アニメ映画のネタバレあらすじ一覧

日本のアニメ映画や、ディズニーのCGアニメ映画、ジブリ映画など、おすすめの新作や泣ける名作のネタバレをまとめています。アニメ映画は表現の幅が非常に広く、恋愛、ファンタジー、アクション、ホラー等、その題材や作風は多岐にわたります。

映画:こんぷれっくす×コンプレックス

こんぷれっくす×コンプレックスの紹介:2015年公開のアニメ。全編flashアニメーションで構成され、背景以外のアニメは監督のふくだみゆき自身が制作した。プロデューサーはふくだの夫で映画監督の上田慎一郎。自主制作の短編作品としては初となる毎日映画コンクールアニメーション映画賞の受賞を皮切りに、数多くの賞に輝いた。中2のゆいは、男性のワキ毛に興味を抱くことに“こんぷれっくす”を感じていた。ワキ毛の濃い同級生・武尾を目で追ってしまうゆいだったが、一方彼は、そのワキ毛の濃さこそがコンプレックスだった…。

ネタバレを読む
映画:ライオンキング3ハクナマタタ

ライオン・キング3ハクナ・マタタの紹介:2004年製作のディズニーアニメ映画。映画『ライオン・キング』の第3弾。ティモンとプンバァの出会いを軸にして、映画『ライオン・キング』の舞台裏を描いた内容となっている。

ネタバレを読む
映画:ライオンキング2シンバズプライド

ライオン・キング2シンバズ・プライドの紹介:1998年製作のディズニーアニメ映画。映画『ライオン・キング』の続編。前作品で父のあとを継いでプライド・ランドの王となったシンバの、その後の生活、王国の様子を描く。

ネタバレを読む
映画:トイ・ストーリー4

トイ・ストーリー4の紹介:2019年公開。ピクサースタジオ制作の人気シリーズ「トイ・ストーリー」シリーズの第4作目であり、前作「トイ・ストーリー3」から9年ぶりとなる続編となる。監督は、「Mr.インクレディブル」「カーズ」などでストーリーボードアーティストを務めており、今作が長編初監督となるジョシュ・コーリー。声優陣もシリーズでお馴染みのトム・ハンクス、ティム・アレンが続投している。また、過去三作品でミスター・ポテトヘッド役を務めていたドン・リックルズが既に死去していた為、今作では過去作での未使用音声や、テーマパークやゲーム用に録音されていた音源を使用している。

ネタバレを読む
映画:天気の子

天気の子の紹介:2019年公開。「秒速5センチメートル」「君の名は。」などで知られるアニメーション監督である新海誠監督作品の最新作である。今作は、社会現象を巻き起こすほどの大ヒットを記録した2016年公開の前作「君の名は。」以来となる作品となり、前作同様、主題歌と劇伴をロックバンドRADWIMPSが担当しており、特にボーカルの野田洋次郎はストーリー展開などを決めるミーティングにも参加しており、作品に大きく関わっている。

ネタバレを読む
映画:透明人間(2018)

透明人間(2018)の紹介:2018年公開。アニメーションスタジオとして誕生した「スタジオポノック」のプロジェクト「ちいさな英雄」による
作品。「カニーニとカニーノ」、「サムライエッグ」と共に「ちいさな英雄~カニとタマゴと透明人間~」として劇場公開された作品である。監督を務めたのは、巨匠宮崎駿の下で「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」などの製作において中核を担った山下明彦。これが自身初のオリジナル短編映画作品となる。透明人間の声優を務めたのは俳優のオダギリジョー。

ネタバレを読む
映画:ホッタラケの島遥と魔法の鏡

ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜の紹介:佐藤信介が監督をつとめ、2009年に公開されたCGアニメーション作品です。人間の世界でほったらかしにされている物が集まる「ホッタラケの島」に迷い込んでしまった主人公が、亡くなった母からもらった鏡を見つけ出すことで、忘れていた大切な気持ちを取り戻すストーリーとなっています。主人公・遥の声は綾瀬はるかがつとめ、第33回日本アカデミー賞では優秀アニメーション作品賞を受賞しています。

