アニメ映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

日本のアニメ映画や、ディズニーのCGアニメ映画、ジブリ映画など、おすすめの新作や泣ける名作のネタバレをまとめています。アニメ映画は表現の幅が非常に広く、恋愛、ファンタジー、アクション、ホラー等、その題材や作風は多岐にわたります。

映画:キン肉マン正義超人vs戦士超人

キン肉マン 正義超人vs戦士超人の紹介:大人気アニメ「キン肉マン」の劇場版第7作にして、最後の映画作品となります。テレビアニメシリーズ終了後に公開された作品で、原作にはなかった戦士超人という設定があることから本編のパラレルワールドとされています。さらに本作は原作者ゆでたまご氏の読みきり「デスゲーム」をベースにした内容となっており、劇場版としては珍しくキン骨マンや五分刈刑事、イワオの戦闘シーンがあるのが特徴的です。

ネタバレを読む
映画:キン肉マン 逆襲!宇宙かくれ超人

キン肉マン 逆襲!宇宙かくれ超人の紹介:大人気アニメ「キン肉マン」の劇場版第4作目です。原作における短編読みきり「ロビン・メモの巻」をベースにした物語となっています。時系列は夢の超人タッグ編の後です。特徴としては過去に出てきた敵が再生超人として登場する点が挙げられます。さらにジェロニモは本作が劇場版初登場となります。9人の正義超人が勢ぞろいし、かくれ超人相手に激闘を繰り広げるのが最大の見所だと言えるでしょう。もちろん「キン肉マン」らしいコミカルなシーンもてんこ盛りです。

ネタバレを読む
映画:戦場でワルツを

戦場でワルツをの紹介:2008年公開のイスラエル映画。監督のアリ・フォルマンが兵士として参戦したレバノン侵攻にまつわる体験をもとに制作した斬新な手法のドキュメンタリー・アニメ。同年のゴールデン・グラブ賞、セザール賞で外国語映画賞を受賞したほか数々の映画賞に輝いた。PG12指定。友人が猛犬に襲われる悪夢を見続けていると聞いた映画監督のアリは、それが戦争の後遺症ではないかと疑う。一方でアリは当時の記憶が全く無いことに気付き、戦友を訪ねる旅に出るのだったが…。

ネタバレを読む
映画:サムライエッグ

サムライエッグの紹介:2018年公開。スタジオポックによる短編アニメプロジェクトの一作品。「火垂るの墓」や「平成狸合戦ぽんぽこ」などで知られる日本アニメ界の巨匠高畑勲の元で活動した百瀬義行が監督を務めている。CGも使用し、「絵本がそのまま動いている」ような質感を目指して制作された作品である。また、ママ役を務めた女優・尾野真千子は、自身の出身地である岸和田の方言で演技を行い、岸和田弁を採用するためにプレスコ録音が行われた。

ネタバレを読む
映画:キン肉マン 正義超人vs古代超人

キン肉マン 正義超人vs古代超人の紹介:「キン肉マン」映画シリーズの第3作となります。「黄金マスク編」が終わった後の物語とされており、内容は完全オリジナルです。前作では原作をベースとしていましたが、本作は映画ならではの内容です。正義超人誕生の設定も映画オリジナルのものとなっており、サタンキングという強大な悪がボスキャラとして設定されています。さらに映画第1作目に登場したウコン一族の子孫も出演しています。

ネタバレを読む
映画:スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!! 花道と流川の熱き夏

スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!! 花道と流川の熱き夏の紹介:大人気バスケアニメ「スラムダンク」の劇場版第4弾です。インターハイ予選の決勝リーグが終わり、インターハイが始まるまでの1ヶ月間に焦点を当てた映画です。本作のメインキャラクターは流川の中学時代の後輩に当たる水沢イチローです。原作ではあまり描かれなかった流川と後輩の試合ややりとりなどなどが描かれた貴重なストーリーだと言えるでしょう。もちろん湘北メンバーも大活躍しています。

