アクション映画のネタバレあらすじ一覧

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画:キッズリベンジ

キッズ・リベンジの紹介:2012年に制作されたアメリカの映画です。原題は「THE AGGRESSION SCALE」で、意味は「攻撃性尺度」となります。元々は医学用語で、本作の主人公たる少年を示す言葉としてぴったりでしょう。この映画はマフィアの両親を殺された姉弟が奮闘するという物語なのですが、少年は子供とは思えない戦闘力の高さを有しています。わりとバイオレンスな描写も多く、巷では「過激なホーム・アローンだ」と言われているようです。

ネタバレを読む
映画:カンニングモンキー天中拳

カンニング・モンキー/天中拳の紹介:1978年に公開されたカンフー映画です。今や世界に誇るカンフースター、ジャッキー・チェン氏が若いスタッフと共に作り上げた作品で、パロディ要素が満載です。たとえばポパイや座頭市などをパロッたシーンが出てきます。なので元ネタを知っていればより楽しめるでしょう。ちなみに本作はロー・ウェイ氏によってお蔵入りにされ、ジャッキー・チェンが有名になってから公開されたそうです。ジャッキー氏いわく「レンタルして観る価値のある映画」だそうです。

ネタバレを読む
映画:劇場版仮面ライダービルドBeTheOne

劇場版 仮面ライダービルド Be The Oneの紹介:2018年に公開された「仮面ライダービルド」の単独劇場版です。テレビシリーズの45話と46話の間のストーリーだと位置づけられており、本編に先駆けてラストパンドラパネルホワイトが生み出した新世界も一瞬だけ登場しました。さらに次回作の「仮面ライダージオウ」並びに歴代仮面ライダーがエピローグに登場しています。おまけ的な出演のみで、ストーリーには関わっていません。

ネタバレを読む
映画:劇場版仮面ライダーエグゼイドトゥルーエンディング

劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディングの紹介:2017年に公開された日本の特撮映画です。「仮面ライダーエグゼイド」の劇場版にして完結編となります。テレビシリーズの後日談を描いた内容で、本編とも密接な繋がりがあります。とはいえテレビシリーズはテレビシリーズとしてきちんと完結しています。さらに本作にはCHEMISTRYの堂珍嘉邦氏が、仮面ライダー風魔役として登場し、次回作の「仮面ライダービルド」も出演しています。

ネタバレを読む
映画:正装戦士スーツレンジャー

正装戦士スーツレンジャーの紹介:2018年に制作された日本の短編映画です。THE SUITS COMPANYとミラーライアーのコラボ企画作品で、「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督が手がけています。戦隊ものと社会人を組み合わせた異色の作品になっており、いわゆるパロディものです。なんと本作には職業怪人カメレオール氏が敵役として出演しており、正義のヒーローに負けず劣らぬなキャラクター性を見せています。上田監督が好きな人なら、見て損はない作品と言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:バッドアスモンスターキラー

バッドアス・モンスター・キラーの紹介:70年代の「ブラック・エクスプロイテーション映画」のテイストに、アナクロ仕様な怪物造詣と現代のお手軽なCG技術を組み合わせて製作された、カオス感いっぱいの「刑事もの」映画です。チープな特撮技術が、見ていて何か楽しく懐かしい作品になっています。

ネタバレを読む
映画:攻守道

攻守道の紹介:2017年に公開された中国のアクション映画です。20分程度の短編映画で、製作総指揮を務めるのはカンフースターのジェット・リー氏です。中国の大手企業アリババのCEOであるジャック・マー氏が主演を努め、トニー・ジャー氏やウー・ジン氏、朝青龍氏やドニー・イェン氏など、豪華キャスト陣が終結しています。さらにアクション顧問はユエン・ウーピン氏やサモ・ハン・キンポー氏、チン・シウトン氏が努めており、カンフー好きには堪らない映画となっています。

ネタバレを読む
映画:イエスタデイ(2019)

イエスタデイ(2019)の紹介:2019年公開の映画作品。世界的に有名な伝説のバンドであるビートルズの楽曲をモチーフとした作品に仕上がっている。世界中で有名なバンドであるはずのビートルズの存在とその楽曲が存在しない世界に迷い込んでしまった主人公をコメディチックに描いた作品。監督を務めたのは「28日後…」シリーズや「スラムドッグ$ミリオネア」などの監督として知られるダニー・ボイル。エド・シーランが本人役で出演していることでも話題となった。

ネタバレを読む
映画:K-20 怪人二十面相・伝

K-20 怪人二十面相・伝の紹介:佐藤嗣麻子が監督・脚本をつとめ、2008年に公開された作品です。第二次世界大戦が回避された1949年の日本を舞台に怪人二十面相と明智小五郎、そして二十面相の濡れ衣を着せられてしまう軽業師を主人公に、アクションとドラマチックな構成で描かれた映画となっています。主演は金城武がつとめ、主題歌にはOasisの「The Shock Of The Lightning」が起用されています。

ネタバレを読む
映画:太陽戦隊サンバルカン(1981年)

太陽戦隊サンバルカン(1981年)の紹介:1981年に公開された日本の特撮映画です。「太陽戦隊サンバルカン」の劇場版で、「東映まんがまつり」の1つとして公開されました。2代目バルイーグルの飛羽高之が主人公となっているため、時系列的には23話以降となります。なお本作の撮影は23話や24話と並行して行われました。そのため舞台が浜名湖になっています。さらには飛羽の生身のアクションシーンや大爆破など、劇場版ならではの演出が特徴的です。

ネタバレを読む
映画:CUTIE HONEY -TEARS-

CUTIE HONEY -TEARS-の紹介:2016年に公開された日本のSFアクション映画です。永井豪氏の漫画「キューティーハニー」を原作とした実写化作品となりますが、ストーリーや設定などは独自にアレンジされています。西内まりや氏が主演を務めており、本作で初めてアクションシーンを演じたそうです。ちなみに2017年の「ジャパンアクションアワード」にて、西内まりや氏はベストアクション女優賞の優秀賞を受賞しています。

ネタバレを読む
映画:大脱出2

大脱出2の紹介:2019年3月29日公開のアメリカ&中国合作映画。シルヴェスター・スタローンが脱獄のプロを演じ、アーノルド・シュワルツェネッガーとの共演でも話題を呼んだ『大脱出』の続編。大海原に浮かぶ難攻不落の監獄から見事に脱出し、警備のプロとして働く男が仲間の失踪のカギを握る最新鋭のセキュリティを誇る監獄へと挑んでいく。

ネタバレを読む
映画:キカイダー REBOOT

キカイダー REBOOTの紹介:2014年に公開された特撮映画です。石ノ森章太郎先生原作の特撮ドラマ「人造人間キカイダー」をリメイクした作品となります「人造人間キカイダー」を実写化するのは、テレビシリーズ終了後から約41年ぶりのことです。さらに本作にはテレビ版「人造人間キカイダー」のジローを演じた伴大介氏が、前野究治郎役で出演しています。名前の由来は「前の旧ジロー」らしいです。ラストは続編をうかがわせるものになっていますが、今のところ続きは作られていません。

ネタバレを読む