アニメ映画のネタバレあらすじ一覧(5ページ目)

日本のアニメ映画や、ディズニーのCGアニメ映画、ジブリ映画など、おすすめの新作や泣ける名作のネタバレをまとめています。アニメ映画は表現の幅が非常に広く、恋愛、ファンタジー、アクション、ホラー等、その題材や作風は多岐にわたります。

2020年製作のアニメ映画。アニメ製作を描くテレビアニメ『SHIROBAKO』の劇場版。監督は「xxxHOLIC」などの水嶋努。声優陣はテレビアニメを継承している。 制作途中のアニメが中止になってしまった「タイマス事変」以来、活気を無くしている武蔵野アニメーションとあおい。そんなある日葛城から劇場アニメの制作が持ちかけられる。そのスケジュールはなんと10ヶ月後で、他の制作会社が投げ出したものをタイトルだけをそのままに1から作り上げる必要があるという無謀な内容。考えるあおいだが、ジタバタと前に進もう、やってみようと決断をする。   ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2017年公開のアニメ映画。原作はジャンプに連載していた古館春一の「ハイキュー!!」。アニメ版の春高バレー決勝戦を再編集した映画。監督は満仲勤。 春高バレーの宮城県大会決勝。県内最高のエース牛島を有する絶対王者白鳥沢といよいよ対決する烏野高校。圧倒的な力の差を見せつけられるが、皆それぞれに成長を果たし、コート上でさらなる進化を遂げていく烏野高校。果たして全国大会への切符はどちらが手にするのか、白鳥沢と烏野高校それぞれの闘い方に対するコンセプトの違いが浮き彫りになる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:劇場版アルゴナビス 流星のオブリガート
劇場版アルゴナビス 流星のオブリガートの紹介:2021年11月19日公開の日本アニメーション映画。メディアミックス展開する「BanG Dream!」発のボーイズバンドプロジェクト「ARGONAVIS from BanG Dream!」の劇場版アニメ。内気な性格の青年、七星蓮がバンドを組み、札幌の実力派バンドGYROAXIAと切磋琢磨しながら成長していく姿を描く。伊藤昌弘、日向大輔、前田誠二、森嶋秀太、橋本祥平らが出演し、監督を森川滋、脚本を毛利亘宏、音楽を高橋諒がそれぞれ担当する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ミラベルと魔法だらけの家
ミラベルと魔法だらけの家の紹介:2021年11月26日公開のアメリカ映画。『モアナと伝説の海』以来となるディズニー・アニメーション・スタジオのオリジナルミュージカル・ファンタジー。“魔法”であふれる世界に住む少女ミラベルの活躍を描く。『ズートピア』のバイロン・ハワードとジャレド・ブッシュが再タッグを組んで監督を務め、ミュージカル「イン・ザ・ハイツ」や「ハミルトン」の楽曲を手がけたリン=マニュエル・ミランダが音楽を担当する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:サマーゴースト
サマーゴーストの紹介:2021年11月12日公開の日本アニメーション映画。イラストレーターのloundrawが初監督を務めたアニメ映画。都市伝説のサマーゴーストという若い女の幽霊は、花火をすると姿を現すという。ネットを通じて知り合った高校生の友也、あおい、涼には、サマーゴーストに会わなくてはならない理由があった。脚本は、小説『GOTH リストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞を受賞した作家であり、「シライサン」などで監督も務める安達寛高(乙一)。声の出演は、「ACCA13区監察課 Regards」の小林千晃。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2017年公開の日本映画。原作は古舘春一の「ハイキュー!!」。監督の満仲勧は「ハイキュー!!劇場総集編版」を全て務めている。声優陣はテレビアニメ版より続投している。 全力を出し切り、インターハイ予選を青葉城西に敗れ、一皮剥けるために合同合宿に参加する烏野。そこには東京の強豪チームが多数参加しており練習試合の中で各々宿題を持ち帰り、個人の技に磨きをかけていく。そんな中、影山まかせで成功している変人速攻に疑問を持った日向は自分が強くならないといけないと決心する。最初こそ反対していた影山だが、及川から助言もあり、スパイカーが打ちやすいサーブという考え方にスイッチしていく。そして新しい二人の速攻が完成し、いよいよ春高の予選、青葉城西との試合を迎える。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2018年3月公開の日本のアニメ映画。監督は五十嵐卓也。原作は朝霧カフカ、春河35の漫画「文豪ストレイドッグス」 探偵社に異能者の自殺が相次いでいる事件が持ち込まれ、福沢は首謀者と思しき異能者の確保を引き受ける。そんな矢先、ヨコハマの街を件の霧が覆い尽くし始める。鏡花とともに探偵社へ向かう敦は、道中で国木田と出会い、今回の事件は異能者の自殺ではなく、自分の異能に殺されたことが原因だとわかる。探偵社の面々も自らの異能と戦い苦戦している中、太宰は犯人の元にいた。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:映画妖怪ウォッチ♪ ケータとオレっちの出会い編だニャン♪ ワ、ワタクシも〜♪♪
