映画:銀河鉄道の夜

「銀河鉄道の夜」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

銀河鉄道の夜の紹介:宮沢賢治の同名童話を映像化した1985年制作の作品。孤独な少年ジョバンニと友人のカムパネルラが銀河鉄道に乗って「本当の幸」を探し旅する物語。毎日映画コンクール・大藤信郎賞受賞作。

あらすじ動画

銀河鉄道の夜の主な出演者

ジョバンニ(田中真弓)、カムパネルラ(坂本千夏)、ザネリ(堀絢子)、かおる(中原香織)、ただし(渕崎ゆり子)、鳥捕り(大塚周夫)、ジョバンニの母(島村佳江)、カムパネルラの父(納谷悟朗)

銀河鉄道の夜のネタバレあらすじ

【起】– 銀河鉄道の夜のあらすじ1

主人公のジョバンニは、遠方へ漁の仕事に行っている父の代わりに学校が終わると活版印刷所で働いて病気の母を支えながら暮らしています。

ザネリ達クラスメイトはジョバンニの父は密漁で捕まったのだとジョバンニをからかい仲間はずれにします。

しかし、カムパネルラだけはジョバンニを気の毒がっていました星祭りの夜、仕事を終えたジョバンニが母の牛乳を取りに行く途中広場へ行ってみると、カムパネルラやザネリも来ていました。

声をかけようとするとザネリ達はまたジョバンニをからかい、いたたまれなくなったジョバンニは天気輪の柱のある丘へ向かいます。

すると目の前に鉄道が現れ、気が付くとその列車に乗っているのでした

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

「銀河鉄道の夜」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×