映画:ONEPIECEFILMZ

「ONEPIECEFILMZ」のネタバレあらすじと結末

ONE PIECE FILM Zの紹介:「ONE PIECE」の映画シリーズ第12弾となります。映画シリーズとしては初となる「新世界編」を舞台とした物語です。時系列としては「魚人島編」の後となります。原作者の尾田栄一郎氏が総合プロデューサーを務めており、脚本は鈴木おさむ氏です。鈴木氏は「ONE PIECE」のファンであることを公言しており、原作と密接に関連したストーリーを作りたいという考えから本作のような物語になったそうです。

あらすじ動画

ONEPIECEFILMZの主な出演者

モンキー・D・ルフィ(田中真弓)、ロロノア・ゾロ(中井和哉)、ナミ(岡村明美)、ウソップ(山口勝平)、サンジ(平田広明)、トニートニー・チョッパー(大谷育江)、ニコ・ロビン(山口由里子)、フランキー(矢尾一樹)、ブルック(チョー)、ゼット(大塚芳忠)、アイン(篠原涼子)、ビンズ(香川照之)、クザン(子安武人)

ONEPIECEFILMZのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

【起】- ONEPIECEFILMZのあらすじ1

ONEPIECEFILMZのシーン1 新世界ファウス島の海軍基地がZという男に襲われました。ZはNEO海軍という組織を率いており、アインとビンズの部下を連れ、海軍基地にあるダイナ岩を奪いに来たのです。
ダイナ岩は古代兵器並みの破壊力を有していると言われるほどのもので、起動させれば大爆発を起こすことができます。
Zはダイナ岩を奪うことに成功しましたが、海軍大将の黄猿と戦うことになり、やむなく起動させることにします。ダイナ岩の爆発はファウス島の大噴火を引き起こし、島は海へと沈んでいきました。

一方、新世界を冒険していた麦わらの一味は火山灰にさらされ、ログポースの指針が狂ってしまいます。ログポースが狂った理由は指針が示すファウス島は大噴火で消えてしまったからです。
ナミは逃げようとしますが、ルフィは興味を抱いてしまい、ファウス島へと向かうことになります。その道中、ルフィたちは意識を失い漂っているZを見つけます。Zの右腕には海楼石による武器があったため危険な相手だということはすぐに分かりましたが、医者であるチョッパーは放っておくことができず、助けることになります。
介抱の甲斐あってZは目覚め、最初は自分を助けてくれたルフィたちと楽しそうに会話をしていました。ところがルフィたちが海賊と分かるや否や豹変し、彼らに襲い掛かったのです。そのうえZの部下であるアインとビンズという2人の悪魔の実の能力者も現れ、ルフィたちは絶体絶命のピンチに陥ります。
ルフィたちはこのままではまずいと悟り、サウザンドサニー号の力を使って、なんとか逃げ出すことに成功しました。

【承】- ONEPIECEFILMZのあらすじ2

ONEPIECEFILMZのシーン2 ルフィたちがZと戦っていた頃、海軍本部で会議が行われていました。ダイナ岩を奪ったZについて話し合っていたのです。
新元帥のサカズキはZとNEO海軍を倒すようにと命じます。

一方、Zから逃げたルフィたちは温泉地のある島にやってきました。この島にはZに敗れた海賊たちが多数集結していたのです。海賊たちはZの圧倒的な強さに恐れおののき、誰もが新世界の先へ行く自信を無くしていました。
ルフィたちはアインのモドモドの実で子供に戻ってしまったナミ、ロビン、ブルック、チョッパーを元に戻すため、彼らからについての情報を集めます。なんとZはかつて海軍大将を務めた人物だったのです。赤犬や青雉、黄猿らと並ぶ実力者であったZは海軍を抜け、現在はNEO海軍を組織しています。このNEO海軍は猛者が集う海軍でさえ手に負えないほどの力を有していました。彼らNEO海軍の目的はただ1つ、世界中の海賊を根絶やしにすることです。
そんな彼らの前に海軍元大将の青雉クザンが現れました。クザンはルフィたちを待っており、Zが島にいることやその目的を伝えます。Zはこの島もダイナ岩で壊そうとしていたのです。
Zを止めるため、ルフィは再び戦いを挑みました。しかし海楼石の弾丸を撃たれ負けてしまい、大事な麦わら帽子まで奪われます。
島は無残にもダイナ岩で爆破され、木っ端みじんに散ってしまいます。ルフィたちは島が爆発する寸前にクザンに助け出されていたため、爆破に巻き込まれずに済みました。

