達によって制作された作品である。高知市を主な舞台としており、現実に存在する場所も多数描かれていることで話題に。高知市の高校に通う杜崎拓と、その親友松野豊、そして東京から転入してきた武藤里伽子、三人の人間模様を描く青春ストーリー。

あらすじ動画

海がきこえるの主な出演者

飛田展男(杜崎拓)、坂本洋子(武藤里伽子)、 関俊彦(松野豊)、荒木香恵(小浜裕実)、有本欽隆(里伽子の父)、金丸淳一(岡田)

海がきこえるのネタバレあらすじ

【起】– 海がきこえるのあらすじ1

海がきこえるのシーン1

画像引用元:YouTube / 海がきこえるトレーラー映像

東京。大学に行くためホームで電車を待つ杜崎拓が目撃したのは、知っている人に似た女性。

その女性とは高校の頃同級生であった武藤里伽子です。

高知の高校出身の杜崎は、地元で開かれる同窓会の為、飛行機で東京から高知へ向かいます。

その道中、高校時代の思い出を振り返る杜崎。

高校二年生の夏休み。

急に親友の松野豊に呼び出された杜崎は、バイトを急遽早退して高校に向うと、松野はひとり教室の窓から職員室を眺めています。

その視線の先にいるのは、東京から編入してきた里伽子です。

クラス委員である松野は、担任から里伽子の学校案内を任され、ちょうど今終わったところだと言います。

松野とは一度も同じクラスにならなかったにも関わらず、杜崎は松野を親友だと感じていました。

きっかけは中等部時代、進学率の低下を憂いた学校側がその年の就学旅行を急遽中止にしたことでした。

その時抗議をしたのが杜崎と松野だったのです。

それがきっかけで杜崎は松野を尊敬するようになり、以来二人は友達になったのです。

校門で出会った里伽子と簡単な挨拶をしてから見送った帰り道、松野は里伽子のことが気になるようで、ずっと彼女の話をします。

ピンと来た杜崎。

しかし心の中で杜崎は、やめておけ、女なんかにお前の良さは分からないと密かに思います。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「海がきこえる」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×