「9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

2009年製作のアメリカのアニメーション映画。監督はシェーン・アッカー。製作にティム・バートン。元々は11分間のショートフィルムだった”9”と言う作品にティム・バートンが惚れ込み長編映画製作へと至った。声の出演は、イライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー他。 ある部屋で目覚めた人形の9。外の世界を覗くと自分と同じような人形の2を見つける。外に出て2と合量した9だったが、そこへビーストと呼ばれる機械が現れ2をさらってしまう。怪我を負った9が次に目覚めた場所には、自分と同じように数字を振られた人形がいた。2を助けに行こうと説得する9だったが、他の人形たちに止められる。世界はどうなっているのか?9の冒険が始まる。

あらすじ動画

9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~の主な出演者

9(イライジャ・ウッド)、8、ラジオの声(フレッド・タタショア)、7(ジェニファー・コネリー)、 6(クリスピン・グローヴァー)、5(ジョン・C・ライリー)、2(マーティン・ランドー)、1(クリストファー・プラマー)、科学者(アラン・オッペンハイマー)、独裁者(トム・ケイン)、ニュースキャスター(ヘレン・ウィルソン)他。

9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~のネタバレあらすじ

【起】– 9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~のあらすじ1

9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~のシーン1

画像引用元:YouTube / 9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~トレーラー映像

科学者独白-科学は大いなる可能性を秘めていたが、科学者は知性と才能を浪費してきた。無闇に技術を追い求めた結果、人類は破滅への道を早めた。世界は間も無く滅びる。だが命を絶やしてはならない-話ながら人形が出来上がる。

吊られていたところから落ちて衝撃で目が覚める9(ナイン)。自分の手や体を確認する。腹には大きなジッパーが付いている。9は自分と一緒に落ちた部品を拾う。部品を見て、下の方を覗くと科学者の死体があり息を呑む9。窓を開けて外を見ると荒廃した世界。道に自分と同じような人形が見え声を掛けようとするが声が出ない。持っていた部品を体のジッパーの中にしまって外へ出て行く9。科学者の死体の横には⑨と札のついた箱がある。

外へ出る9。壊れた車を覗くと中には親子の死体がある。ギョッとして後ずさる9。

反乱の文字のポスター。近くの物陰で灯りが見えて物陰に隠れ武器になりそうな物を取って待っていると近づいてくる。思いっきり殴る9。倒れた相手を見ると自分とそっくりな人形(2)9を見て嬉しそうに仲間がいると思ったと言い。9の作りが良くできていると褒めている。9は声が出せないことを訴える。9のジッパーを開け、中を見た2は9をつれて行きうち捨てられている人形から声帯の部品を取り出す。後ろを振り返ると9が銃弾を投げようとしていて慌てて止める。”世の中には触らない方がいいものもある”と。でもよく見ればガラクタにもいいものはあると。上手く調整してもらい、話せるようになる9。2は9のジッパーにあった丸い部品を見て喜ぶ。6がいつも描いていたものはこれだと。すると周りの気配が変わる。9を物陰に隠して様子を伺う2。

突然、2の後ろから機械の猫が現れる2に襲いかかる。9はその様子を缶に隠れて見ている。一瞬9の方を見た機械の猫の注意を引く2。機械の猫に咥えられてしまう。機械の猫は落ちた丸い部品も持って行ってしまう。2が攫われた先には3つの塔。

目を覚ます9。大きなハサミにびっくりするが、5が千切れた左腕を補修してくれている。2と会ったというとどこで?と質問してくる。すると部屋の中に別の年配の人形(1)が入ってくる。1は5に隠し事はするなと言い、外で9を見つけたことを聞くと外に行ったことを責めてくる。外に行くとビーストに襲われるぞと。9は1にそのビーストに2は攫われた、まだ生きていると訴えるが、1はあれに攫われたら終いだ、そういうルールだ、守れと9を遠ざける。ルールだと言う言葉に呼応する様に8が入ってくる。大きなナイフを持っている。よくわからせてやると言う1について外に出るとそこは教会。バケツに乗って時計のところまで上がっていく一同。そこで1は説明を始める。目覚めた時世界は人間と機械の戦争が起き混沌としていたと。激しい戦いの最中。ヘルメットの中に隠れて移動している人形達。すると人間と対峙していたビーストが毒ガス爆弾を放出する。毒ガスで全てが滅んでしまったと1。

1は皆を連れて教会に潜んでいるとだんだんと外が静かになって今ではビーストだけが残っていると。このまま潜みビーストが眠るのを待つと言う。何故自分たちを襲うのか?と言う9の質問に無意味な質問だと自分の身を守ることだけ考えろと言う。

既にたくさんの仲間を失ったと、壁に貼られている数字一覧の2にバツをつける。2は生きていると食い下がる9にお前も道を誤るなよと言う1。

5と一緒に管理塔にいくように言われる9。今までいた部屋の隅では縦縞の服を着た6が9の持っていた丸い部品のような絵をたくさん描いている。

雲の上に突き出ている管理塔。望遠鏡があり5は2と一緒に作ったんだと言う。9は5の様子を伺いながら2をあの3つの塔のところへ助けに行こうと誘う。5はあそこは行けない、ルールだからと言う。1が言うから?と聞くとリーダーだからなと。間違っていたら?と聞くと黙ってしまう5。2なら君を助けるだろう?と聞くと、逃げていた時に無くした左目の部分を触る5。諦めて一人で行こうとしていた9に、地図がいるだろうと声を掛ける。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「9<ナイン> ~9番目の奇妙な人形~」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×