映画妖怪ウォッチ♪ ケータとオレっちの出会い編だニャン♪ ワ、ワタクシも〜♪♪の紹介:2021年11月12日公開の日本アニメーション映画。テレビアニメ「妖怪ウォッチ♪」を本作初となる4Kのハイクオリティ映像で映画化。テレビアニメ第1作の第1話・第25話に『4コマさん』や新作パートを追加し、初の4K解像度にてデジタルシネマ化。本編シリーズの映画化は2016年の第3作以来となる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ
映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコの紹介:2021年11月5日公開の日本アニメーション映画。「たれぱんだ」「リラックマ」などのサンエックス株式会社から発売された人気キャラクター「すみっコぐらし」を主人公とした劇場版アニメ第2弾。青い満月の夜にキャンプに出かけたすみっコたちが繰り広げる不思議な物語を描く。メガホンをとるのは「夏目友人帳」シリーズの大森貴弘監督。また、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」シリーズの吉田玲子が脚本を担当し、前作に引き続き井ノ原快彦と本上まなみがナレーションを務める。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:劇場版 ソードアート・オンライン プログレッシブ 星なき夜のアリア
劇場版 ソードアート・オンライン プログレッシブ 星なき夜のアリアの紹介:2021年10月30日公開の日本アニメーション映画。ゲーム内での死が現実の死に直結する次世代VRゲームで生き残りを賭けて戦う『ソードアート・オンライン』シリーズのアインクラッド編を、原作者・川原礫がアスナの視点でリブート。偶然ナーヴギアを被った明日奈は、ルールも分からないまま攻略へと踏み出す。監督は、「劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人」の演出などを務めてきた河野亜矢子。戸松遥、松岡禎丞ら声優陣が引き続き参加するほか、新キャラクター・ミトの声を『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の水瀬いのりが担当する。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:アイの歌声を聴かせて
アイの歌声を聴かせての紹介:2021年10月29日公開の日本アニメーション映画。『サカサマのパテマ』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した吉浦康裕が、原作、監督、脚本を務める青春群像劇。AIの不思議な転校生シオンと真面目な少女サトミとの友情を、歌が紡ぐ物語を描く。制作を「ワンパンマン」「斉木楠雄のΨ難」のJ.C.STAFFが手がけ、『海辺のエトランゼ』の原作者である紀伊カンナがキャラクター原案を担当する。声優には、土屋太鳳、福原遥、工藤阿須加、小松未可子、興津和幸、日野聡。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!
映画トロピカル~ジュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪!の紹介:2021年10月234日公開の日本アニメーション映画。女児を中心に人気を誇る「プリキュア」シリーズの第18作「トロピカル~ジュ!プリキュア」と、2010年放送の「ハートキャッチプリキュア!」がコラボする劇場版作品。プリキュアたちが、南国をイメージした海辺の街を舞台に人魚のローラと共に大活躍する。ファイルーズあい、日高里菜、花守ゆみり、石川由依、瀬戸麻沙美、田中あいみ、水樹奈々が出演するほか、松本まりかがゲスト声優として参加。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
映画:ロン 僕のポンコツ・ボット
ロン 僕のポンコツ・ボットの紹介:2021年10月22日公開のイギリス&アメリカ合作映画。スマホに代わるハイテク機能を備えた最新式でありながら不良品のロボットと、友人のいない少年による“本当の友情”探しを描くアニメーション作品。『アーサー・クリスマスの大冒険』を手掛けたサラ・スミスと、これが長編初監督となるジャン=フィリップ・バインが監督を務める。声の出演に、ザック・ガリフィアナキス、ジャック・ディラン・グレイザー、オリビア・コールマンら。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
2017年公開の日本映画。原作は武田綾乃の「響け!ユーフォニアム」シリーズ。今作はテレビアニメシリーズの第二期を、ユーフォニアムパートの黄前久美子、田中あすかを主軸に再構成している。監督は小川太一。主役の黄前久美子役に黒沢ともよ、田中あすか役に寿美菜子。 ユーフォニアムパートの黄前久美子は、同じパートの先輩である田中あすかのことをどこか苦手に感じていた。吹奏楽部としては滝を顧問に迎え、初めて全国大会出場等という快挙を成し遂げる。だが、ある日母親から部活のことを反対されているあすかのことを職員室で目撃する。その日を境にあまり練習にも現れなくなるあすか。全国大会はどうなるのか、あすかのことを苦手なはずの久美子だが気になって仕方がなく、もやもやした気持ちのまま全国大会は刻一刻と近づいてくる。 ネタバレを読む みんなの感想が1件届いてます
×