「LUPINtheThird峰不二子という女vol.4ルパン三世」のネタバレあらすじと結末の感想

LUPIN the Third -峰不二子という女- vol.4の紹介:2012年放送のテレビアニメ。アニメ『ルパン三世』の放送開始40周年を記念して作られたスピンオフ作品の第1弾の最終巻(全4巻)。深夜の放送にもかかわらず好評を博し、第2弾は次元、第3弾は五ェ門を据えて劇場アニメーション化もされた。

予告動画

LUPINtheThird峰不二子という女vol.4ルパン三世の主な出演者

ルパン三世(栗田貫一)、次元大介(小林清志)、峰不二子(沢城みゆき)、銭形警部(山寺宏一)、オスカー警部補(梶裕貴)、ルイス・勇・アルメイダ伯爵(古舘寛治)、梟頭/ミネルバの梟(長克巳、橋本一子)、Dr.フリッツ・カイザー(高岡瓶々)、アイシャ(小林沙苗)

LUPINtheThird峰不二子という女vol.4ルパン三世のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①第10話…ルパンがアルメイダ伯爵やフリッツ博士、グラウコス製薬で起きた事故を知る、第11話…暴走したオスカー警部補が不二子になりすまし罪を重ねる、第12話…不二子と銭形、ルパンと次元の2組(と捕らえられた五ェ門)が不二子の過去を解くため遊園地へ、第13話…不二子の幼少期の記憶はフリッツ博士の娘・アイシャのものだった

【起】- LUPINtheThird峰不二子という女vol.4ルパン三世のあらすじ1

〝さあ すべてのことをやめ
胸だけをときめかせながら
アタシのことを見つめて
盗むこと それは壊すことでも 奪うことでもない
特別に甘い悪徳
秘密と重罪と 悪戯と恐怖のアマルガム
嵐が丘のヒースクリフのように
盗み続けることは人生を賭けた最高の官能
永遠に出られないセクシーな牢獄
心理的根拠は 不明
誰が奴隷なのか 誰が主人なのか
神が見ているのか 神に見捨てられているのか
盗むことだけが全てを忘れさせ
かすかに思いださせる
しゃべらないで逃げて 逃げないで隠して
見つけたら罰して 罰したら殺して
アタシを救って
でも やわな坊や
アナタからもう盗むものはないの
アナタはとっくに もぬけの殻
このアタシと同じように
だからアタシの事を見つめたいならば
すべてのことをやめ
心臓だけを動かしながらにしなさい〟(『新・嵐が丘』)


〔第10話 死んだ街〕
蝶が飛び、ルパンが「峰不二子」と言いながら起きると、そこは実験室でした。
「人体実験でもしてたっていうのか」ものものしい実験室を見ながらルパンは言います。
外へ出ると、マネキンのようなパーツがいくつも転がっていました。
「フロイライン・オイレ…」ルパンは呟きました。この時はまだ悪夢の始まりにすぎなかったのです。

以前、ルパンは峰不二子に、不二子を盗むという予告状を出しました(第1話『大泥棒VS女怪盗』参照)。
ある夜、フクロウの顔をした人物がルパンの元へ現れて、「峰不二子を盗んできてほしい」と頼みます。ルパンは依頼は関係なく、出来心でも欲でもなく不二子は自分のペースで盗むと言います。
フクロウがしゃべる声は、カセットテープに録音されたものでした。
逃げるフクロウにルパンは発信器をつけます。

銭形警部とオスカー警部補は飛行機を降り、アルメイダ伯爵の館へ向かいました。
数か月前、銭形警部はルイス・勇・アルメイダ伯爵とフロイライン・オイレ教団とを結びつける線を発見していました。
その裏には13年前に起きた、グラウコス製薬会社の事故も関係しています。

…かつて、グラウコス製薬会社では、フリッツ・カイザー博士が研究所にこもって研究をしていました。そこで開発されたのが、フロイライン・オイレという、脳に快楽物質をもたらす薬です。
グラウコス製薬会社のオーナーであるルイス・勇・アルメイダ伯爵は、裏の顔もありました。医療マフィアです。
資金源を得るためにフロイライン・オイレ教団を立ちあげさせたのも、アルメイダ伯爵でした。

