アクション映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

映画:ビーバップハイスクール

ビー・バップ・ハイスクールの紹介:大人気漫画「ビー・バップ・ハイスクール」を原作とした実写映画です。後に大ヒットシリーズとなる「ビー・バップ・ハイスクール」の第1弾であり、仲村トオル氏や清水宏次朗氏がトオルとヒロシを演じています。ヒロインの今日子役には中山美穂氏が抜擢されました。本作には本物の不良がエキストラとして多数出演するなど、不良映画の金字塔としても有名です。なお1作目には敵役として、小沢仁志氏が出演しています。

ネタバレを読む
映画:ヒットマンザバトルフィールド

ヒットマン:ザ・バトルフィールドの紹介:2013年に公開された映画で、ゴア描写で知られている映画制作会社ネクロストームの作品です。当然本作もゴア描写たっぷりで、いわゆるバイオレンスアクション映画となっています。この作品の最大の特徴は、全編主人公の視点で撮られていることです。まるでFPSゲームのように主人公の目線で物語は進んでいき、ガンシューティングのような感覚を味わえるのも魅力の1つです。そのためFPSホラーゲームのような物語になっています。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダー1号

仮面ライダー1号の紹介:2016年に公開された特撮映画です。「仮面ライダーシリーズ」の生誕45周年を記念した作品で、初代仮面ライダーを演じた藤岡弘、が本郷猛として主演を務めています。藤岡氏が仮面ライダーの劇場版で主演を務めるのは、1972年の「仮面ライダー対じごく大使」から実に44年ぶりです。2016年当時69歳だった藤岡氏は子供の夢を壊さないため筋トレに励み、がっしりとした体格で映画撮影に臨んだそうです。

ネタバレを読む
映画:ザガールズ

ザ・ガールズの紹介:道行く若い女性をナンパし、お金と引き換えにヌードや果ては「本番」までしてもらうように交渉する・・・というビデオで儲けている若者の、取材をすることになった編集者が巻き込まれてしまう惨劇を描いた作品です。「ナンパして、お金払って脱がせて本番」は日本でも「よくある設定」ですが、これに対する女性側の復讐っぷりがハンパない映画になっています。

ネタバレを読む
映画:仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦の紹介:2012年に公開された「仮面ライダーシリーズ」と「スーパー戦隊シリーズ」のクロスオーバー作品「スーパーヒーロー大戦シリーズ」の1作目となります。昭和平成の仮面ライダー50人、スーパー戦隊は173人、敵怪人97人、戦闘員165人、合計485人が一堂に会して対戦を繰り広げるのが最大の見どころです。過去の戦士に変身できる「仮面ライダーディケイド」と「海賊戦隊ゴーカイジャー」を中心に、2012年に放送されていた「仮面ライダーフォーゼ」と「特命戦隊ゴーバスターズ」などが活躍します。

ネタバレを読む
映画:ローンウルフ真夜中の死闘

ローンウルフ 真夜中の死闘の紹介:「ザ・ヘル ネクストステージ」や「NITRO ニトロ」など、知る人ぞ知るB級映画の快作を連発している、アルゼンチン出身のアドリアン・ガルシア・ボグリアーノ監督が、アメリカで撮った作品。主演が、こちらも知る人ぞ知るB級映画の快作「ネズミゾンビ」「ステイクランド 戦いの旅路」などで、脚本・主演を務めたニック・ダミチと、比較的地味な内容ではあるが、B級映画ファンにはたまらない顔合わせの作品になっている。

ネタバレを読む
映画:ビッグバグズパニック

ビッグ・バグズ・パニックの紹介:2009年製作の、コメディタッチのB級昆虫パニック映画。B級とはいえ襲ってくる昆虫の造詣や動きのクオリティは高く、安心して見ていられます。監督も出演者も日本では馴染みの薄い面々ですが、ドラマ「ツイン・ピークス」でローラ・パーマーの父親役を演じたレイ・ワイズが、主人公の父親役で出演しています。

