映画:生きのびるために

「生きのびるために」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

生きのびるためにの紹介:2018年6月1日に配信されたアニメ映画で、デボラ・エリスの児童文学を原作としている。ノラ・トゥーミーが監督を務め、アニメーションスタジオのカートゥーン・サルーンが手がけた作品で、タリバン政権下のアフガニスタンを舞台に、父親が刑務所に連行され、家族を救うために男の子のフリをして生きる少女の姿を描いている。

あらすじ動画

生きのびるためにの主な出演者

パヴァーナ(サラ・チャウドリー)、ショーツィア(ソーマ・バティア)、ヌルーラ(アリ・バドシャー)、ソラヤ(シャーイスタ・ラティフ)、ファティマ(ラーラ・サディク)、ラザク(カワ・アダ)、イドリース(ヌーリン・グラムガウス)

生きのびるためにのネタバレあらすじ

【起】– 生きのびるためにのあらすじ1

タリバン政権下のカブールで、パヴァーナは道端に座り、教師の父・ヌルーラと服などを売っていました。近くでは女性に売ったとし、責められている店主がいました。

客がこないため、パヴァーナは勉強がてら、父からシルクロードの歴史について習います。

一匹の犬が商品に寄ってきて、パヴァーナは追い払いますが、大声を出したことで注意されます。女性は目立ってはいけないのです。注意してきた男は、ヌルーラの教え子のイドリースでした。

ヌルーラは戦いで片足を失っており、幼い息子を働かせないことから、パヴァーナに手伝ってもらっていると説明します。

丁度、妻が欲しかったイドリースは、パヴァーナをもらおうとしますが、婚約済みだと言われて怒り始めます。ならば顔を隠せと言い放ちます。

帰り道、パヴァーナは本当に婚約しているのか父に聞きます。ヌルーラは笑いながら否定します。イドリースは道の陰からその様子を見ていました。

自宅に帰ったパヴァーナとヌルーラでしたが、イドリースが通報したことで、男たちが押し入ってきます。女性に本を読ませたヌルーラは、イスラムの敵として捕まります。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「生きのびるために」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×