映画:王立宇宙軍オネアミスの翼

「王立宇宙軍オネアミスの翼」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アニメ映画

王立宇宙軍 オネアミスの翼の紹介:地球とは違う星、オネアミス王国のお話。王国には王立の宇宙軍が存在しており、「人類初の有人人工衛星」を打ち上げる計画があった。その計画に名乗りを上げたのが、これまでお気楽な人生を送っていたシロツグであった。「エヴァンゲリオン」で有名なガイナックス初の長編アニメ映画で手描きでリアルな描写を実現している。

王立宇宙軍オネアミスの翼の主な出演者

シロツグ(森本レオ)、リイクニ(弥生みつき)、マナ(村田彩)、将軍(内田稔)

王立宇宙軍オネアミスの翼のネタバレあらすじ

【起】– 王立宇宙軍オネアミスの翼のあらすじ1

中流家庭に生まれたシロツグは、子供のころ空に憧れエリート集団の空軍入隊を夢見ていたが自分の頭では無理と悟りあきらめ浮世離れした青年へと育つ。

空をあきらめたシロツグは「宇宙軍」に入隊する。

「宇宙軍」の実態は国のお荷物存在で、予算縮小の中、細々と宇宙船開発をしているが失敗ばかりしており事故死も珍しくなった。

シロツグは事故死した同胞の告別式に遅れて参列する。

将軍に見つかり遅れた理由と礼服(軍服)を着てない理由を問われるシロツグは、ふざた態度で寝坊したと答える。

カイデンは激怒するも叱っている途中で呆れさせる。

一部始終を見ていた先に参列していたシロツグの仲のいい同胞に、皮肉っぽく礼服を着てない理由を聞かれるとシロツグはかっこ悪いと答える。

シロツグの答えは同胞らにとって、退屈しのぎの問いでしかなく特に表情を変えない。

シロツグらにとっては、この事故死は上層部の実現性のない有人人工衛星計画が殺したと考えており、この葬儀も茶番に感じている。

なんとしてでも悲願の有人人工衛星を打ち上げたい将軍と、軍の安泰した生活甘んじているシロツグをはじめとするやる気のない同胞たちとは温度差があった。

夜の繁華街で仲間たちと飲み歩いていたシロツグは、街頭で宣教活動をしている少女を見かける。

休日、暇だったシロツグは少女から受け取った宣教用のチラシを手になんとなく会いに行く。

少女はリイクニと名乗りマナという身寄りのない女の子と二人暮らしをしていた。

シロツグはリイクニの話に適当に合わせるなか、リイクニはシロツグが宇宙軍だと知ると「戦争をしない軍隊」と尊敬し始める。

リイクニに尊敬され気をよくしたシロツグは、後日、宇宙軍の会議で有人人工衛星のパイロットに立候補する。

上官らをはじめ同胞たちみな驚くなか、有人人工衛星(劇中では宇宙船・有人ロケットともいう)の開発プロジェクトが本格的に動き始める。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「王立宇宙軍オネアミスの翼」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×