【転】- ONEPIECEFILMZのあらすじ3

ONEPIECEFILMZのシーン3 海軍元大将だったZはかつては正義感に溢れた人物でした。正義のために戦っていたZが変わったのは、家族が海賊に殺されたからです。この事件をきっかけにZは大将を辞め、海軍大将として赤犬や青雉、黄猿を育てました。
そんなある日の事、Zは新兵と共にいたとき、悪魔の実の能力者である海賊の襲撃を受けました。このときにZは右腕を失い、アインとビンズを残して、他の新兵は死んでしまったのです。
その後、新兵を殺した海賊が王下七武海になったことを知り、海軍の正義を見限ったZはNEO海軍を作ったのです。

海賊に対する執念を燃やすZを止めるため、今現在、麦わらの一味や海軍など、様々な勢力が動き出しています。その1人であるクザンはZと再会を果たし、その会話の中で自分では止められないと悟ります。クザンは麦わらの一味に希望を託し、Zの計画を教え、彼が行くであろうピリオ島を示す永久指針を渡します。

Zはダイナ岩を使って、新世界にある巨大な3つの火山を破壊することを目的としていました。この3つの火山が破壊されれば新世界は崩壊するとされています。つまりZは新世界ごと海賊を葬るつもりなのです。それは海賊以外の市民も犠牲になることを意味していました。

Zの計画を知ったルフィは新世界を守るためではなく、ナミたちの年齢と麦わら帽子を取り返すために行くと言います。Zと戦うための準備を整え、ルフィたちはNEO海軍との最終決戦の地であるピリオ島へと向かいました。

【結】- ONEPIECEFILMZのあらすじ4

ONEPIECEFILMZのシーン2 ピリオ島へとやって来たルフィたちはNEO海軍相手に挑みかかりました。ゾロはモドモドの実の能力者アインと、サンジはモサモサの実の使い手ビンズと激闘を繰り広げます。年齢を奪われたナミたちもNEO海軍の兵士と戦っていました。ゾロとサンジはアインとビンズに勝利し、ナミたちは元の年齢へと戻ります。

ルフィはZと3回目の戦いを行っていました。激しい戦いの最中、ルフィはZの武器であるバトル・スマッシャーを壊すことに成功します。
Zは海軍大将時代、黒腕と呼ばれ恐れられた武装色の覇気を身にまとい、ルフィも負けじと武装色の覇気を使いました。2人の壮絶な殴り合いは続き、ゼットは年を取って病魔に侵されていることもあって、最後はルフィが競り勝ちます。ルフィと拳で語り合ったことで、Zは海賊に抱いていた恨みから解き放たれ、憑き物が落ちたような顔をしていました。

戦いは終わったと安堵したのも束の間、サカズキが差し向けた海軍がやってきました。海軍大将の黄猿やパシフィスタなど、相手は実力者ばかりです。Zを倒すという目的のため、彼らは集まったのでした。
海賊ルフィを認めたZは麦わらの一味を助けるため、たった1人で海軍の軍勢に立ち向かいます。Zの気持ちを汲んだクザンは巨大な氷の壁を作り、ルフィたちを逃がします。
無数の海軍相手にZは孤軍奮闘し、壮絶な最期を遂げました。Zが時間を稼いだおかげで、ルフィたちは逃げ切ります。

それからしばらく後、アインとビンズはZの死に涙し、クザンはZの死に様をカッコいいものだったと褒めました。

みんなの感想

ライターの感想

元海軍大将Zとの対決が熱すぎました。あんな強いZの右腕を切り落とした王下七武海って一体誰なんでしょう。その正体が気になるところですね。

映画の感想を投稿する

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

映画「ONEPIECEFILMZ」の商品はこちら