映画:ONEPIECEねじまき島の冒険

「ONEPIECEねじまき島の冒険」のネタバレあらすじと結末

アニメ映画

ONE PIECE ねじまき島の冒険の紹介:「ONE PIECE」の映画第2弾です。サンジは本作で初めて劇場版に登場します。麦わらの一味全員の戦いが描かれているのが特徴です。さらにバロックワークスの船やパンダマンが登場したりなど、あちこちに小ネタが散りばめられています。いろいろと探してみるのも楽しいかもしれません。さらにエンディングでは映画に登場していないキャラも出てくるなど、豪華なラインナップになっています。

あらすじ動画

ONEPIECEねじまき島の冒険の主な出演者

モンキー・D・ルフィ(田中真弓)、ロロノア・ゾロ(中井和哉)、ナミ(岡村明美)、ウソップ(山口勝平)、サンジ(平田広明)、ボロード(堀内賢雄)、アキース(矢島晶子)、ベアキング(玄田哲章)

ONEPIECEねじまき島の冒険のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ONEPIECEねじまき島の冒険のあらすじ1

ONEPIECEねじまき島の冒険のシーン1 ルフィやサンジ、ゾロ、ウソップ、ナミの5人は冒険の合間を縫って、とある島でバカンスを味わっていました。島でのバカンスを思う存分楽しんでいた麦わらの一味でしたが、なんと気づかぬうちにゴーイングメリー号を正体不明の何者かに盗まれてしまったのです。
彼らが気づいたときにはゴーイングメリー号ははるか遠くの海を漂っていました。ゴムゴム人間であるルフィが慌てて腕を伸ばすもときすでに遅く、後一歩というところで届きませんでした。
船にはゾロの刀やナミの海図、ウソップのパチンコなど、冒険に必要なありとあらゆるものが積んでありました。
麦わらの一味は大事なゴーイングメリー号を取り戻すため、小さな船を借りて、後を追いかけます。ですがゴーイングメリー号を見つけることはできず、一行は途方に暮れました。
そんな中、麦わらの一味は海で子供が溺れているところに遭遇します。慌ててサンジが飛び込み、子供を救出しました。
ところが子供は本当は溺れておらず、船をおびき寄せるための罠だったのです。子供の名前はアキースと言い、兄のボロード共々泥棒兄弟として名を馳せていました。
油断していたルフィたちはあっさりと捕まってしまいます。泥棒兄弟は身包みを剥がそうとしますが、ルフィたちが何も持っていないことを知ると、ショックを受けながらも解放します。そのうえ泥棒兄弟は、ルフィたちが探しているゴーイングメリー号を見たという情報まで教えてくれたのです。

【承】- ONEPIECEねじまき島の冒険のあらすじ2

ONEPIECEねじまき島の冒険のシーン2 泥棒兄弟がゴーイングメリー号を見たという場所は、海賊のアジトである城でした。その海賊はトランプ海賊団と言います。トランプ海賊団の幹部は5人兄弟で、周辺の海域を根城に大暴れしている悪名高き集団でした。
麦わらの一味は泥棒兄弟の情報をもとに城へ行こうとしますが、その前に件のトランプ海賊団がやってきたのです。トランプ5兄弟のブージャックとハニークイーンの2人は、ルフィたちの小さな船を爆破してナミを誘拐します。仲間を奪われたことに怒りを隠しきれない麦わらの一味はゴーイングメリー号とナミを奪還するため、トランプ海賊団の拠点である城へと向かいます。
そんなルフィたちに泥棒兄弟がついてきました。泥棒兄弟はトランプ海賊団の城にあるダイヤモンドクロックと呼ばれる時計を盗むつもりだったのです。この時計は世界一高価な時計と言われていました。それを盗むことで、泥棒兄弟は世界一の大泥棒として名を馳せようとしていたのです。
麦わらの一味と泥棒兄弟、どちらもトランプ海賊団の城に用があります。そのため彼らは組むことにしました。
トランプ海賊団の城があるねじまき島は世界的にも珍しいとされる人工の島です。ねじまき島という名前のとおり、ねじが巻いているような螺旋階段が天高くまで伸びています。その高さは雲を突き抜けるほどでした。この螺旋階段には様々な罠が仕掛けられていて、侵入者を阻む道となっています。ねじまき島はまさに侵入者を阻む要塞でした。

