映画:茄子アンダルシアの夏

「茄子アンダルシアの夏」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

茄子 アンダルシアの夏の紹介:「茄子 アンダルシアの夏」は2003年に劇場公開されたアニメーション映画で、主役・ペペの声は俳優の大泉洋が務めています。世界三大自転車レースの1つである「ブエルタ・ア・エスパーニャ」を舞台に、チームの一員としてレースに参加しているペペと彼の地元で暮らす人々を軸に物語が描かれています。上映時間47分という短編作品ですが、ペペを取り巻く人間模様に加えて自転車レースの魅力が詰まった作品に仕上がっています。

あらすじ動画

茄子アンダルシアの夏の主な出演者

ペペ・ベネンヘリ(大泉洋)、アンヘル(筧利夫)、カルメン(小池栄子)、エルナンデス(平野稔)、フランキー(平田広明)、リベラおじさん(緒方愛香)、ギルモア(佐藤祐四)、監督(坂口芳貞)、実況アナウンサー(羽鳥慎一)、レース解説者(市川雅敏)

茄子アンダルシアの夏のネタバレあらすじ

【起】– 茄子アンダルシアの夏のあらすじ1

茄子アンダルシアの夏のシーン1

画像引用元:YouTube / 茄子アンダルシアの夏トレーラー映像

灼熱の日差しと荒涼とした大地のアンダルシア地方を走る多くのロードレーサーたち。

主人公・ペペは、世界三大自転車レースのひとつとも言われ、スペインで行われているプエルタ・ア・エスパーニャにレーサーとして出場していました。

地元でもあり土地勘もあるペペでしたが、あくまでアシストとして出場しており、主力選手の体力を温存し、チームを勝利に導くために走ることが彼の仕事でした。

レースのコースとなる道の途中にはペペや家族たちも馴染の酒場があり、店主のエルナンデスはペペの親友であるフランキーに頼んで店にテレビを設置します。

テレビをつけるとレースの模様が放送されており、地元で生活しているフランキーは自分の夢をペペに託したと語るのでした。

暑さもあってレースは集団のままこう着状態に入っており、ペペは監督の指示を受けると、ペースを上げて集団を引き離しにかかります。

同じチームのエースであるギルモアを引き連れて集団を離すと、同調するように他の選手たちも数名が追走し、先頭集団と後方集団に分かれるのでした。

先頭を走るペペは「地元だからって色気を出すなよ」とギルモアから釘をさされるものの、「今日は俺の日じゃない」と返します。

地元の教会では結婚式が行われており、そこにはペペの兄であるアンヘルと妻であるカルメンの姿がありました。

彼らの挙式も同じ日に行われており、知り合いを招待して盛大なパーティーが催されていたのでした。

レースでは給水と同時に監督がペペに指示を与えます。

折を見て先頭集団からさらに有力なライバルたちを引き離すことを伝えますが、ペペが離れたあと、車に同乗していたスポンサーからはペペをクビにするという話しが出てしまいます。

そしてその話しは、切り忘れた車内の無線を通じて、ペペの耳にも伝わってしまうのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「茄子アンダルシアの夏」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