そうして潤沢な資金を得たアルメイダ伯爵は、禁断の「人体実験」を行ないます。
人体実験として集められたのは、幼い美少女ばかりでした。その美少女にさまざまな実験を施します。
精神的苦痛を与えたり、肉体的な苦痛を与えたりして、その反応をみました。
アルメイダ伯爵は小児性愛者でもあり、美少女に性的ないたずらもしていました。
フリッツ・カイザー博士は、アルメイダ伯爵の研究の手伝いをしており、ある時、乞われて自分の娘(ドーター)も提供していました。同じ科学者の妻も、フリッツが自分の娘を差し出したことに文句を言わず、従います。
13年前、唐突にそのグラウコス製薬会社で事故が起きました。薬物が流出したのです。
危険ということで街ごと閉鎖され、以後13年間、街は死んだままです。

銭形警部は以前から、グラウコス製薬会社の人体実験についての疑惑を持ち続け、ひそかに捜査していました。
ところがそれも、事故による街の封鎖により、証拠が消えてしまいます。
銭形警部は「この事件(ヤマ)は自分だけが関わる」と言って、オスカー警部補の同行を拒否しました。前の失敗(第8話『命日』参照)できつく食い下がれないオスカー警部補は、黙って唇を噛みしめます…。
銭形警部を強く思慕していたオスカー警部補は、徐々にその強い思いが憎悪に変化してきていました。

銭形警部同様、ルパンもアルメイダ伯爵の元へ辿り着いていました。アルメイダ伯爵の寝ている天蓋ベッドに忍び寄ります。
ところがそこに横たわっていたのは、からくり人形でした。背後にまだ何かあると思います。

フリッツ博士が研究していたフロイライン・オイレは、元はある植物から抽出した薬物で、水溶性の幻覚剤でした。教団でも使われていた、あの麻薬です。
その幻覚剤には「人の顔がフクロウに見える」という効能がありました。そもそも、フロイライン・オイレとは「フクロウのお嬢さん」を意味するドイツ語です。

【承】- LUPINtheThird峰不二子という女vol.4ルパン三世のあらすじ2

アルメイダ伯爵の屋敷に忍び込み、フロイライン・オイレの幻覚剤を吸ったルパンは、フリッツ博士が登場する幻覚を見ます。
アルメイダ伯爵やフリッツ博士の幻覚を見たルパンは、不二子がアルメイダ伯爵らの人体実験に使われていたことを知ります。
さらに幼少期の不二子の幻覚が現れ、「元の世界(正気)に戻るにはアタシを捕まえないとならない」と言われました。
幼い不二子と追いかけっこをするルパンは、容易には幻覚から抜け出せないと考えます。
痛みこそが現実に繋がる糸だと気づいたルパンは、幻覚の幼い不二子に手を噛ませました。
ルパンは目覚めます。
銭形警部は、不二子を追うことでルパンに辿り着けると考えていました。


〔第11話 愚か者の祭〕
「それは全てちっぽけなものだった」
…オスカー警部補と銭形警部の出会いは、まだオスカーが幼い頃のことでした。
貧しい暮らしのオスカー少年は、ある時橋の上でチンピラの少年たちと1フランをめぐって喧嘩になります。
オスカーは1フランに固執し、橋から落ちる硬貨に手を伸ばして川へ落ちました。そこを助けてくれたのが銭形警部です。
それ以来、銭形警部はオスカー警部補の憧れの存在となりました。「黒い宝石」とあがめ、自分のものにしたいと思いながら、オスカー警部補は銭形警部のそばに仕えます(同性愛)。
ところが銭形警部はどうあがいても自分のものにならず、かと思えば峰不二子というあばずれな女性と関係を持ち、自身の失敗で株を落としたオスカー警部補は、精神的に追いつめられていきます。
行き場のない思いだけが暴走していきました…。

