映画:Mrインクレディブル

「Mrインクレディブル」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

【承】– Mrインクレディブルのあらすじ2

Mrインクレディブルのシーン2

画像引用元:YouTube / Mrインクレディブルトレーラー映像

落ち込むボブに謎の女性ミラージュが近づき、スーパーヒーローとして力を貸すよう頼まれます。与えられた任務は、秘密裏に開発されていた戦闘用ロボットの捕獲というものですが、ボブは高額の報酬とスーパーヒーローらしい活躍ができることに二つ返事で引きうけました。

南の島で戦闘用ロボットと対決したボブは思う存分スーパーパワーを発揮してこれを撃破に成功。任務を見事に達成します。

久々にヒーローとして活躍できたことで上機嫌のボブは、家庭でも良き父親として振る舞いつつ、さらなるヒーロー活動のために鍛錬をはじめました。

ヒーロー用のスーツが破れたことで、ヒーロースーツの開発者エドナ・モードに新たなスーツを作ってもらいます。

そして再びミラージュか依頼が来ます。任務は同じような戦闘ロボとの対決ですが、実はそれは罠でした。黒幕は、かつてインクレティブルのファンだった天才発明家の少年バディです。彼はインクレティブルがヒーロー活動をしていた当時、相棒になろうとして押しかけたものの断られたことを逆恨みして悪の道へ走っていました。そしてスーパーヒーローを無用にするための超兵器を開発していたのです。

今はシンドロームと名乗っているバディは、兵器のテストのためにスーパーヒーローたちを集め、次々と抹殺していたのでした。

ボブはその陰謀に気づいたものの、捕らえられてしまいます。

その頃、ボディースーツのほころびをきっかけに夫がヒーロー活動を再開したと気づいたヘレンは、エドナのもとを訪れます。エドナはヘレンや子供たちの分のスーツを作成していた上、それらすべてに発信器まで取り付けていました。当然、ボブのスーツも例外ではありません。

ヘレンは昔のツテでジェット機を調達すると、信号をもとにボブのもとへと向かいます。しかしその飛行機にはヴァイオレットとダッシュがついてきていました。

次のページで起承転結の「転」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「Mrインクレディブル」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

×