アクション映画のネタバレあらすじ一覧

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画:アイスマン 宇宙最速の戦士

アイスマン 宇宙最速の戦士の紹介:2014年に製作された「アイスマン」の続編で、前作に引き続きドニー・イェンは主人公を演じた。時空を超える秘宝をめぐる冒険と、義兄弟との因縁の戦いを描いていく。日本のアクションスター、倉田保昭が悪役として出演しており、終盤で主人公と激しい戦いを繰り広げる。2018年中国・香港合作。

ネタバレを読む
映画:エグジットスピード

エグジット・スピードの紹介:2008年に公開されたサバイバルアクション映画です。バスの乗客と暴走族のカーチェイスから籠城戦と、いわゆるB級映画でありながら、テンポの良いアクションと個性的なキャラで評価の高い作品となっています。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のリー・トンプソン氏が主役と謳っているところもありますが、実際はデズモンド・ハリントン氏やジュリー・モンド氏のほうが主人公として描かれています。

ネタバレを読む
映画:日本ローカルヒーロー大決戦

日本ローカルヒーロー大決戦の紹介:2015年に公開されたローカルヒーローの映画です。千葉県木更津市の鳳神ヤツルギをメインとした映画で、クラウドファウンディングを利用して制作されています。北海道から沖縄まで全49団体、合計104人のローカルヒーローが登場します。そのうえ悪役も集結しています。まさにローカルヒーローの夢のお祭り映画ともいうべき作品で、ご当地ヒーローに詳しい人なら楽しめるのではないでしょうか。

ネタバレを読む
映画:逃走中殺人ハンター

逃走中 殺人ハンターの紹介:2010年に公開された日本の作品です。タイトルからも分かる通り、大人気バラエティ番組「逃走中」のパロディ映画となります。もしも「逃走中」が命を懸けたサバイバルゲームだったらというストーリーになっており、「逃走中」を見たことのある人ならニヤリとできる部分があるかもしれません。命がけという点を除けば、基本的な流れは「逃走中」とほぼ一緒で、ハンターから逃げつつミッションをクリアするというものになっています。

ネタバレを読む
映画:ワイルドクラッシュ

ワイルドクラッシュの紹介:荒廃した世界を舞台にしたカーアクション映画。危険な仕事を引き受けてしまった運び屋の兄弟の冒険を描いていく。2018年のブラッド・イン・ザ・スノウ・カナディアン映画祭では、撮影賞を受賞した。2018年カナダ製作。

ネタバレを読む
映画:オーズ電王オールライダーレッツゴー仮面ライダー

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダーの紹介:2011年に公開された仮面ライダーの映画です。仮面ライダー生誕40周年及び東映創立60周年を記念して制作された作品となります。そのため主人公ライダーからサブライダーまで、合計63名の仮面ライダーが出演しています。そのうえ1号、2号、V3の声は藤岡弘、・佐々木剛・宮内洋のオリジナルキャストが演じています。ファンにとっては堪らない映画だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:プロテクター

プロテクターの紹介;1985年に公開されたアクション映画です。香港とアメリカの合作映画で、世界的カンフースターのジャッキー・チェン氏が主演を務めています。ジャッキー氏にとっては本作が2度目のアメリカ映画にあたります。なおジャッキー氏は監督のジェームズ・グリッケンハウス監督と撮影中に揉めており、後に別バージョンの「プロテクター」を制作しています。揉めた理由はアクションの演出などで、東南アジア圏においてはジャッキー版の「プロテクター」が公開されたようです。

ネタバレを読む
映画:天装戦隊ゴセイジャーエピックONTHEムービー

天装戦隊ゴセイジャー エピック ON THE ムービーの紹介:2010年に公開された「天装戦隊ゴセイジャー」の単独映画です。「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!」にてゴセイジャーはゲスト出演を果たしていたため、本作は2回目の映画出演作品となります。ゲストとして「超星神グランセイザー」にて早乙女蘭を演じた磯山さやか氏が出演しており、テレビ本編のレギュラーを務める山田ルイ53世の相方、ひぐち君も出ています。なおひぐち君の役名は樋口勝太、つまりひぐちカッターとなっています。

ネタバレを読む
映画:レイルロードタイガー

レイルロード・タイガーの紹介:2016年に公開された中国映画です。劉知侠の小説「鉄道遊撃隊」を原作とした1956年の映画「鉄道遊撃隊」をリメイクした作品となります。映画の舞台は日中戦争真っただ中の1941年の中国です。主演を務めるのは言わずと知れた世界的カンフースター、ジャッキー・チェン氏で、なんと息子のジェイシー・チェンも出演しています。いわゆるアクションコメディというジャンルに位置付けられているため、シリアスな話でありながら、コミカルなシーンが出てくるのが本作の特徴です。

ネタバレを読む
映画:アランドロンのゾロ

アラン・ドロンのゾロの紹介:ドゥチオ・テッサリ監督、アラン・ドロン主演の冒険劇。ジョンストン・マッカレーの小説「怪傑ゾロ」を原案としており、スペイン統治下のメキシコを舞台に、謎の黒マスクの剣士ゾロの活躍を描いていく。1975年イタリア・フランス合作。

ネタバレを読む
映画:ペイルライダー

ペイルライダーの紹介:クリント・イーストウッド監督、製作、主演の西部劇ドラマ。ゴールドラッシュに沸くカリフォルニアを舞台に、牧師風の謎の男が悪徳経営者に苦しめられる開拓民を救う姿を描いていく。タイトルのペイルライダーは、ヨハネの黙示録に登場する死を司る騎士を意味する。1985年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:全員死刑

全員死刑の紹介:インディーズバイオレンス映画「孤高の遠吠」で注目を浴びた小林勇貴監督の、商業用映画第一作目となる作品です。実際に起きた4人家族による連続殺人事件を基に、コメディタッチながらも凄絶なバイオレンス描写が炸裂する一作になっています。

ネタバレを読む
映画:死の追跡

死の追跡の紹介:リチャード・ハリス主演の西部劇で、妻子を殺された保安官の執念の復讐劇を描いていく。サミュエル・フラーの小説が原案となっており、当初はフラー自身が監督を務めたが、後にバリー・シアーに交代した。1973年アメリカ製作。

ネタバレを読む