映画:海賊の行く手

「海賊の行く手」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

海賊の行く手の紹介:2015年に製作されたカナダ映画で、名脇役と知られるドナルド・サザーランドや、キャリー=アン・モスらが声優を務めた作品。経営する宿を奪われそうになった親子の前に、ある老海賊が現れて起こるドラマを描いている。

あらすじ動画

海賊の行く手の主な出演者

チャールズ・ジョンソン船長(ドナルド・サザーランド)、ジム(ゲージ・マンロー)、シェルスティン(キャリー=アン・モス)、メグ(ミーガン・フォローズ)、ロイ・ミーナー(キム・コーツ)

海賊の行く手のネタバレあらすじ

【起】- 海賊の行く手のあらすじ1

1717年7月、7個の宝箱を強奪した海賊は、海軍に追われたくないことから、宝箱を洞窟に置いて、町の屋敷にいる船主に伝えます。
船主の元で働くジェームズの前に、町に戻ったジョンソン船長が現れます。
ジョンソン船長は、ジェームズに洞窟までの案内を頼んだ後、船主のような自らの利益のために他の人を苦しめる、非情な人間には裁きが必要だと言います。海底の魔物と対面させてやると言い放ち、ジョンソン船長は海賊を躊躇なく沈めます。
海賊の掟に従わなければ地獄に落ちると話すジョンソン船長は、何世紀も旅を続けるのが自分の使命だと言います。
好きな町であるグレイ・ロックスに戻るのは何百年も先の話しになるだろうと予言します。
1952年、あの船主の屋敷は、シェルスティンの宿となっていました。彼女はお金持ちのロイ・ミーナーに狙われていました。ロイはシェルスティンの宿を奪うだけでなく、町そのものを乗っ取る気でした。
シェルスティンにはジムという息子がいました。ジムは、ドイツ軍の攻撃で父のビルを亡くして7年になります。ジムの伯父のロビンは警官で、度々屋敷を訪ねに来てくれます。

【承】- 海賊の行く手のあらすじ2

ジムは学校の宿題で海賊の作文を書くことにします。そこへ船に乗ったジョンソン船長がやってきます。
ジョンソン船長は、ジムがジェームズと同じ目をしていることに驚きます。そして宿に泊まることにします。
入国管理局の審査が終わるまで、ジョンソン船長は荷物を船から出さないようにと指示されます。そしてジムの作文を手伝うことにします。
ジョンソン船長にとって資本家とは、海賊とやってることは同じでした。
そのことを話した後、ジョンソン船長は本物の海賊を見せてあげるため、ジムを過去に連れて行ってあげます。その間、2人は熟睡しており、体そのものは現代に残っていました。
ジョンソン船長のことが町で噂になっており、彼に会いに町の人々が宿に訪ねてきます。この町には、キャプテン・キッドの宝があるという伝説が残されていました。
朝方、目を覚ましたジョンソン船長は、窓から倉庫に停まっているボートを見かけます。
シェルスティンはロイに借金をしており、このままでは宿を取られる状態でした。それを聞いたジョンソン船長は、薪が高くて買えないとジムから聞いて、買ってあげることにします。
そして海賊の特技でもある、サプライザル(奇襲)について、本物の海賊を見せてあげながら教えてあげます。これで苛めてきているトッド、そして彼の父でもあるロイにも勝てと、ジョンソン船長はアドバイスします。

【転】- 海賊の行く手のあらすじ3

宿が繁盛していることから、ロイはクラウスに嫌がらせをさせることにします。気づいたジョンソン船長は、外に停めてある船のロープが解けたと言って、クラウスたちを手伝わせます。そして手が滑ったと言って、分からないようにロープを動かしたりします。
クラウスは海に落ちて凍えてしまいます。そして宿に戻って、クラウスたちが手伝ってくれたと町の人に教えてあげます。拍手をされるクラウスたちでしたが、着替えないといけないことから、帰ることにします。それらをジョンソン船長は上手く誘導していきました。
入国審査が終われば、ジョンソン船長は勘定を宿に支払えます。これで今来ている宿の請求の借金は返すことができるでしょう。
ロイにムカついたジムは、そのことを喋ってしまいます。ジョンソン船長は、何事も答える前に考えることの大切さを教えます。
なぜかロイは、カナダでは手に入らないアメリカから輸入した車を持っていました。そしてあの窓から見えた倉庫がロイのだと、ジョンソン船長はジムから聞きます。そう、ロイは密輸をしているのです。

【結】- 海賊の行く手のあらすじ4

入国審査当日、ジョンソン船長はすんなり通ることができて、宿に多めに支払いをします。喜ぶシェルスティンは、これで今月の借金が返せると喜びます。
しかし、管理官が戻ってきます。つまりジョンソン船長の支払いを返金させようと、ロイが手を回したのです。
既にそのことに気づいていたジョンソン船長は、シェルスティンらに管理官を引き止めておいてもらいます。
その間に、ジムはロイの車をパンクさせます。そしてロビンやジム、ジョンソン船長は、ロイの会社にいるシャーリーに倉庫の鍵を持ってきてもらいます。
確信を得たロビンは、管理官に話しをしに行きます。管理官は車のことをロイに聞きます。弁護士からは合法と聞いていたロイでしたが、管理官から違法だと言われて、倉庫の荷物を見せるよう指示されます。
倉庫の中を見た管理官は、輸入禁止製品を密輸したことでロイを逮捕します。さらにジョンソン船長は、ロイが恐喝罪にも問われるだろうと言います。残る問題は、宿を再建するための金だけとなります。
苛められていたジムでしたが、ジョンソン船長のアドバイスのおかげで、強く立ち向かうことができ、トッドから苛められなくなります。
そしてジムは11枚もの作文を書いて、Aプラスの評価をもらうことができます。
ジョンソン船長は宿の地下室へ行って、宝箱を探しますが、潮が満ちてきて溺れかけてしまいます。ジムが助けてくれますが、帽子だけが流されてしまいます。
1枚の金貨を見つけて、地上に戻ろうとしますが、ジョンソン船長は帽子を諦められないことから戻ることにします。すると宝箱が梯子まで流されて来ていました。
金貨いっぱいの宝箱を見たシェルスティンは気を失いそうになります。
ジョンソン船長が行ってしまうと不安に思うジムでしたが、宿の建て直しや船の修理、宿題の手伝いもあることから、まだ滞在すると言われて喜びます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は夢の詰まった作品であり、ジョンソン船長の言葉の数々が胸に響きます。海賊のいる時代にタイムスリップできる演出は見事でした。ジョンソン船長は、先を読むことや答える前に考えることなど、大切なことをジムに教えていきます。その姿が良き大人の見本のようで、見ていると自分も習っているような感覚になります。
場面を盛り上げる音楽も素晴らしく、温かくも味わい深い曲の数々に、目だけでなく耳の穴も開きっぱなしになります。
そしてジョンソン船長の心構えには憧れてしまいます。自分の利益のために他者を苦しめる者を許さない、その強い心に熱いものを感じることができます。
また、彼の戦い方にも凄みを感じることができます。ただ我武者羅に戦うのではなく、先を読みつつ相手の目を見て判断する力は、何人足りとも敵わないのだろうと思いました。その強さに熱く感動しました。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「海賊の行く手」の商品はこちら