映画:Mrインクレディブル

「Mrインクレディブル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

Mr.インクレディブルの紹介:ピクサーが製作し、ディズニーが配給した2004年のCGアニメーション作品。『アイアン・ジャイアント』『レミーのおいしいレストラン』で監督を務めたブラッド・バードが監督・脚本を担当した。それまでオモチャや昆虫などを主人公にしてきたピクサー社が、はじめて人間のキャラクターを主役にした作品でもある。スーパーヒーローを題材に、ヒーローと社会の関わり合いといった社会的な問題に家族の絆という普遍的なテーマを絡め、子供から大人まで幅広く楽しめる娯楽作としてまとまっている。2004年度のアカデミー長編アニメ映画賞や、アニー賞の全10部門、第31回のサターン賞アニメ映画賞など各種の栄冠に輝き、興行的にも大成功を記録した。パート2の企画も進行中で2017年の公開が予定されている。

あらすじ動画

Mrインクレディブルの主な出演者

Mr. インクレディブル/ボブ・パー(クレイグ・T・ネルソン/三浦友和)、イラスティガール/ヘレン・パー(ホリー・ハンター/黒木瞳)、シンドローム/バディ・パイン(ジェイソン・リー/宮迫博之)、ヴァイオレット・パー(サラ・ヴォーウェル/綾瀬はるか)、ダッシュ・パー(スペンサー・フォックス/海鋒拓也)、フロゾン/ルシアス・ベスト(サミュエル・L・ジャクソン/斎藤志郎)、エドナ・モード(ブラッド・バード/後藤哲夫)

Mrインクレディブルのネタバレあらすじ

【起】– Mrインクレディブルのあらすじ1

Mrインクレディブルのシーン1

画像引用元:YouTube / Mrインクレディブルトレーラー映像

スーパーヒーローのインクレティブルやイラスティガールは、人々のために悪と戦ったり人命救助に奔走したりと忙しい日々を送っていましたが、その際に発生した被害が次第に問題視されるようになり、政府は彼らや他のスーパーヒーローたちを引退させることと引き換えにその罪を免除する法律を制定しました。ヒーローたちは正体を隠し、一般人として生きるようになったのです。

インクレティブルもイラスティガールと結婚し、いまでは普通の会社員ボブ・パーとして保険会社で接客担当として勤務しています。しかし彼は困っている人を見捨てられず、会社の利益を後回しにするため、いつも上司に小言をいわれていました。いつもボブはそうやって上司と問題を起こし、たびたび政府の役人による隠蔽工作によって引っ越しと転職をしていたのです。

それでもボブはヒーローだった頃を忘れられず、同じようにかつてスーパーヒーロー・フロゾンと名乗っていたルシアスとともに、夜中にこっそりと人助けをしていました。

二人の子供、ヴァイオレットとダッシュも両親からスーパーパワーを受け継いでいましたが、その能力を日常で発揮できずに鬱屈しています。

今では主婦となったイラスティガールことヘレンも、子供たちに振り回されてストレスのたまる日々を送っていました。

ただ一人、末っ子のジャックだけはスーパーパワーがないと思われていましたが……。

そんなある日、上司から小言をいわれていたボブは、会社の窓から路上強盗に気づきます。捕まえに行こうとしたものの、上司はそれを許さず、ついついボブは暴力をふるってしまいました。事件は政府の役人によってもみ消されたものの、会社はクビになってしまいます。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「Mrインクレディブル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×