映画:火垂るの墓

「火垂るの墓」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(3件)

アニメ映画

火垂るの墓の紹介:1988年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。野坂昭如の短編小説が原作で、作者の戦争原体験をもとに、ある兄妹が戦争によって悲劇的な境遇に陥る様を描いた作品である。海外での評価も高い。

火垂るの墓の主な出演者

清太(辰巳努)、節子(白石綾乃)、清太の母(志乃原良子)、未亡人(山口朱美)

火垂るの墓のネタバレあらすじ

【起】– 火垂るの墓のあらすじ1

海軍大尉の父を持つ清太は、14歳という幼い年齢ながら、長男として父の留守を守ろうとします。

家には心臓の悪い母と、まだ4歳の妹・節子がいました。

昭和20年6月5日、神戸の街に空襲警報が鳴り響きます先に心臓の悪い母を避難させ、節子をおぶって清太は逃げましたが、行く手を炎が襲いました。

やむなく迂回して海に出て難を逃れた清太と節子は、一面に焼けて別世界となった神戸の街に呆然とします。

母と落ち合うために小学校に行きますが、そこに待っていたのは全身に火傷を負い虫の息の母でした 母はこの世を去ります。

焼けて帰る家をなくした2人は親戚である叔母宅に身を寄せました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「火垂るの墓」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×