アニメ映画のネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

日本のアニメ映画や、ディズニーのCGアニメ映画、ジブリ映画など、おすすめの新作や泣ける名作のネタバレをまとめています。アニメ映画は表現の幅が非常に広く、恋愛、ファンタジー、アクション、ホラー等、その題材や作風は多岐にわたります。

映画:アイの歌声を聴かせて
アイの歌声を聴かせての紹介:2021年10月29日公開の日本アニメーション映画。『サカサマのパテマ』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した吉浦康裕が、原作、監督、脚本を務める青春群像劇。AIの不思議な転校生シオンと真面目な少女サトミとの友情を、歌が紡ぐ物語を描く。制作を「ワンパンマン」「斉木楠雄のΨ難」のJ.C.STAFFが手がけ、『海辺のエトランゼ』の原作者である紀伊カンナがキャラクター原案を担当する。声優には、土屋太鳳、福原遥、工藤阿須加、小松未可子、興津和幸、日野聡。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!
映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!の紹介:2021年10月234日公開の日本アニメーション映画。女児を中心に人気を誇る「プリキュア」シリーズの第18作「トロピカル~ジュ!プリキュア」と、2010年放送の「ハートキャッチプリキュア!」がコラボする劇場版作品。プリキュアたちが、南国をイメージした海辺の街を舞台に人魚のローラと共に大活躍する。ファイルーズあい、日高里菜、花守ゆみり、石川由依、瀬戸麻沙美、田中あいみ、水樹奈々が出演するほか、松本まりかがゲスト声優として参加。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ロン 僕のポンコツ・ボット
ロン 僕のポンコツ・ボットの紹介:2021年10月22日公開のイギリス&アメリカ合作映画。スマホに代わるハイテク機能を備えた最新式でありながら不良品のロボットと、友人のいない少年による“本当の友情”探しを描くアニメーション作品。『アーサー・クリスマスの大冒険』を手掛けたサラ・スミスと、これが長編初監督となるジャン=フィリップ・バインが監督を務める。声の出演に、ザック・ガリフィアナキス、ジャック・ディラン・グレイザー、オリビア・コールマンら。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2017年公開の日本映画。原作は武田綾乃の「響け!ユーフォニアム」シリーズ。今作はテレビアニメシリーズの第二期を、ユーフォニアムパートの黄前久美子、田中あすかを主軸に再構成している。監督は小川太一。主役の黄前久美子役に黒沢ともよ、田中あすか役に寿美菜子。 ユーフォニアムパートの黄前久美子は、同じパートの先輩である田中あすかのことをどこか苦手に感じていた。吹奏楽部としては滝を顧問に迎え、初めて全国大会出場等という快挙を成し遂げる。だが、ある日母親から部活のことを反対されているあすかのことを職員室で目撃する。その日を境にあまり練習にも現れなくなるあすか。全国大会はどうなるのか、あすかのことを苦手なはずの久美子だが気になって仕方がなく、もやもやした気持ちのまま全国大会は刻一刻と近づいてくる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2015年7月公開のアニメ映画。原作は週刊少年ジャンプで掲載されていた古舘春一の「ハイキュー!!」。アニメ版の総集編の前編。監督は満仲勧。主役の日向 翔陽役に村瀬歩。 子供の頃に烏野高校の試合をテレビで見た日向は、その時に小さな選手が中心となり活躍していたのを見て憧れる。小さな巨人と呼ばれていた彼を目指し、烏野高校へと入学した日向。そこで、中学時代に戦った天才セッター影山と出会う。チームメイトとして切磋琢磨する中、二人だけの速攻の武器を手に入れ、烏野の因縁の相手である音駒高校との練習試合に挑む。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年11月公開のアニメ映画。ガンダムシリーズの作品。監督は吉沢俊一。主演のヨナ・バスタ役に榎木淳弥他。 U.C0079。消息不明となっていたサイコフレーム搭載のガンダム フェネクスが姿を表す。力を手に入れるべく奇跡の子供達と呼ばれていたミシェルは、新型ガンダムのナラティブと、一緒に施設で過ごしたヨナをパイロットにして挑んでいく。地球連邦とジオン軍も巻き込み、フェネクスを追跡していくミシェルの真の目的とは。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2019年2月公開の日本映画。監督は劇場版三部作と同様に谷口悟朗。主演のルルーシュ役も福山潤。共演者も続投している。 世界は、超合集国を中心とし平和になっていた。ナナリーもゼロとなったスザクとともに平和大使として難民キャンプを訪ねている。そるとそこへジルクスタン王国のテロリストが現れ、二人は攫われてしまう。 空っぽのルルーシュを連れて旅をするCCと、ナナリー達を救い出そうと画策するロイド達が出会い、ギアスを獲得してる人々がいるジルクスタン王国で再び戦闘が始まる。
  ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2017年公開のアニメ映画。テレビアニメと「R2」を編集して再構成した劇場版三部作の1作目。監督は谷口悟朗。主演のルルーシュ役に福山潤、敵役であり親友の枢木スザク役に櫻井孝宏。 ブリタニアとの戦争に敗れ、日本という国名すら失ったエリア11。元ブリタニアの皇族で、母親を暗殺され日本へ人質として連れてこられそのまま生活を送っていたルルーシュ。ある日、事故に巻き込まれ人助けをしようとしたことからギアスを授ける能力を持ったCCと出会い、ギアスという能力を授けられる。母親を殺され虐げられてきたルルーシュは妹のナナリーが安心して暮らせる世界を作るために、ブリタニアへの反逆を開始する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
劇場版 Free!-Timeless Medley-絆の紹介:2017年製作の日本アニメーション映画。水泳に青春をかける少年たちの姿を、繊細な心理描写や、迫力の競泳シーンと共に描き、人気を博したテレビアニメを再構築した劇場版。一度は水泳から離れていた遙が岩鳶高校に通う3人の仲間たちとの出会いを通して、水泳の楽しさや仲間との絆を再確認していく姿が、新規エピソードを交えてつづられる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:きんいろモザイク Pretty Days
きんいろモザイク Pretty Daysの紹介:2016年製作の日本アニメーション映画。原悠衣による4コママンガを原作としたテレビアニメの劇場版。間近に迫る学校祭に向けてクラスで披露する演劇を成功させようと奔走する高校2年生の大宮忍と、彼女の家にホームステイしているイギリス人留学生アリス・カータレットら仲良し5人組の日常を綴る。声の出演は「モーレツ宇宙海賊 ABYSS OF HYPERSPACE 亜空の深淵」の西明日香、「セイクリッドセブン 銀月の翼」の田中真奈美、「ガラスの花と壊す世界」の種田梨沙、「劇場版 蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァDC」の内山夕実、「たまゆら」シリーズの東山奈央。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ
劇場版オトッペ パパ・ドント・クライの紹介:2021年10月15日公開の日本アニメーション映画。2017年より放送されている人気子ども番組「オトッペ」の劇場版。身の回りの音に耳を傾ける“聴察”をテーマに、世界一のDJを目指すシーナと、音から生まれたふしぎな生きもの“オトッペ”たちの日常を描く。テレビシリーズから引き続き井口裕香、久野美咲らが出演するほか、藤原紀香、斎藤工、阿佐ヶ谷姉妹、西島秀俊らが声優として参加する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:カブールのツバメ
90年代、アフガニスタンのアフガン政権中、首都カブールで自由を抑制された夫婦と、それに抗おうとする女性たちの姿と悲劇と運命を描いたアニメ作品。2019年・第72回カンヌ国際映画祭ある視点部門出品。日本では2021年に改めて劇場公開となる。今、改めて上映されるその意義を大きく考えたい一作。ザブー・ブライトマン、エレア・ゴべ=メベレック監督。82分。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~
劇場版 抱かれたい男1位に脅されています。~スペイン編~の紹介:2021年10月9日公開の日本アニメーション映画。桜日梯子によるボーイズラブコミックを原作とするアニメで、人気エピソードを基にした劇場版。“抱かれたい男1位”だったベテラン俳優とその座を奪った新人俳優のカップルが、フラメンコを取り入れた舞台で共演することになる。ボイスキャストには、主人公二人を担当する小野友樹と高橋広樹のほか速水奨、落合福嗣、鳥海浩輔、羽多野渉らが名を連ねる。監督を本作のアニメ版やアニメシリーズ「ニセコイ」などの龍輪直征が務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:神在月のこども
神在月のこどもの紹介:2021年10月8日公開の日本アニメーション映画。“島国の根”と書く神話の地、島根・出雲を目指して駆ける少女の成長を描いた劇場オリジナルアニメ。全国の神々が出雲に集い、翌年の縁を結ぶ会議“神議り(かみはかり)”の云われを題材に、人々と神々、各地と出雲、そして“ご縁”という価値観が描かれる。主人公は走ることが大好きな12歳の少女カンナ。母の死をきっかけに走ることが嫌いになってしまった彼女だったが、在る月、一羽のうさぎと一人の少年に誘われ、まわりはじめた神々の歯車によって、出雲へ向けて走り出す。声の出演は、主人公カンナに蒔田彩珠、神使の兎に坂本真綾、鬼の少年に入野自由。日本各地で『神無月(かんなづき)』と呼ばれる10月が、出雲地方では『神在月(かみありづき)』と呼ばれる由縁である八百万(やおよろず)の神々の会合がファンタスティックに描かれるなど、新しくも懐かしいロードムービーが誕生した。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×