ネタバレを読む
映画:ロストジョーズ

ロスト・ジョーズの紹介:どのサイトやブログを見ても、「史上最低のサメ映画」「これ以上酷いサメ映画は見たことない」としか書かれていない、ある意味驚異とも言える評価を受けている、超Z級サメパニック映画。本作の監督がこの前に手がけた「ジュラシック・シャーク」の続編だが、「ジュラシック~」も本作も、IMDb(インターネットムービーデータベース」の採点はどちらも「1.6」(もちろん10点満点)と、これまた驚異的採点になっている。

ネタバレを読む
映画:BADMAX怒りのリベンジロード

BAD MAX 怒りのリベンジ・ロードの紹介:2015年公開のイタリア映画です。R15指定となっており、ゴア描写が多いバイオレンスアクション映画となっています。本作のオーディション会場にやって来たミノ・ボニーニ、その巨漢と全身の入れ墨、そして圧倒的な存在感をひと目見て気に入った映画会社ネクロストームがその場で彼を起用することに決めたそうです。そうした背景もあって主演のミノ・ボニーニは本作が映画初デビューにして、初主演となりました。

ネタバレを読む
映画:エアストライク(2018年)

エア・ストライク(2018年)の紹介:2018年製作の中国映画。ブルース・ウィリス、エイドリアン・ブロディ、リウ・イエらハリウッドとアジアのスターが顔を揃えた戦争アクション。日中戦争下の1941年。米軍のジャック・ジョンソン大佐は、圧倒的不利な中国軍空戦部隊を率いて、最新鋭機・ゼロ戦を操る日本軍に挑む。

ネタバレを読む
映画:ノンストップ救出

ノンストップ 救出の紹介:2012年に公開された映画です。南アフリカとカナダで制作された映画で、娘を取り戻すために戦う父親の姿を描いています。スパイや秘密警察、シリア情勢などの要素が盛り込まれており、少々複雑な様相を呈しているのが特徴的です。一応アクション映画のジャンルとなっていますが、基本的には娘を取り戻すために情報を集めるといったスパイ的な面が強いです。なお本作には「バイオハザードシリーズ」で有名なオデッド・フェール氏が出演しています。

ネタバレを読む
映画:キル・オール!! 殺し屋頂上決戦

キル・オール!! 殺し屋頂上決戦の紹介:2012年に制作された映画です。アクションシーン満載なのが最大の見所です。殺し屋たちが殺し合いをさせられるというソリッドシチュエーションから、部屋を脱出して敵と立ち回りを演じるバイオレンスアクションが詰め込まれています。なおカンフー映画界のレジェンド、ゴードン・リュウ氏が出演しています。さらにはブルース・リーの弟子であるジョー・ルイス氏も出ているなど、カンフーファンにとっては嬉しい作品だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:弾丸刑事怒りの奪還

弾丸刑事 怒りの奪還の紹介:2014年に公開されたアクション映画です。「マチェーテ」のダニー・トレホ氏が主演を務め、悪のボスを演じるのは「ブレイキング・バッド」のジョナサン・バンクス氏です。他にも実力派のキャスト陣が数多く出演しています。監督は「ゾンビ・アルカトラズ」のニック・ライオン氏です。孫を人質に取られた凄腕刑事が、犯罪組織のボスに立ち向かうというストーリーで、ドンパチが繰り広げられるのも本作の魅力だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:アルマゲドンアメリカ

アルマゲドン・アメリカの紹介:2016年に制作されたアクション映画です。有名なアクション俳優チャック・ノリス氏の息子マイク・ノリス氏が監督を務めています。「アルマゲドン」とタイトルについてはいますが、隕石ものではありません。国連に従うアメリカ政府に反旗を翻した人たちの戦いの物語です。政治的な背景が多く絡んでおり、主人公の軍人とその家族、友達が一堂に会し、政府に反乱するというストーリーが、本作最大の見どころでしょう。

ネタバレを読む