映画:紅の豚

「紅の豚」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(8件)

紅の豚の紹介:1992年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。監督は宮崎駿。世界大恐慌時代のイタリア・アドリア海を舞台に、飛行艇を乗り回す空賊(空中海賊)と、それを相手に賞金稼ぎで生きる豚の姿をした退役軍人の操縦士の物語。

あらすじ動画

紅の豚の主な出演者

ポルコ・ロッソ(森山周一郎)、マダム・ジーナ(加藤登紀子)、ピッコロおやじ(桂三枝、現・桂文枝)、マンマユート・ボス(上條恒彦)、フィオ・ピッコロ(岡村明美)、ドナルド・カーチス(大塚明夫)、フェラーリン少佐(稲垣雅之)

紅の豚のネタバレあらすじ

【起】– 紅の豚のあらすじ1

主人公のポルコは、第一次世界大戦のときにエースパイロットとして活躍していましたが、軍隊社会そして人間社会に嫌気がさして、自らに魔法をかけて豚の姿になります。

人間でいたくなかったからです。

そして現在は、アドリア海に現れる空中海賊を退治して賞金稼ぎをする生活を送っていました空賊たちはポルコを邪魔に思い、腕の立つアメリカ人・カーチスを雇います。

カーチスはエンジン不調のポルコを急襲し、撃墜しました。

ポルコは愛機を修理するために、アドリア海を一旦離れます

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「紅の豚」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×