「BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

2500年前のインドの地。シャカ国の世継ぎとして誕生した王子シッダールタ—(のちのブッダとなる)。 人々の苦しみと死に心を痛める青年に成長したシッダールタは、何不自由ない恵まれた身分を捨て、真実を求める旅へ向かう。 旅の途中で出会ったデーパとともに苦行林へ向かい、苦行に身を捧げその先にある真実を見極めようとするのだが… 手塚治虫の代表作「ブッダ」をアニメーションの映画にし、吉永小百合、吉岡秀隆らが声優出演する。2014年製作の日本映画 監督:小村敏明。 配給:東映

あらすじ動画

BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-の主な出演者

ーヤー天 – 吉永小百合 タッタ – 松山ケンイチ ルリ王子 – 真木よう子 スッドーダナ王 – 観世清和 シッダールタ – 吉岡秀隆 ビンビサーラ王 – 大和田伸也 ブラフマン – 中西哲夫(笑い飯) パセーナディ王 – 田口浩正 ミゲーラ – 水樹奈々 アッサジ – 沢城みゆき デーパ – 藤原啓治 ヤタラ – 大友龍三郎 ルリ王子の母 – 島本須美 駿河太郎 笠兼三 大和田悠太 銀河万丈 ブブ大臣 – 楠見尚己 田中一成 浜田賢二 大畑伸太郎 奈良徹 佐藤拓也 北島美香 神田みか パジャーパティ妃 – 東條加那子 金本涼輔 菊本平 こおろぎさとみ 大川透 ヤショーダラ妃 – かかずゆみ 川田紳司 斉藤貴美子 菊池こころ 佐藤晴男 大林洋平 白川周作 西野陽子 木島隆一 森下由樹子

BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-のネタバレあらすじ

【起】– BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-のあらすじ1

BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-のシーン1

画像引用元:YouTube / BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-トレーラー映像

生きとし生けるものは、命のつながりの中で生きている。強いものは弱いものを糧にする。勝った者もまた別の命の糧となる。

人間の世界でも強い国が弱い国を攻め落としていた。

2500年前のインドでは、コーサラ国は大国であるマガダ国とガンジス川流域の覇権を争っていた。

そしてヒマラヤの麓にある小さな国、シャカ国にもコーサラ国は何度も攻め入っていたのだった。

戦に巻き込まれた人々はつらい生活に苦しんでいた。人々はこのシャカ国を治める世継ぎの誕生を待ち望んでいた。

お世継ぎのシッダールタが生まれると、その母・マーヤー妃は亡くなった。

シッダールタは、生きとし生けるものの苦しみを救う偉大な存在になると予言され、そのためにすべてを捨て出家修行者となり真実を求める旅に向かった。

子供のころコーサラ国に家族や友人、その親までを殺され、盗賊の頭となったタッタはコーサラ国を恨んでいた。

タッタは、コーサラ国にやられ辛い生活に苦しむ人たちに盗賊から分捕った宝を分配している義賊だった。そんなタッタは盲目のビゲーラを大切にしていた。

タッタとビゲーラは苦行林へ向かう旅の途中のデーパと出会う。

デーパは苦行には意味がある、苦しみの果てに高い徳を得て、来世でよい人間に生まれ変わるのだと語ると、ビゲーラが苦しむだけでいいというのなら自分はとっくに立派な坊主になっているはずだと、松明で自分の両目を照らして見せた。

そして苦しむことに意味があるというのならこの火を自分の眼に突っ込んでみろとデーパに松明を差し出した。

デーパはその松明を受け取ると、自分の眼に押し当てた。

シッダールタが裸同然の格好で歩いていた時、猟師が声をかけてくれて服を恵んでくれた。

そこに水を一杯いただけないかとデーパが入ってきた。デーパの左目は焼けただれていた。

猟師は、シッダールタに坊主になりたいという息子・アッサジを連れて行って欲しいと頼むが、シッダールタは自分は修業の身だからと断った。

だがアッサジは勝手に二人の後からついて行った。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「BUDDHA2 手塚治虫のブッダ -終わりなき旅-」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×