映画:犬ヶ島

「犬ヶ島」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

犬ヶ島の紹介:アメリカ・ドイツ合作のアニメーション映画。監督・脚本は「グランド・ブダペスト・ホテル」などで知られるウェス・アンダーソン。ベルリン国際映画祭にて銀熊賞を受賞した。日本公開は2018年。

あらすじ動画

犬ヶ島の主な出演者

小林アタリ(コーユー・ランキン)、スポッツ(リーヴ・シュレイバー)、チーフ(ブライアン・クランストン)、レックス(エドワード・ノートン)、キング(ボブ・バラバン)、ボス(ビル・マーレイ)、デューク(ジェフ・ゴールドブラム)、ナツメグ(スカーレット・ヨハンソン)、ジュピター(F・マーリー・エイブラハム)、オラクル(ティルダ・スウィントン)、小林市長(野村訓市)、メイジャー・ドウモ(高山明)、渡辺教授(伊藤晃)、科学者助手ヨーコ・オノ(オノ・ヨーコ)、トレイシー・ウォーカー(グレタ・ガーウィグ)、ヒロシ編集員(村上虹郎)、通訳ネルソン(フランシス・マクドーマンド)、ニュースキャスター(野田洋次郎)、筆頭執刀医(渡辺謙)、おばあちゃん(夏木マリ)

犬ヶ島のネタバレあらすじ

【起】– 犬ヶ島のあらすじ1

その昔、犬と犬が嫌いな小林一族との間で、戦争がありました。

形勢不利となった犬たちに同情した一人の少年侍は、戦に参加して、小林一族の長を殺害します。しかし、少年も亡き者にされ、その魂は祀られました。

結局小林一族に勝てなかった犬たちは、人間への服従を余儀なくされたのです。

時代は流れ、舞台は近未来の日本です。

架空の大都市・ウニ県メガ崎市では、「ドッグ病」という新型の犬インフルエンザが蔓延し、社会問題となっていました。

渡辺教授を代表とする研究チームは、治療薬の開発に心血を注ぎ、あと一歩で完成させられると主張します。

ところが、メガ崎市の市長である小林は、対策のため全ての犬をゴミの埋立地である「犬ヶ島」へ追放してしまうのです。

12歳の少年・小林アタリは、小林市長の甥で、孤児となった後彼の養子になりました。

犬ヶ島へ最初に送還されたのは、アタリの飼っていた愛犬スポッツでした。小林市長は賛成派の団結を図るために、自身の右腕であるメイジャー・ドウモを呼びつけて、真っ先にスポッツを島へ追放してしまったのです。

半年後、家を飛び出したアタリは、飛行機を盗みます。そして、スポッツを探すために、たった一人で飛行機を操縦し、犬ヶ島へ乗り込むのでした。

犬たちは空中ケーブルで犬ヶ島に送られて、放置されていました、

半年が経過し、怒りや悲しみ、空腹を抱えた犬たちが、息も絶え絶えに島をさまよっていました。

毎日ケーブルで生ゴミ(エサ)が送られてきて、犬たちの間ではゴミを巡った死闘が耐えませんでした。病気やケガ、飢えで痩せ細り、すっかりみすぼらしい姿となった彼らは、くしゃみばかりしていました。

その中で、ある5匹のグループにスポットライトが当てられます。

かつて豪勢な屋敷で飼われていたレックス、数多くのドッグフードのCMに出演したタレント犬のキング、高校野球の強豪チームのマスコット犬だったボス、健康管理を気遣う飼い主に飼われていたデューク、そして野良犬のチーフです。

かつては快適な暮らしをしていた元飼い犬の4匹たちに対して、誇り高い野良犬のチーフは、彼らに強く生きるように渇を入れていたのでした。

そのとき、アタリが乗った小型プロペラ機が低空飛行させ、犬ヶ島に不時着します。

レックスたちが現場に駆けつけると、目を覚ましたアタリが人間の言語で説明を始めます。しかし、犬たちには彼の言葉がわかりません。

次にアタリは絵を使って、スポッツを探しにきたことを伝えます。レックスたちはスポッツに見覚えがありました。

こうして正義感の強いレックスが、アタリと一緒にスポッツを探すように皆を説得します。賛成するキング、デューク、ボスでしたが、野良犬であるチーフだけは反対します。

結局、多数決をとってアタリを助けることに決まるのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「犬ヶ島」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×