映画:風の谷のナウシカ

「風の谷のナウシカ」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

風の谷のナウシカの紹介:1984年公開の日本長編アニメーション映画。宮崎駿監督の、長編アニメーション映画第2作である。産業文明を崩壊させた最終戦争「火の七日間」から千年後の世界を描く、近未来SFファンタジー。

あらすじ動画

風の谷のナウシカの主な出演者

ナウシカ(島本須美)、アスベル(松田洋治)、クシャナ(榊原良子)、ユパ(納谷悟朗)、大ババ(京田尚子)、クロトワ(家弓家正)、ミト(永井一郎)、ジル(辻村真人)

風の谷のナウシカのネタバレあらすじ

【起】– 風の谷のナウシカのあらすじ1

人類はかつて繁栄を誇りましたが「火の七日間」と呼ばれる大戦争で、産業文明は滅びてしまいました。

それから千年後、地球の大部分は瘴気を発する森「腐海」と、そこに住む巨大な蟲たちに占領され、人類はかろうじて生き残っているような状態です。

小国・風の谷の姫ナウシカは、蟲たちと心を通わせる力を持つ少女でしたある風の強い夜、谷にトルメキア王国の輸送船が墜落します。

炎上した船のあとに燃え残ったのは、巨神兵の卵でした。

巨神兵とは、火の七日間で使われた最終兵器です 世界統一の野望を抱くトルメキア国は、ペジテ市の地下に眠っていた卵が掘り出されたことを聞き、奪取したのでした。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「風の谷のナウシカ」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×