アクション映画のネタバレあらすじ一覧(37ページ目)

邦画、洋画を問わず、話題の新作からおすすめの名作まで、様々なアクション映画をまとめています。アクション映画は、銃撃戦や格闘技、戦争、スパイ、特殊部隊、カーチェイスなどが題材に使われていることが多く、大迫力の映像とアクションが見物です。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェストの紹介:2006年公開のアメリカ冒険映画。同シリーズの2作目にあたる。前作から3年後という設定で、今作品のラストでは、シリーズ3作目「ワールド・エンド」に続くというスタイルが取られている。

ネタバレを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たちの紹介:2003年公開のアメリカ冒険映画。ディズニーパークのアトラクション「カリブの海賊」をモチーフに作られた今作品は、好評を博し、シリーズ化された。2014年現在、3作品の続編が作られている。

ネタバレを読む

ダイ・ハード/ラスト・デイの紹介:ダイ・ハードシリーズの5作目。前作から6年ぶりに制作された。原題は「It’s A Good Day To Die(死ぬにはいい日だ)」ということばをもじったもの。日本ではPG-12指定を受けている。

ネタバレを読む

レザボア・ドッグスの紹介:クエンティン・タランティーノのデビュー作品。黒スーツの強盗団が銀行強盗に失敗してしまう。その中に警察のスパイが紛れ込んでいると察して裏切り者を捜し始める。警察の犬は果たして誰なのか!

ネタバレを読む

ダイ・ハード3の紹介:ダイ・ハードシリーズの第3作目。第1作では高層ビル、第2作では空港と限られたスペース内での作品だったが、第3作ではニューヨーク全体を舞台に、ハーレム街の電気修理店主ゼウスと共に、ジョン・マクレーン警部補が奔走する。

ネタバレを読む

アベンジャーズの紹介:アイアンマン、ハルク、キャプテンアメリカ、マイティ・ソー。一世を風靡したアメリカンヒーローたちが、地球滅亡の危機と戦うSFアクション映画。「日本よ、これが映画だ。」2012年の映画の中では最も観られた作品となった。

ネタバレを読む

ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズの紹介:1999年のイギリス映画。イギリスでその年の年間興行成績1位を記録したガイ・リッチー監督の大ヒット作品。ロンドンの下町で暮らす若者が自分たちの借金を返すために金を奪おうと奮闘するも、事態は二転三転する。金と大麻を巡って繰り広げられるアクション映画。

ネタバレを読む

北欧神話をベースに描かれた人気コミックの実写化であり、2011年に公開された「マイティー・ソー」の続編で、「アベンジャーズ(2012年公開)」から1年後が舞台となっている。VFX映像とともに、主人公ソーと、血のつながらない弟であり宿敵でもあるロキとの因縁を描く。

ネタバレを読む