ドキュメンタリー映画のネタバレあらすじ一覧

映画:猫が教えてくれたこと

猫が教えてくれたことの紹介:イスタンブールの街でのびのびと生きる猫たちの姿を追ったドキュメンタリー。メガホンを取ったのはイスタンブール出身の女性監督チェイダ・トルンで、本作が初の長編映画となった。2016年サイドウォーク映画祭ではベストファミリーフィルム賞を受賞した。2016年トルコ・アメリカ合作。

ネタバレを読む
映画:ホームワーク

ホームワークの紹介:1989年のイラン映画で、日本公開は1995年。息子の宿題に疑問を感じた巨匠アッバス・キアロスタミ監督が、多くの小学生児童に直接インタビューすることで、イランの学校教育や社会問題を抉り出したドキュメンタリー作品。

ネタバレを読む
映画:ギフト僕がきみに残せるもの

ギフト 僕がきみに残せるものの紹介:2016年製作のアメリカ映画。NFLのスター選手だったスティーブ・グリーソン。引退後に難病ALSと診断され、同時期に妻の妊娠も判明する。生まれくる子のためにスティーブが撮影を始めたビデオ日記と闘病の日々を、ユーモアを交えながら綴った感動のドキュメンタリー。監督は『プリント・ザ・レジェンド』のクレイ・トゥイールで、25以上の映画賞を受賞・ノミネートした。

ネタバレを読む
映画:ジェーンバーキンマザーオブオールベイブス

ジェーン・バーキン/マザー・オブ・オール・ベイブスの紹介:2003年に製作されたドキュメンタリー映画。フォトグラファーのガブリエル・クロフォードがジェーンとタッグを組み、7年間をかけてまとめあげた作品で、クロフォードにとってはこれが初の長編映画監督作となった。世界中で愛されるジェーン・バーキン。自身の生き様や苦悩など赤裸々に語ったトークを織り込みながら、彼女の半生を綴っていく。劇中では日本についての想いも語っている。

ネタバレを読む
映画:夜と霧

夜と霧の紹介:第二次世界大戦中のユダヤ人強制収容所で起こった真実を暴かんとした衝撃のドキュメンタリー。
1955年の仏映画で、監督したアラン・レネの名を世界中に知らしめることとなった作品。日本で初公開された時には、残虐なシーンが一部カットされて上映された。1956年のジャン・ヴィゴ賞、フランス・シネマ大賞受賞作。

ネタバレを読む