「ACCA13区監察課 Regards」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

【承】– ACCA13区監察課 Regardsのあらすじ2

ACCA13区監察課 Regardsのシーン2

画像引用元:YouTube / ACCA13区監察課 Regardsトレーラー映像

今回の一周年祭では、それぞれの区が模擬店に力を入れていて文化や特産品の紹介に力を入れていると。

監察課は総務課に協力して管理監督するようにとポチャードがジーンとオウルに指示している。

パロットは結局それって総務課のコマ使いじゃないですか・・・とため息をついているジーンは色々なことを経験しておくのは悪いことじゃないと思うよ、どうせ監察課はいつかなくなるだろうし・・と言うとパロットはこんな今だからこそ監察課がキーになると思うと。

どこかの区を抱き込んで何かしようとフラワウは画策しているかもしれないと言い、さらに新体制になって何がよくなったのか?とジーンに問う。

5長官制度がなくなってフラワウと言う異分子が出来ただけだと あの式典の最中でリーリウム長官はいなくなるしで、自分達世代の局員は何かあるんじゃないかと不安に思っています。

ジャガイモ様を迎えに行っている場合じゃないんですよとジーンに言うが、ジーンは全く聞いていない。

不意にパイン区長に憧れているんだって?と聞かれ、はい!と急に姿勢をただすパロットジュモークの着ぐるみに入ることを頼まれ、パイン区長のデザインだと聞き、満更じゃない様子で引き受ける。

仕事をしているジーン。

そこへオウルが声をかける皆の仕事が増えて逆にジーンに仕事が増えて謝る。

パロットは癖が強そうだけどどう?と尋ねられまだ掴めないが一所懸命取り組んでいると。

さらに明日のスケジュールを尋ねられ、明日は総務課に調整を頼まれビッラに赴くと答える迷惑をかけるが無理はしないようにと声をかけて帰っていくオウル。

窓から外を見ながらタバコを吸っているジーン。

そこへパロットがやってきて、総務課からとジーンへビッラ出張のチケットを渡すパロットはビッラ出張はどうして自分じゃダメなんでしょうか?とジーンに尋ねる。

このタイミングでジーンが本部をあけるのはリスクがありすぎると抗議する。

ジーンは相変わらずのんびりと総務課には総務課の考えがあるんだよと嗜める何かあれば君がいるから大丈夫だよと適当なジーンに、そう言うところがありますよね、監察課はとさらに文句を言おうとするがすでにジーンは話を聞いておらず、窓の外を眺めてタバコを吸っている。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「ACCA13区監察課 Regards」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×