ルパンの予告状に似せた峰不二子の予告状が出回り、不二子の盗みが連続して起こります。
盗まれるのはいずれも、下品な宝石ばかりでした。
マルセーヌ美術館に保管されているラングレー公爵のティアラが盗まれた時、銭形警部は「警察内部の犯行だ」と見抜きます。
犯行現場には毎回、不二子の指紋や髪が残されており、それも不自然でした。ルパンも銭形警部と同じ結論に至ります。

ルパンと銭形警部の読みは当たっていました。犯行を行なっていたのは、オスカー警部補です。
銭形警部への思いをこじらせたオスカー警部補は、不二子になりすますことで銭形警部の関心を買おうとしていました。
それでも銭形警部が不二子の犯行に興味を示さないので(銭形警部は上記のとおり、内部の犯行だと気づいていたわけだが)、「不二子が殺人でも犯せば、銭形警部の気持ちも変わるのではないか」と思い、追ってきた警官を殺します。
そんな折、オスカー警部補にフクロウの顔をした人物が接触し、「あなたに手を貸しましょう」と言います。
真意を測りかねたオスカー警部補に、フクロウの人物は痛いところを突きます。

「本当に銭形警部に追われたいのならば、ルパンに変装すればいい」…そのとおりなのです。
しかしそれをしないのは…「いつか峰不二子が銭形警部から受けた、あの取り調べを受けたいのだ(第4話『歌に生き、恋に生き』参照)」…図星です。
オスカーは銭形警部と肉体関係になりたいのです(繰り返すが同性愛…)。
暴走を続けるオスカー警部補は、終末に行なわれる革命祭のパレードで披露される、花嫁のドレスを盗むという犯行予告を、不二子のサインで出しました。
そしてパレード会場に爆弾を仕掛けます。

革命祭の日、銭形警部はオスカー警部補に昔話をしました。
昔、自分が見た少年は、ちっぽけかもしれないけれども大事なものを守り、橋から落ちたこと。
銭形警部は感銘を受け、自分の誇りを守ることが大事だと思わせられたこと…。
それを聞いたオスカー警部補は、自分の思いが銭形警部に届いていたと知ります。
そして最後の自分の誇りを守るため、仕掛けた爆弾を抱いて川に飛び込みました。

【転】- LUPINtheThird峰不二子という女vol.4ルパン三世のあらすじ3

本物の不二子は…。
五ェ門にバス停で会った後(第9話『湯けむり慕情』ラスト)、五ェ門に連れられて、別荘にかくまわれていました。
五ェ門がなぜ自分を助けるのか分からない不二子は、肉体が欲しいのかと迫ってみますが、五ェ門はなびきません。
不二子(厳密には偽不二子でオスカー警部補)が盗みをするラジオニュースを聞いた不二子は、「峰不二子を殺さなきゃ」と、追いつめられます。


〔第12話 峰不二子という女(前篇)〕
不二子はまた幼少期の夢を見ていました。誕生日プレゼントでくまのぬいぐるみをもらい、「悪いことをしたら、大切なものは焼かれる」と言われる夢です。

世界各地で少女連続誘拐事件が発生しました。
すべての事件に共通するのは「その少女の部屋に、フクロウにまつわるオブジェが置かれていた」というものです。
街で不二子を見かけた銭形警部は、手錠をかけました。オスカーの遺体はあがらなかったそうです。
不二子は、銭形警部と手を組むことにしました。

銭形警部と不二子は手がかりとなるグラウコスパークという遊園地へ行きます。
2人は「不二子の館」に入ってみました。
水上ボートに乗ると、そこには死んだ街からスタートし、不二子の誕生からの「物語」が描かれていました。UFOキャッチャーで吊りあげられる美少女の人形、実験室での人体実験…自分の過去を見せられた不二子は、動揺します。
人形相手に銃撃を開始した不二子を銭形警部が止めますが、途中から現れたニセ不二子を銭形警部が捕まえると、不二子を先に行かせました。
銭形警部が捕まえたのは、オスカー警部補です。

