映画:魔女の宅急便

「魔女の宅急便」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(7件)

魔女の宅急便の紹介:1989年公開の日本長編アニメーション映画。スタジオジブリ制作。角野栄子の児童書を原作とし、宮崎駿が監督を務めたスタジオジブリの長編映画としては初の、他者の原作による作品であった。

魔女の宅急便の主な出演者

キキ(高山みなみ)、ウルスラ(高山みなみ・ダブルキャスト)、ジジ(佐久間レイ)、トンボ(山口勝平)、コキリ(信沢三恵子)、老婦人(加藤治子)、オキノ(三浦浩一)、ドーラ(斉藤昌)、おソノ(戸田恵子)

魔女の宅急便のネタバレあらすじ

【起】– 魔女の宅急便のあらすじ1

田舎町に住むキキは魔女の一族の女の子でした。

「魔女として生きるためには、13歳の満月の夜に故郷を旅立って、魔女のいない街に移り住み、魔女としての修行を積むこと」というのが掟です。

魔女になることを決めたキキは両親にそのことを告げ、キキと話のできる猫のジジとともに、満月の夜、旅立ちましたそして海の向こう側にある街コリコを住む場所に決めます。

コリコは大都会で、初めて目にする都会に夢中のキキの思いをよそに、そこに住む人間たちは冷たい人たちばかりで、相手にされないキキは落ち込みました。

しかし偶然、ある客の忘れ物を届けたことから、パン屋のおかみさんであるおソノに気に入られます

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「魔女の宅急便」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×