映画:耳をすませば

「耳をすませば」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

耳をすませばの紹介:1995年公開のスタジオジブリ制作の日本長編アニメーション映画。監督は近藤喜文。柊あおいの同名コミックを原作とし、脚色・絵コンテ・製作プロデューサーを宮崎駿が務める。「猫の恩返し」は月島雫の描いた作品という設定である。

耳をすませばの主な出演者

月島雫(本名陽子)、天沢聖司(高橋一生)、月島靖也(立花隆)、月島朝子(室井滋)、月島汐(山下容莉枝)、フンベルト・フォン・ジッキンゲン男爵(露口茂)、西司朗(小林桂樹)

耳をすませばのネタバレあらすじ

【起】– 耳をすませばのあらすじ1

中学3年生の月島雫は、読書を趣味に持つ女の子です。

学校の図書館や市立図書館で、本を借りて読むのが好きでした。

雫のお父さんは市立図書館に勤めていますあるとき雫は、自分の借りている本の貸し出しカードに天沢聖司という名前を見つけます。

その後、注意して貸し出しカードを見てみると、雫の借りた本には必ず先に天沢聖司という名前があるのでした。

雫の中で少しずつ、天沢聖司という人物への興味が高まってきます

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「耳をすませば」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×