ルパンと次元もグラウコスパークへ向かいました。次元は嫌がりましたが、ルパンが説き伏せて同行させます。
グラウコス製薬会社の隠れ蓑としてフロイライン・オイレ教団があったと次元に話したルパンは、峰不二子は「自分の物語を奪われた女なのだ」と説明しました。万華鏡女(第9話『湯けむり慕情』)の時に、ちらっと触れていた内容です。
ルパンは真相に近づいていました。
買ったソフトクリームにダンゴムシがまじっているのを見て捨てたルパンは、話し続けます。
アルメイダ伯爵が不二子を常に監視し続けていたこと、そして不二子の物語をより面白くするために、3人の男の登場人物が選ばれたこと…。
「その1人が俺だっていうのか」という次元の問いに、ルパンは否定しませんでした。
アルメイダ伯爵がずっと不二子を見張っており、いずれ連れ戻すためにルパン、次元、五ェ門を登場させた…ということなのです。

その時、ルパンは気づきました。先日、シトトという占い師(第8話『命日』)に聞いた不二子の命日が「3か月後の15日」で、それはまさしく今日なのです。

五ェ門はフクロウの顔をした集団に捕らえられていましたが、実験室で目覚めると、不二子の姿にされかけていました。
慌てて部屋を出た五ェ門は、カメラのある部屋で電源を斬ります。遊園地は停電を起こしました。
銭形警部がオスカーをねじふせている間に、不二子は奥の部屋に行きます。
そこからは「ひざの上にお乗り。言うことをきかないと。悪いことをしたら、大切なものは焼かれる」という声が聞こえます。
不二子はそれに対し「赦して、パパ」と答えました。

(注:説明しにくかったのでここでまとめますが、この回は遊園地の係員がすべてフクロウの顔をした人物であり、「みんなフロイライン・オイレをかがされており、そのために幻覚を見ている」というふうに捉えることも可能になっています)


〔第13話 峰不二子という女(後篇)〕
そこへ「違うだろ、不二子」というマイクを通したルパンの声が聞こえます。
はっと正気に戻った不二子は、「私が殺すのは私じゃない」と思い、父と呼んでいた椅子に座った男へ発砲しました。マスクが飛び、ミイラの顔が現れます。

【結】- LUPINtheThird峰不二子という女vol.4ルパン三世のあらすじ4

幼少期の不二子の夢では、かかとに父につけられたやけどの跡があったはずなのですが、現実の不二子のかかとには、傷ひとつありません。
監視されていない部屋が、カメラの中にはありました。
そこに目当ての「真の黒幕」がいると気づいた不二子は、その部屋に向かいます。ルパンもあとを追います。
次元が幻覚剤を吸ってしまい、五ェ門を敵だとみなして撃ち始めました。2人はそのまま互角の勝負を展開します。
オスカー警部補は銭形警部にタックルして引き留め、五ェ門が不二子の行く手にはだかる敵を倒しました。
謎の部屋に辿り着いた不二子に追いついたルパンが、壁の活字で階段を作ってのぼります。
そこには…フリッツ博士の娘であり、アルメイダ伯爵が固執した少女・アイシャがいました。

アルメイダ伯爵は数多くの美少女の人体実験を施しましたが、特に気に入ったのはフリッツ博士の娘・アイシャでした。アルメイダ伯爵は自分のことを「父」と呼ぶように仕向け(アイシャの本当の父はフリッツ博士)、何度も性的虐待を加えていました。
アルメイダ伯爵の執着は続きます。そのうちに、ほかの美少女に加えた人体実験で、好ましい反応がみられたものをアイシャに施しました。それは、自分だけの聖なる少女にするためです。
ところがアイシャは度重なる意識障害を起こすようになり、寝たきりになってしまいました。顔も老婆のようにしわしわになります。
やがて、アルメイダ伯爵が亡くなりました。
アルメイダ伯爵の執事だったのは、フクロウの仮面をかぶり「ミネルバ」と名乗る人物でしたが、それはアイシャの実の母でした(フリッツ博士の妻でもある)。
アイシャに背負わせたものの重さに耐えかねた母は、母であることを黙っていました。