ネタバレを読む
映画:スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道

スラムダンク 全国制覇だ! 桜木花道の紹介:「スラムダンク」の映画第2弾となります。本作の対戦相手となる津久武高校は原作にも登場しています。原作では試合はダイジェストで描かれており、詳細な流れは明らかにされていません。そうした原作では詳細は描かれなかった試合に焦点を当てたのが、「全国制覇だ!桜木花道」です。また本作では原作アニメ合わせても唯一となるディスクォリファイング・ファウルが登場しているのも特徴の一つだと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:スラムダンク (1994年)

スラムダンク (1994年)の紹介:大人気アニメにしてバスケ漫画の金字塔「スラムダンク」の劇場版第1弾です。原作の第1話で登場し、桜木をふった島村葉子とその恋人、小田竜政がメインで登場する映画になっています。原作では小田は名前くらいしか登場していないため、この映画で初めてどういう人物か明らかにされています。原作ファンにとっては嬉しい映画だと言えるかもしれません。ちなみにこの映画に登場した武園高校は後にテレビアニメでもちょこっと登場しています。

ネタバレを読む
映画:ファイナルファンタジー

ファイナルファンタジーの紹介:2001年に公開された映画で、当時としては世界初のフル3DCG映画となります。「ファイナルファンタジー」シリーズを生んだ坂口博信氏が手掛けた映画です。スクウェアとハリウッドが共同で作り上げた作品で、ガイア理論をテーマにしています。この作品は2001年度の文化庁メディア芸術祭で、審査委員会特別賞を受賞しています。ただ興行的にはうまくいかず、映画事業からの撤退をスクウェアは余儀なくされています。反面、フル3DCG映画ということもあって、後続の3D作品には影響を与えています。

ネタバレを読む
映画:スラムダンク湘北最大の危機!燃えろ桜木花道

スラムダンク 湘北最大の危機! 燃えろ桜木花道の紹介:大人気アニメ「スラムダンク」の映画シリーズ第3弾です。海南大附属との試合を終え、武里高校と試合を行うまでの6日間の出来事を描いています。第13回ゴールデングロス賞優秀銀賞を受賞した作品でもあります。本作に登場する緑風高校は映画オリジナルキャラクターですが、マイケル沖田以外のメンバーはアニメにも登場しています。インターハイ予選の最終試合である湘北と陵南の観戦客として、ちらっと登場しているので探してみると面白いかもしれません。

ネタバレを読む
映画:ONE PIECE FILM GOLD

ONE PIECE FILM GOLDの紹介:「ONE PIECE」の映画シリーズ第13弾です。原作者の尾田栄一郎氏が総合プロデューサーとして参加しており、テレビとの連動企画で、「シルバーマイン編」や「ONE PIECE 〜ハートオブゴールド〜」が放送されました。本作は今までの「ONE PIECE」にはない試みが試されており、たとえば一味が一丸となって挑むギャンブルや戦略要素のあるチームバトルなどです。さらに特別出演として、様々な芸能人が参加しています。

ネタバレを読む
映画:ONE PIECE 3D 麦わらチェイス

ONE PIECE 3D 麦わらチェイスの紹介:「ONE PIECE」の映画シリーズ第11弾です。全編通してフルCGで制作されているのが特徴で、いわゆるデジタル3D映画となります。これはシリーズ初の試みです。そのため第65回映像技術奨励賞のアニメーション賞を受賞しています。さらに本作は「ONE PIECE」の映画の中で一番上映時間が短く、約30分ほどしかありません。ちなみに本作に登場するオリジナルキャラクター3人は全て山口智充氏が1人で演じています。

ネタバレを読む
映画:ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たち

ONE PIECE エピソードオブアラバスタ 砂漠の王女と海賊たちの紹介:「ONE PIECE」の映画シリーズ第8弾となります。原作の「アラバスタ王国編」を再構成した物語になっており、色々と細かい点が異なっています。今までの「ONE PIECE」映画と違い、劇場版オリジナルの話というわけではありません。とはいえ全編新作として作られているため、原作とはまた違った雰囲気を味わえるかもしれません。なお本作は感動作として銘打たれています。

ネタバレを読む