映画:鬼神伝

「鬼神伝」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

鬼神伝の紹介:2011年公開のアニメ映画。平安時代にタイムスリップして、人と鬼との戦いに巻き込まれた少年の姿を描いた作品。高田崇史の冒険小説が原作。監督は劇場版「スプリガン」の川崎博嗣。音楽は「カムイの剣」の宇崎竜童。主題歌は福原美穂で「STARLIGHT」。主演の声優を務めたのは「終わりのセラフ」の小野賢章。石原さとみや中村獅童も声優に参加。

あらすじ動画

鬼神伝の主な出演者

天童純(小野賢章)、水葉(石原さとみ)、源雲(中村獅童)、源頼光(近藤隆)、渡辺綱(森久保祥太郎)、金太(伊藤健太郎)、碓井貞光(加瀬康之)

鬼神伝のネタバレあらすじ

【起】– 鬼神伝のあらすじ1

平安時代の都では、人と鬼とが戦いを繰り広げていました。人々は隠れ、武士や陰陽師達が鬼を追い払うため戦っています。

巨大な鬼が来襲してきて、陰陽師の術も弾き飛ばされます。絶体絶命の窮地に現れたのは、僧正の位を持つ源雲です。彼の術によって鬼は追い払われます。

時は現代、中学生の天童純は父親を亡くして、母と二人暮らしをしています。学校の帰り道では、ついてない様子です。

そんな彼に更に不運な事が起こります。それは時を超えてやってきた鬼が彼に襲い掛かってきたのです。

寺へと逃げた純を出迎えてくれたのは源雲でした。鬼の存在を教えてくれた源雲は、純を平安時代へとタイムスリップさせて連れて行きます。

純の案内人は源頼光で、彼の剣術の腕前は秀でています。貴族達の前に連れて行かれた純は、どうか鬼達から救って欲しいと頼まれます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「鬼神伝」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×