映画:raintown

「raintown」のネタバレあらすじと結末、みんなの感想(1件)

アニメ映画

rain townの紹介:長編劇場アニメ『ペンギン・ハイウェイ』の石田祐康が、京都精華大学の卒業制作として2011年に発表した短編アニメ。今作で第15回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門新人賞に輝いた。雨がやまなくなった街に迷い込んだ少女と、街に残されたロボットとの交流を、柔らかなタッチの映像で、台詞を排し抒情的に綴る。

raintownの主な出演者

なし

raintownのネタバレあらすじ

【起】– raintownのあらすじ1

とある街では、いつからか雨がやまなくなり、雨の街と化しました。言うならばまさに“rain town”。住人たちは街を出て、高台や郊外に転居していったため、雨の街は人々の記憶から忘れ去られていきました。

そんな雨の街に、ときどき誰かが迷いこむらしいのです…。

高台に住む小さな女の子が、郊外にあるおばあさんの家に向かうため、母親に見送られて自宅を出ました。女の子は黄色い雨がっぱに身を包み、丘を下っていきます。おばあさんの家まで辿り着くには、雨の街を通り抜けなければなりません。

辿り着いた雨の街には、やはり人影などひとつもなく、建物は廃墟となり、雨の降る音だけが響いていました。女の子は今では誰も住んでいないアパートとアパートの隙間の向こう側に、何か動いているものを発見します。女の子は向こう側に進んでみることにしました。

次のページで起承転結の「承」を見る

次のページへ
1 2 3 4 5

「raintown」と同じカテゴリの映画

関連記事はこちら

こちらもおすすめ

×