ネタバレを読む
映画:コララインとボタンの魔女

コララインとボタンの魔女の紹介:ニール・ゲイマンの児童文学作品を、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」などで知られるヘンリー・セリック監督がストップモーション・アニメ化した作品。ゴールデングローブ賞アニメ映画賞にノミネートされている。日本公開は2010年。

ネタバレを読む
映画:スペースガーディアン

スペースガーディアンの紹介:2013年にアメリカで公開されたアニメ映画です。「ハムナプトラシリーズ」のブレンダン・フレイザー氏、「セックス・アンド・ザ・シティ」のサラ・ジェシカ・パーカー氏、「ファンタスティック・フォー」のジェシカ・アルバ氏など、数多くのハリウッドスターが声優として出演しています。アニメ映画としては稀なエリア51を題材として取り上げ、家族愛を描いているのも大きな特徴だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:カニーニとカニーノ

カニーニとカニーノの紹介:2018年公開。「メアリと魔女の花」で知られているスタジオポノックの新プロジェクト「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間」のうちの一つの作品。擬人化されたカニの家族のあたたく、心温まる生活の様子を描いた作品。監督は、スタジオジブリでは「千と千尋の神隠し」などで原画を担当し、「仮ぐらしのアリエッティ」では監督も務めた米林宏昌。音楽は村松崇継。

ネタバレを読む
映画:君の膵臓を食べたい(2018)

君の膵臓を食べたい(2018)の紹介:2018年公開。住野よる著の小説「君の膵臓を食べたい」の2度目の映画化作品であり、初の劇場用長編アニメーション作品でもある。本作のアニメーション映画化の計画は原作小説単行本発売前から指導しており、アニプレックスのプロデューサーが双葉社から送られてきたサンプル版の書籍を読んで、すぐにアニメ映画化を決定した。監督・脚本は牛嶋新一朗。また、原作者の住野よるも脚本に参加しており、牛嶋との共同クレジットとなっている。

ネタバレを読む
映画:ナッツジョブ サーリー&バディのピーナッツ大作戦!

ナッツジョブ サーリー&バディのピーナッツ大作戦!の紹介:2015年に公開されたファミリー向けのアニメ映画です。全米で大ヒットを記録しており、世界120ヵ国で公開されています。リスとネズミのコンビが大活躍する話で、ナッツを盗むために入った店が銀行強盗の隠れ家だったことから、いろいろな騒動に巻き込まれていくことになります。嫌われ者のリスが仲間の大切さを知る成長物でもあり、動物たちの友情が描かれているのが最大の見所だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:きみと、波にのれたら

きみと、波にのれたらの紹介:2019年6月21日公開。日本アニメーション会では名匠として知られており、劇場版「クレヨンしんちゃん」シリーズでも数作品を手掛けた湯浅政明が監督を務める劇場用長編アニメーション映画。声優には、雛罌粟港役には、若い世代から絶大な支持を誇っているGENERATIONS fromEXILE TRIBEの片寄涼太。ヒロインの向水ひな子役には、女優の川栄李奈。

ネタバレを読む
映画:ワンダープラネット

ワンダープラネットの紹介:2013年に公開されたアニメ映画です。中国とアメリカの合作で制作されました。未知の惑星に飛ばされてしまった少女の冒険譚を描いています。友情や家族愛などをテーマに据えており、未知の惑星を舞台とした大冒険が展開されるのが見どころだと言えるでしょう。本作の主人公の声は「ビクトリアス」のヴィクトリア・ジャスティス氏が務めており、博士役を演じるのはなんと「バック・トゥ・ザ・フューチャー」でお馴染みのクリストファー・ロイド氏です。

ネタバレを読む