映画:言の葉の庭

「言の葉の庭」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(2件)

アニメ映画

言の葉の庭の紹介:2013年公開の日本アニメーション映画。雨を題材とした透明感のある世界観と、映像美が魅力。ファンタジア映画祭では今敏賞、第18回アニメーション神戸賞では作品賞・劇場部門を受賞するなど、評価の高い作品。

あらすじ動画

言の葉の庭の主な出演者

秋月孝雄【タカオ】(入野自由)、雪野百香里【ユキノ】(花澤香菜)、タカオの母(平野文)、秋月翔太(前田剛)、寺本梨花(寺崎裕香)、松本(井上優)、佐藤(潘めぐみ)、相沢(小松未可子)、伊藤(星野貴紀)

言の葉の庭のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①靴職人を夢見る高校1年のタカオは、雨の日には1限の授業をさぼり、新宿御苑の日本庭園で靴のデザインをすることにしていた。ある日そこで朝からビールを飲む女性・ユキノを見かける。何度も会ううちに互いに惹かれるようになった2人。 ②ユキノはタカオの学校の古典教師で、もめ事で学校へ行けなくなっていた。ユキノは故郷で教師を続ける決断をし、タカオはもう少し大人になったら迎えに行こうと思う。

【起】– 言の葉の庭のあらすじ1

2013年。日本、東京都。

高校1年生の秋月孝雄、通称:タカオは、雨の日の「あること」をずっと高校に入るまで知らなかったと思います。

制服の裾をぬらす他人の傘、誰かのスーツに沁みついたナフタリンの匂い、背中に押し付けられる体温、顔を吹き付けるエアコンの不快な風…そういったものを今までタカオは経験していませんでした。

子どもの頃、空はもっとずっと近かった…そうタカオは思いながら、新宿で電車を降ります。

〔六月〕

よくないことではありますが、雨の日には1限目の授業をサボって歩き、新宿御苑に行くのがタカオの習慣でした。

タカオは将来、靴職人になりたいと思っており、新宿御苑の日本庭園のあずまや(庭園に休憩などの目的で設置される、屋根のある四方に壁のない建物のこと)でデザインしていました。

ある日いつものようにあずまやに行くと、そこに27歳の女性・ユキノが座っていました。タカオも隅っこに座ります。

ユキノは明治チョコレートをつまみに、朝から金麦のビールを飲んでいました。チョコとビールの取り合わせに驚きながらも、タカオはデッサンを続けます。

タカオが落とした消しゴムを、ユキノが拾ってくれました。その顔を見た瞬間、タカオは「この人どこかで見たことがある」と思い、そう告げますが、ユキノは否定します。

しかしユキノはタカオの胸の校章マークを見て、はっとした顔をしました。

立ち去りながら、ユキノは「会ってるかも」と呟きます。タカオの顔を見ながら『鳴る神の 少し響(とよ)みて さし曇り 雨も降らぬか きみを留めむ』と小さく言ってから、立ち去りました。

その日はまだ梅雨入り前でした。九州地方や四国地方は梅雨入りしたものの、関東地方はまだです。

その夜、タカオが夕食の支度をしていると、社会人の兄がコロッケを買って帰ってきました。

タカオの家は母、兄、タカオの3人暮らしです。しかし母は今朝から家出していました。

母は一回りも年下の恋人と付き合っているのですが、兄が来月に家を出て彼女と暮らすのが気に入らず、それで家出をしたのです。

タカオの母は年齢よりも若く見えました。それを兄は「苦労していないから」と分析し、その分タカオが老けていく、苦労人だと指摘します。

その日の昼間、ユキノから聞いた歌の文句を書きとめたタカオは、兄に聞いてみました。

しかし兄は短歌と俳句の区別すらつかず、別の人にあたってくれと言います。

タカオは晴れた日にはきちんと電車を乗り換えて、通学します。

別の日、雨が降ったのでまたタカオがあずまやへ行くと、ユキノがいました。会社をさぼったと答えます。

その日も、ユキノの酒のつまみはチョコレートでした。

「いまヤバい女だって思ったでしょ。どうせ人間なんて、みんなどっかちょっとずつおかしいんだから」

ユキノのその言葉は、奇妙にタカオの心に響きました。タカオはユキノに少しずつ惹かれていくのを感じます。

その日が関東地方の梅雨入りでした。

それからは、雨が続くたびにタカオはユキノと会うのが、暗黙の了解になりました。

何度も会ううちに、タカオはお弁当を作って行き、ユキノにおすそ分けしてみます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(2件)

ライターの感想

まず。雨に着目し、雨を徹底的に描いた作品。劇中の実に7割くらいが雨のシーン。
ハッピーエンドと捉えてもいいし、いろいろ余白を残してくれる作品。
現実的なことを考えると「ひと回りの年齢の差は…」と思うけれども、タカオが一途な人物であることは、靴職人への姿勢からも明白だし、タカオ側はぶれそうになさそう。
いっぽうのユキノ。27歳だし…この後、タカオを待つだけの時間があるかどうか。地元でいい人見つけて、あっさり結婚してたりして。
…とかいうのを、友だちとかとわいわい議論するのも楽しそう。
ふたりが互いの気持ちを伝えあうマンションの階段のシーン。けっこう高層階だよね。
エレベーターをなぜ使わないの?
雨にこだわりぬいた演出だし、あそこで雨から陽射しが差し込むことで、彼らの心情を見せたいのは判るよ。
でも…高所恐怖症の私にとっては、「こわいこわいこわい」と思ってしまった(笑)。
  • KOD7さんの感想

    つい最近見たばかりなのですが、とても強い余韻を残す映画だと感じます。まず印象的なのが「雨」。雨の描写が非常に綺麗で魅了されます。
    余韻が強いのは、登場人物たちがとてもリアルに感じられるからでしょう。最終的に2人は別々な場所で暮らしていることがうかがえますが、その後が気になる作品です。
    高校生や20代前半に、こういううつくしい恋愛がしたかったなーと思わされました。いい映画です。

映画の感想を投稿する

映画「言の葉の庭」の商品はこちら