映画:犬夜叉時代を越える想い

「犬夜叉時代を越える想い」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

犬夜叉時代を越える想いの紹介:高橋留美子原作漫画の劇場版第一段。戦国時代にタイムスリップした現代の少女かごめと半妖の少年犬夜叉、その仲間たちの冒険を描いた物語。漫画は週刊少年サンデーで1996年〜2008年まで連載され、テレビアニメは2000年〜2004年放送された。

犬夜叉時代を越える想いの主な出演者

犬夜叉(山口勝平)、日暮かごめ(雪野五月)、弥勒(辻谷耕史)、珊瑚(桑島法子)、七宝(渡辺久美子)

犬夜叉時代を越える想いのネタバレあらすじ

【起】– 犬夜叉時代を越える想いのあらすじ1

宿敵奈落を追う旅を続ける犬夜叉一行は、あるとき四魂のかけらの力で凶暴化した大さそりを退治します。

その後、かごめの手作りの弁当を囲みしばしの休息を楽しむ一行ですが、さそりの毒を受けた雲母の様子がおかしくなり、何かに呼ばれるかのように走り去ってしまいます。

後を追う珊瑚と弥勒は、森の中で大陸から来たと瑠璃・玻璃という二人の女に出会います。

実は二人はある企みのため大さそりを放し、毒を受けた雲母は、玻璃の持つ「支配」の力によって操られてしまっていたのです。

更に「複写」の力によって弥勒の風穴を得た瑠璃は、弥勒と珊瑚を風穴に吸い込もうとします。

危機一髪のところで楓の矢によって助けられましたが、瑠璃と玻璃、そして雲母はその場から去っていきました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「犬夜叉時代を越える想い」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×