アクション映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画:ポリスストーリー香港国際警察

ポリス・ストーリー/香港国際警察の紹介:言わずと知れた世界的カンフースター、ジャッキー・チェンが監督や脚本、主演に武術指導を兼任した作品です。ジャッキー・チェンの代表的な作品として知られており、1985年に第1作目が公開されて以降、様々な続編やスピンオフが制作されるほどの人気を誇っています。ちなみに本作には英語版や香港版、日本版といくつかのバージョンがあり、ストーリーはほぼ一緒ですが、細かいシーンが異なっています。

ネタバレを読む
映画:ポリスストーリー

ポリス・ストーリー3の紹介:カンフースターのジャッキー・チェンとアクション女優のミシェール・キング(現在はミシェール・ヨー)がタッグを組んだ映画です。ジャッキーに負けず劣らずなミシェールのアクションを堪能できます。この作品でもジャッキーお馴染みのスタントなしのアクションが展開されます。特にヘリコプターに命綱なしでぶら下がるシーンは、ジャッキー映画の中でも危険な部類のアクションだと言えるでしょう。なお本作から吹き替えではなく、ジャッキー自身が自らの声を担当しています。

ネタバレを読む
映画:レッドブロンクス

レッド・ブロンクスの紹介:ジャッキー・チェンが三度目のハリウッド進出を目標として作り上げた作品です。アジア映画初の快挙を成し遂げており、この作品を機に米国でジャッキー・チェンブームが巻き起こりました。この映画の撮影中、ジャッキー・チェンは麻橋からホバークラフトへ飛び移る際、右足首を骨折しています。そのためホバークラフトの後ろに捕まりながら水上を引きずられるシーンでは、靴下に靴の絵を描いて撮影に臨んでいます。ちなみにブロンクスというタイトルですが、実際の撮影場所はカナダのバンクーバーです。

ネタバレを読む
映画:ロミオマストダイ

ロミオ・マスト・ダイの紹介:アンジェイ・バートコウィアク監督によるヒップ・ホップ・カンフーの第一弾となります。ジェット・リーにとっては、初のハリウッド映画主演作でもあります。この作品を機にジェット・リーはハリウッドスターの仲間入りをしたと言っても過言ではありません。さらに本作のスタッフはあの大ヒットシリーズ「マトリックス」に携わった人たちです。そのため本格的なVFXが使われており、ジェット・リーのカンフーアクションと見事に融合を果たしています。

ネタバレを読む
映画:メトロ42

メトロ42の紹介:地下鉄のトンネル内で水漏れ事故が起き、それが遂には洪水のような大災害に発展していく様を描いた、珍しいロシア産のパニック映画。この映画のために実物大のトンネルのセットを作り、本物の地下鉄の車両を用いて撮影に臨んだという、その迫力は見応え十分。

ネタバレを読む
映画:ビーバップハイスクール高校与太郎哀歌

ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌の紹介:きうちかずひろ氏の大人気不良漫画「ビー・バップ・ハイスクール」を原作とした映画シリーズ第2弾です。この作品に登場する不良役は一般公募による出演者が多かったため、演技のはずの乱闘シーンから実際の喧嘩に発展することもあったようです。そのため喧嘩禁止の誓約書が用意されてあったとかなかったとか…。いずれにしても出演者たちに生傷が絶えなかったのは言うまでもありません。

ネタバレを読む
映画:サラリーマンバトルロワイアル

サラリーマン・バトル・ロワイアルの紹介:「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーズ」のジェームズ・ガン監督が書いた脚本を、「ウルフクリーク 猟奇殺人谷」で注目されたオーストラリア出身のグレッグ・マクリーンが監督した、過激なバイオレンス・アクション。ジェームズ・ガンは本作で、製作総指揮も務めている。ある企業の高層ビルに閉じ込められた社員たちが、謎の指令により否応なしに殺し合いをさせられてしまう過程を描いた、不条理かつサスペンスフルな作品。

ネタバレを読む
映画:キリングガンサー

キリング・ガンサーの紹介:2018年7月14日公開のアメリカ映画。アーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション・コメディ。幾多の暗殺を遂行しながらその正体は謎に包まれている伝説の殺し屋“ガンサー”。新進気鋭のヒットマンであるブレイクはガンサーを殺して世界最強の座を手にするため、殺し屋チームを結成する…。

ネタバレを読む
映画:ゴーストシャーク

ゴースト・シャークの紹介:「フライング・ジョーズ」「シャーク・ショック」など、B級サメ映画を多く手がけているグリフ・ファースト監督が作り上げた、大バカサメパニック映画。呪われた洞窟で死んだサメが亡霊となり、亡霊になったのをいいことに、海辺であろうが陸地であろうが、水のあるところにはどこでも出現して人を食いまくるようになるという、奇想天外なサメ災害を描く。

ネタバレを読む
映画:ポセイドン

ポセイドンの紹介:1972年に公開された「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイク映画です。1972年当時より映像技術は格段に上がっているため、表現不可能とされていた部分がCGで再現されています。映像美は格段に上がっていますが、一部の批評家からは「ポセイドン・アドベンチャー」のほうが人間ドラマが描かれていたという声も上がっています。その代わり第79回アカデミー賞の視覚効果賞にノミネートされており、転覆パニックものの映像としてはクオリティが高いと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:スーパー!

スーパー!の紹介:「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のジェームズ・ガンが、2010年に監督した作品。自分はヒーローになるべきだという神の啓示を受けた冴えない中年男が、強引にヒーローとなっていく様を、狂気に満ちた描写と共に描き出す、問題作。

ネタバレを読む
映画:ポリスストーリー2九龍の眼

ポリス・ストーリー2/九龍の眼の紹介:「ポリス・ストーリー/香港国際警察」の続編です。前作と物語は続いていますが、本作だけでも十分楽しめる作りになっています。前作の敵も登場しますが、本作における敵は別の人物となっています。ちなみに日本公開時には「ポリス・ストーリー」というタイトルはついておらず、「九龍の眼」として公開されていました。廉価版ビデオを再発売する際、今のタイトルに変更され、「ポリス・ストーリー」の続編として日本でも有名になっています。

ネタバレを読む