アクション映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画:ツインドラゴン

ツイン・ドラゴンの紹介:ジャッキー・チェンが初めて二役に挑戦した映画です。日本におけるポスターでは、ジャッキー・チェンの片方を人気お笑い芸人の内村光良氏の顔に変えています。その理由は顔が似ているからです。そもそもポスターのコピーに「ジャッキーは、ウッチャンを見てこの映画を思いついた」と書かれているくらいです。そのため本作が誕生した背景には内村氏の存在があったと言えるのです。ちなみに内村氏はチェンというあだ名で呼ばれています。

ネタバレを読む
映画:シティーハンター(1993)

シティーハンター(1993)の紹介:北条司氏の大人気漫画「シティーハンター」を実写化した映画です。主演は世界的カンフースター、ジャッキー・チェン氏です。原作漫画をジャッキー映画にアレンジしているのが特徴的です。この映画が作られたきっかけは「ジャッキーは冴羽獠に似てる」とファンが言ったかららしいです。日本の漫画を原作にしているため、日本人の後藤久美子氏が出演しているのも本作の特徴です。ちなみに「ストリートファイター」を彷彿させるシーンもあります。

ネタバレを読む
映画:アパルーサの決闘

アパルーサの決闘の紹介:2008年にアメリカで製作された西部劇。ロバート・B・パーカーの小説を映画化した作品で、エド・ハリスが監督、脚本、主演、製作を兼任した。新任の保安官コンビと悪徳牧場主との闘いと、一人の女性をめぐる複雑な人間模様を描いていく。2008年ボストン映画祭では作品賞と脚色賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:ターザン:REBORN

ターザン:REBORNの紹介:2016年製作7月30日公開のアメリカ映画。動物に育てられ、驚異的な身体能力でジャングルを縦横無尽に飛び回るターザン。エドガー・ライス・バローズによる人気小説のその後の物語。大人となり、英国貴族になったターザンが妻と故郷を取り戻すために戦う姿が描かれる。ターザン役のアレクサンダー・スカルスガルドが194cmの長身を生かし、ダイナミックなアクションを披露する。

ネタバレを読む
映画:SPIRIT

SPIRITの紹介:清代末期の時代にいた実在の武術家、霍元甲を描いたカンフー映画です。ただし人物の設定を借りているだけで、ノンフィクション映画ではありません。ストーリーそのものは史実をベースにしているわけではなく、映画オリジナルのものとなっています。ですがいくつか史実にまつわるエピソードが挿入されています。霍元甲の孫にあたる人物が名誉棄損だと訴えたという話もありますが、「この映画はフィクションです」と銘打たれていることから、何の問題もないとされたそうです。

ネタバレを読む
映画:OK牧場の決斗

OK牧場の決斗の紹介:1957年にアメリカで製作された西部劇。実際に起きたワイアット・アープとクラントン兄弟との闘いを映像化した作品で、主演はバート・ランカスター、カーク・ダグラスが務めた。保安官と無法者のギャンブラーの友情と、悪党一味との激しい争いを描いていく。

ネタバレを読む
映画:劇場版さらば仮面ライダー電王ファイナルカウントダウン

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウンの紹介:仮面ライダー電王の映画第3弾です。「電王シリーズ」の完結編に位置づけられている作品で、後の「超・電王シリーズ」に繋がる一つの区切りになっています。この映画を最後に、佐藤健氏は「電王シリーズ」を卒業しています。さらに本作初登場となる仮面ライダーが二人も登場し、主役交代を予感させる要素が多いのも一つの特徴となっています。なお本作では野上幸太郎役の桜田通氏が主演という扱いで、佐藤健氏は特別出演という位置づけです。

ネタバレを読む
映画:ナチュラルボーンキラーズ

ナチュラル・ボーン・キラーズの紹介:クエンティン・タランティーノの脚本を元に(クレジットでは「原案」扱い)、「プラトーン」「JFK」など硬派の社会派作品を手がけてきたオリバー・ストーン監督が作り上げた、バイオレンス劇。無軌道に強盗や殺人を繰り返すカップルが、若者たちを中心に人気を集めながらも刑務所に送り込まれ、そこから脱走するまでを、バイオレンス描写をふんだんに織り交ぜながら描く。

ネタバレを読む
映画:ブラックマスク

ブラック・マスクの紹介:香港を代表するカンフースター、ジェット・リー氏主演のSFアクション映画です。黒い仮面をつけたヒーロー「ブラック・マスク」となり、謎の敵と戦うというストーリーになっています。切れ味鋭いアクションの数々が魅力的なダークヒーローものです。ワイヤーアクションやガンアクション、爆破など、迫力あるシーンも多く、香港映画ならではの作品になっていると言えるでしょう。なおキャストを一新した続編も公開されています。

ネタバレを読む
映画:スコットピルグリムVS邪悪な元カレ軍団

スコットピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団の紹介:「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ベイビー・ドライバー」のエドガー・ライト監督が、ブライアン・リー・オマリーのカルト・コミックスを実写化した作品。夢の中で出会った女性に恋をしてしまった青年スコット・ピルグリムが、彼女の愛を勝ち取るために、7人に及ぶ彼女の「元カレ」と対決していく様を、ファミコン時代の懐かしいゲームの要素をふんだんに取り入れながら描く。

ネタバレを読む
映画:ブラックパンサー

ブラックパンサーの紹介:2018年公開。マーベルコミックス原作の黒人ヒーローが主人公の作品であり、共通の世界観を持つマーベル・シネマティック・ユニバースの第18作目。2016年公開「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」で初登場したワカンダ国王ティ・チャラ/ブラックパンサーのその後を描く作品である。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」へ向け、重要な意味合いを持つ作品である。

ネタバレを読む