【転】- ONEPIECEねじまき島の冒険のあらすじ3

ONEPIECEねじまき島の冒険のシーン3 ねじまき島にたどり着いた麦わらの一味と泥棒兄弟は螺旋階段を登り始めます。螺旋階段には数多の罠が仕掛けられていましたが、数多くの冒険を経てきた麦わらの一味にとってはたいした障害ではありませんでした。
軽々と罠を潜り抜け、彼らはようやく頂上へとたどり着きます。頂上にはねじまき島唯一の町とトランプ海賊団の城がありました。
麦わらの一味はトランプ海賊団の城の屋上に、ゴーイングメリー号の姿を発見します。泥棒兄弟もダイヤモンドクロックが、城の壁に設置されていることに気づきました。
彼らはそれぞれの目的を果たすため、城へと乗り込もうとします。ですが町の人々に止められてしまいました。
いわく「城に入ると危険だ。命を落とす」ということでした。しかし仲間を取り戻したいルフィたちは警告には耳を貸さず、町の住民を振り切って、城へ向かって走り出しました。
するとまたもやブージャックとハニークイーンが襲撃を仕掛けてきて、今度はサンジが敵の手に落ちてしまいます。
それでもなんとか敵の攻撃をかいくぐり、城へと入った麦わらの一味でしたが、スカンクワンの攻撃から仲間を守るため、犠牲となったウソップも奪われてしまいます。
仲間の犠牲にショックを受けつつ進んでいくルフィたちでしたが、吊り天井のトラップにかかり、足止めされてしまいます、ルフィとゾロは必死で天井を支えますが、ボロードはアキースを安全圏に置いて、1人で城の奥へと進んでいきました。

【結】- ONEPIECEねじまき島の冒険のあらすじ4

ONEPIECEねじまき島の冒険のシーン2 なんと驚くべきことに、ゴーイングメリー号を盗んだ真犯人はボロードだったのです。ボロードは海で拾ったアキースを実の弟のように思っていました。
実はアキースの故郷はねじまき島で、ボロードは島の住民をトランプ海賊団の支配から解放しようともくろんでいたのです。そうしてアキースを両親のもとへ返してやろうとしていました。ゴーイングメリー号を盗んだのはルフィたちにトランプ海賊団を倒してもらうためです。

一方吊り天井の罠にかかっていたルフィとゾロのもとにビンジョーカーというトランプ兄弟の1人がやってきます。ビンジョーカーの毒針を受けたゾロは重傷を負い、敵にさらわれてしまいました。
残るはルフィだけとなってしまいましたが、動くこともできない有様です。そこへ爆弾を全身に巻いたボロードがやってきて、城ごと爆破する計画を話します。
ところがトランプ海賊団のボスであるベアキングから城を壊せば島も崩壊すると言われ、隙を見せてしまいます。ボロードを助けるためアキースが割って入りますが、敵うはずもありません。
しかし泥棒兄弟のおかげで時間を稼ぐことができ、ルフィは罠の脱出に成功します。他の仲間も復活し、トランプ海賊団との全面対決が幕を開けました。

盗まれた靴を取り戻したサンジはブージャックを怒涛の連続蹴りで、刀を取り返したゾロはビンジョーカーを剣術で、ウソップは火炎星でスカンクワンを、ナミはハニークイーンを瓶詰めにして倒しました。
ルフィはカチカチの実の能力者であるベアキングに苦戦しますが、力を振り絞って倒すことに成功します。
ですが城の主軸を壊してしまい、ねじまき島は崩壊しました。町の人々はパラシュートをつけていたため、無事でした。
アキースの両親も見つかります。両親は町長夫妻で、トランプ海賊団の手から子供を守るため、海に流していたのです。

すべての戦いを終え、麦わらの一味は海へと出発しました。ボロードも1人、海へと出ます。ですがこっそりとアキースがついてきていたのです。アキースは両親との暮らしよりも、ボロードとの冒険を選んだのでした。

みんなの感想

ライターの感想

麦わらの一味全員の活躍が描かれているのが良かったです。やはり全員に見せ場がないと物足りませんよね。そういう意味では最高だったと思います。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ONEPIECEねじまき島の冒険」の商品はこちら