映画:HELLO WORLD

「HELLO WORLD」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

HELLO WORLDの紹介:2019年に公開された作品。2027年の京都を舞台に、冴えない男子高校生の主人公の元へ10年後の自分を名乗る人物が現れ、大きな出来事へと巻き込まれていく物語を描いた長編アニメーション作品。監督を務めたのは『時をかける少女』『サマーウォーズ』で助監督を務め、数多くのテレビアニメでも監督経験がある伊藤智彦。高校生の主人公を北村匠海、10年後の主人公を松坂桃李、ヒロインを浜辺美波が演じている。

あらすじ動画

HELLO WORLDの主な出演者

堅書直実(北村匠海)、堅書直美/先生(松坂桃李)、一行瑠璃(浜辺美波)、勘解由小路三鈴(福原遥)、千古恒久(子安武人)、カラス(釘宮理恵)、徐依依(寿美菜子)

HELLO WORLDのネタバレあらすじ

【起】– HELLO WORLDのあらすじ1

HELLO WORLDのシーン1

画像引用元:YouTube / HELLO WORLDトレーラー映像

 2027年の京都。街中にドローンが浮かんでいる中を高校生の堅書直実は本を読みながら登校していました。高校生になったばかりの直実は早くも周囲に馴染むことができていませんでした。クラスの親睦会にカラオケへ誘われてもおどおどして煮え切らない答えしか言えず、昼休みにパンを求める集団には入ることが出来ません。クラスの委員会を決める際には、いつも本を読んでいるということで図書委員に推薦され、何も言うことが出来ず承諾してしまう始末。積極的に友達を作りにいくクラスメイトを見ては劣等感を感じていました。

 1回目の図書委員会の集まりへ足を運ぶと、そこには男子の視線を集める一人の女子生徒がいました。直実と同じく一年生の勘解由小路三鈴はそのアイドル並みのルックスと愛嬌のある言動で注目の的となっていました。直実も彼女が気になっていました。委員会が終わると、連絡アプリで図書委員会のグループを作ることになりました。連絡先を交換している中で、勇気を振り絞った一人の男子生徒が三鈴に連絡先を聞きに行きました。彼女は快く受け入れ、それを見た他の男子も次から次へと三鈴の元へ駆け寄っていきます。その様子を直実はただ眺めていました。ようやくその波が収まった頃には、既に三鈴の姿はありませんでした。自分の不甲斐なさに肩を落とす直実。教室には直実ともう一人の女子生徒しか残っていませんでした。その女子がカバンを背負い出て行こうとするのを見た直実は咄嗟に声をかけ、「グループ交換しませんか?」と声をかけました。するとその女子はカバンからスマートフォンを取り出し画面を睨みます。首を傾げながらぎこちない動きで操作しますが、なかなか上手くいかない様子。結局彼女はそれを諦め、紙にペンで何かを書いて「何か用件があればこちらへ」と言って直実に手渡して出て行きました。その紙を見ると、そこには住所が書かれていました。直実はそんな彼女の変わった行動に困惑していました。

 行きつけの図書館で本を借りた帰り道、直実は不思議な光景を目にしました。オレンジ色の靄のようなものが浮かんでおり、待ちゆく人々も立ち止まり騒然としています。すると、その付近から一羽のカラスが飛んできて、直実の目の前まで降りてきました。驚いた直実が本の入っている手提げ袋を落とすと、カラスは一冊の本を咥えて飛んで行ってしまいました。直実は慌ててカラスを追いかけていきます。カラスを追って走っているうちに、いつの間にか直実は伏見稲荷大社へ入っていました。沢山の鳥居を潜りながら進んでいくとカラスは停まっており、なんとか本を取り戻すことができました。すると次の瞬間、直実の周りに突然様々な色の靄が現れぐるぐると回り始めました。何が起きているのか理解できない直実。それが収まり顔を上げると、目の前に白いフードを被った男が立っていました。その男は「少しずれたか」と呟くと、直実の方を向きました。怖くなった直実はその場から走って逃げだしました。するとその男は「待て!」と叫びながら走って追いかけてきました。なんとか振り切った直実でしたが、既に先回りされており話しかけられてしまいました。待ちゆく人は彼を気にしないどころか、彼の体をすり抜けて歩いています。彼の姿は直実にしか見えていないようです。直実が正体を訊ねると彼はフードを取り、「お前は2027年の堅書直実。そして俺は、2037年から来た堅書直実だ」と言いました。

 自宅に帰った直実は10年後の自分から詳しい事情を聞きました。10年後のナオミは直実に驚きの事実を明かします。それは「3ヵ月後に彼女ができる」というものでした。しかもその相手は、図書委員の一行瑠璃。それを聞かされた直実は動揺します。一行と直実は住所のメモを受け取った以来、教室でも話すことはありませんでした。むしろ直実の好みは一行よりも三鈴。とても信じられない直実でしたが、10年後のナオミは更に衝撃的な未来を明かしました。それは、「付き合って初めてのデートで行った花火大会で、一行瑠璃は落雷に遭って亡くなってしまう」という物でした。ナオミはその事故から瑠璃を救い出すためにやってきたと真相を明かしました。翌日から直実は10年後の自分の指示で行動することになったのでした。

 

 

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

最後の最後にどんでん返しが待っていました。字で読むよりも、ぜひ本編をご覧ください。

映画の感想を投稿する

映画「HELLO WORLD」の商品はこちら

IMAGE

HELLO WORLD Blu-ray通常版

Blu-ray > アニメ
東宝
北村匠海(出演),松坂桃李(出演),浜辺美波(出演),福原遥(出演),寿美菜子(出演),釘宮理恵(出演),子安武人(出演),伊藤智彦(監督)

¥4,224
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-25