アルメイダ伯爵の死後、アイシャはその実験を引き継ぎます。つまり、今度は自分が他の美少女たちに記憶を植え付けて、実験対象としたのです。
ところが実験を施して解放すると、いままでの被験者はみな発狂するか自殺するかでした。アイシャは不満に思います。
ある時、フロイライン・オイレの秘密を探るために、怪盗の不二子が潜入しました。
アイシャは次なる被験者として、大人である不二子を捕らえて施術しました。
つまり、今まで不二子が見ていた「幼少期の自分の記憶」は、すべて「アイシャの記憶」だったのです。

不二子だけは解放後、発狂も自殺もしませんでした。
アイシャは監視を続け、自由奔放に生きる不二子を見るのが楽しみになります。
ところがひとつ大きな不満がありました。幼少期のアイシャの記憶を、不二子は思い出さないよう封印している節がありました。
それはすなわち、自分(アイシャ)の存在意義を否定することになります。
その点を憎く思ったアイシャは、不二子にその記憶をわざと思い出させるように工作したのです。

すっかり自分を取り戻した不二子は、アイシャの母親に銃を向けました。アイシャも執事のミネルバが自分の実の母と知り、衝撃を受けます。
ミネルバは、自分が母らしきことを一切してやれなかったことを悔やみ、不二子にアイシャを託しました。不二子はアイシャを連れて外へ出ます。
ルパンと不二子はアイシャを車で連れ出して、海へ行きました。浜辺にアイシャを座らせると、「これが世界よ」と言って不二子は海に入ります。
その自由奔放な不二子の姿を見ながら、ひっそりとアイシャは息を引き取りました。
ルパンは酷なことをしたのではないかと指摘しますが、不二子は「自由を与えてあげたのよ」と言います。
すっかり自分を取り戻した不二子はバイクに乗り、車を運転するルパンに自分を盗むのではなかったのかと話しかけました。ルパンは「今日のお前はセンチだ。俺が欲しいのは退屈を埋めてくれるクレイジーなお前さ」と答えます。
バイクで先を行く不二子の尻を見たルパンは、それでもやっぱり口説こうかと思いました。
それを見越していた不二子は車のネジを抜いていました。ルパンの乗っていた車は壊れ、追跡不能になります。

遊園地に残されたメンバーはというと。
銭形警部と対峙していたオスカー警部補は、「悪い子は燃やさなければ」と言って遊園地にタンクローリーで乗りつけ、火を放ちます。オスカーは燃える遊園地を見ながら涙を流しました。
五ェ門と次元は朝まで戦いますが、遊園地が焼けたので休戦し、それぞれ立ち去ります。

(エンドロール)燃え尽きてがれきと化した遊園地。
銭形警部はその遊園地で現場検証。
五ェ門は船に乗り釣りをしている。
車道をとぼとぼと歩くルパンを、トラックに乗った次元が回収する。
上空を見上げたルパンは、飛行機に乗って去る不二子を見た。

みんなの感想

ライターの感想

ばばばーっと駆け足でストーリーが展開される第4弾。
正直、この巻だけでかなり情報量が多い。
序盤の、各々のキャラクターとの出会いのシーンなんて、ぬるいもんだったのだなと思う。
しかし正直、詰め込み過ぎな感じがする。だから最終回など、大事なシーンはぜんぶルパンが解説しちゃってる、科白で。
せっかく今までは意味深長な「見せ方」をしていたのだから、最終回までそれをやり遂げてほしかった。
とはいうものの、今までにない大人のムードのシリーズ、私は好きだった。
惜しむらくは…五ェ門、女装で終わるなんて可哀そう…。あとオスカー警部補、すごく強烈なキャラだった!

映画の感想を投稿する

映画「LUPINtheThird峰不二子という女vol.4ルパン三世」の商品はこちら