映画:LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世

「LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

LUPIN the Third -峰不二子という女- vol.2の紹介:2012年放送のテレビアニメ。アニメ『ルパン三世』の放送開始40周年を記念して作られたスピンオフ作品の第1弾の第2巻(全4巻)。深夜の放送にもかかわらず好評を博し、第2弾は次元、第3弾は五ェ門を据えて劇場アニメーション化もされた。

あらすじ動画

LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世の主な出演者

ルパン三世(栗田貫一)、次元大介(小林清志)、峰不二子(沢城みゆき)、銭形警部(山寺宏一)、オスカー警部補(梶裕貴)、ルイス・勇・アルメイダ伯爵(古舘寛治)、梟頭/ミネルバの梟(長克巳、橋本一子)、Dr.フリッツ・カイザー(高岡瓶々)、アイシャ(小林沙苗)、支配人(山野井仁)、ノーラ(東條加那子)、スカルピン(髙階俊嗣)、アイヤーン・マイヤー(深見梨加)、ダレンゾ(仲野裕)、少年(矢島晶子)、老婆(京田尚子)、イゾルテ・ブラッハ(慶長佑香)、アンゼリカ(桑島法子)

LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①第4話…銭形と関係を持った不二子、第5話…ルパンと次元が出会う、第6話…ルパンと不二子が協力。不二子、オスカー警部補の怒りを増幅させる

【起】– LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世のあらすじ1

〝さあ すべてのことをやめ

胸だけをときめかせながら

アタシのことを見つめて

盗むこと それは壊すことでも 奪うことでもない

特別に甘い悪徳

秘密と重罪と 悪戯と恐怖のアマルガム

嵐が丘のヒースクリフのように

盗み続けることは人生を賭けた最高の官能

永遠に出られないセクシーな牢獄

心理的根拠は 不明

誰が奴隷なのか 誰が主人なのか

神が見ているのか 神に見捨てられているのか

盗むことだけが全てを忘れさせ

かすかに思いださせる

しゃべらないで逃げて 逃げないで隠して

見つけたら罰して 罰したら殺して

アタシを救って

でも やわな坊や

アナタからもう盗むものはないの

アナタはとっくに もぬけの殻

このアタシと同じように

だからアタシの事を見つめたいならば

すべてのことをやめ

心臓だけを動かしながらにしなさい〟(『新・嵐が丘』)

〔第4話 歌に生き、恋に生き〕

逮捕された不二子は、銭形警部と関係を持つことで釈放を求めます。

ベッドインを覗く警備員を押しのけたオスカー警部補は、不二子のことをメス豚呼ばわりし、さらに後には痰壺呼ばわりします。

これは銭形警部への思慕の情がなせる、嫉妬の念からでした。

情事が終わった後、銭形警部が出した不二子への釈放の条件は、稀少なマスクをつけた世界的な女性歌手アイヤーン・マイヤーを警護するということでした。

ルパン三世から、アイヤーン・マイヤーの仮面を盗むという予告状を受け取った銭形警部は、敢えて泥棒に泥棒をあてがうことで、防ごうと考えたのです。

アイヤーン・マイヤーは美しい歌声の持ち主で、聞く者はうっとりします。かつて熱狂的なファンに襲われて顔を傷つけられたアイヤーンは、宝石をちりばめた仮面をつけて傷跡を隠していました。

オペラ劇場・ゲルニラ宮の屋上は養蜂場となっており、地下は枯れた地下水道です。

舞台裏を見て回った不二子は、柱に『影に気をつけろ』という用紙が貼られているのを見ました。裏方のスタッフは縁起を担ぐ者が多く、幽霊話が伝わっているのです。

舞台の幕が開きました。銭形警部とオスカー警部補は、観客席から見守ります。

舞台の上で馬が暴走すると、不二子を連れ去りました。馬に化けていたのはルパンです。

ルパンと不二子が舞台裏で話をしている時、舞台では天井からライトが落ちていました。アイヤーンには当たっていませんでしたが目の前に落ちており、オペラ座の怪人の仕業かと皆が噂します。

『トースカは私のもの』という血文字が残されていたため、幽霊の仕業ということになりました。アイヤーンが幽霊を怒らせてしまったのだろうと皆が噂し、急遽、不二子が代役を務めることになります。

代役を務めている最中に、不二子が立っていた場所の装置が降下しました。不二子は驚きますが、代わりにアイヤーンが舞台に出て歌いあげ、何事もなかったかのように舞台は続きます。

不二子の立っていた舞台装置の下に「右から5番目のバミリ(目印を示す舞台用語)に移動しろ」というメモ用紙を見た不二子は、先ほどのライト落下が事故ではなく、仕組まれたものだと知りました。

不二子の代わりに出て来たアイヤーンですが、屋上の蜂がマスクめがけて飛んで来て、思わず払いのけます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4

みんなの感想(1件)

ライターの感想

なんかいろんな意味でびっくりどっきりな巻。
まず…え、不二子って銭形警部と関係持っちゃうの!?
これにノックダウンされた。かなりの衝撃。びっくり。
あれ…振り返るとこのシリーズ、ルパンがいちばん可哀そうな感じ。
次元はもともと不二子のことを悪女と思っているからいいとして、(たぶん)不二子のことをさほど好きでもない銭形に身体を許す!?
そういえば五ェ門もちと不憫だなあ。
それにしても一番不可解なのは今シリーズで出てくるオスカー警部補。このトンデモ設定には驚かされた。

映画の感想を投稿する

映画「LUPINtheThird峰不二子という女vol.2ルパン三世」の商品はこちら

IMAGE

LUPIN the Third 峰不二子という女 BD-BOX [Blu-ray]

Blu-ray > アニメ
バップ
栗田貫一(出演),小林清志(出演),浪川大輔(出演),沢城みゆき(出演),山寺宏一(出演),小池健(デザイン),山本沙代(監督),モンキー・パン…

¥16,560
Amazonで見る
価格・情報の取得:2020-06-20