アニメ映画のネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

日本のアニメ映画や、ディズニーのCGアニメ映画、ジブリ映画など、おすすめの新作や泣ける名作のネタバレをまとめています。アニメ映画は表現の幅が非常に広く、恋愛、ファンタジー、アクション、ホラー等、その題材や作風は多岐にわたります。

映画:ミッキーのダンスパーティー

ミッキーのダンスパーティーの紹介:1947年に公開された、ミッキーマウスシリーズの第114弾の作品。ミッキーマウスの生みの親であり、長年に渡って自らミッキーマウスの声を担当していたウォルト・ディズニーが出演した最後の作品となった。監督を務めたのは、プルートが主人公のシリーズを始めとした、ディズニー作品の監督を多く担当していたチャールズ・オーガスト・ニコルズ。

ネタバレを読む
映画:ドナルドのめざまし時計

ドナルドのめざまし時計の紹介:1941年公開のウォルト・ディズニー・カンパニーによる短編映画作品。ドナルド・ダッグが主人公であるシリーズとしては第30作品目となる。ウォルト・ディズニー本人が製作総指揮を担当し、監督を務めたのは、ディズニー・カンパニー所属で数多くのディズニー短編映画の監督を務めたジャック・キング。日本ではドナルド・ダッグ短編集のDVDソフトに収録された後、現在はディズニーDXにて配信されている。

ネタバレを読む
映画:名探偵コナン23紺青の拳フィスト

名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)の紹介:2019年公開の日本アニメーション映画。劇場版『名探偵コナン』シリーズの第23弾で、平成最後の作品。シリーズ初となる海外を舞台にした本作では、世界最大のブルーサファイヤを巡り、怪盗キッドと400戦無敗の空手家の京極真が対決。コナンも変装し、アーサー・ヒライの偽名を使って事件の解決に挑む。

ネタバレを読む
映画:ドラえもん39のび太の月面探査記

ドラえもん のび太の月面探査記の紹介:2019年3月1日公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第39弾。著作の章タイトルをドラえもんのひみつ道具の名前にするなど、同シリーズのファンを公言する直木賞作家の辻村深月が脚本を担当。月の裏側を舞台に、そこで暮らす不思議な種族エスパルを悪者から守るため、のび太たちが立ち向かう。

ネタバレを読む
映画:手をなくした少女

手をなくした少女の紹介:2016年制作のフランス映画。グリム童話に収録されている「手なしむすめ」を基にしている。監督はフランスの新鋭セバスチャン・ローデンバックで、「クリプトキノグラフィー」という独特の表現手法を用いて、彼が一人で完成させた。日本公開は2018年。

ネタバレを読む
映画:デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!

デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!の紹介:細田守監督によるデジモンアドベンチャー第二作目となる劇場用アニメ作品で、テレビアニメとして放送された「デジモンアドベンチャー」の続編となっています。突如として人間社会に現れた新種のデジモンを太一たちがパートナーとなるデジモンとともに倒しにいくストーリーとなっており、和田光司の「Butter-Fly」や宮崎歩の「brave heart」など、アニメ版ではおなじみの曲たちも使用されています。

ネタバレを読む
映画:陽なたのアオシグレ

陽なたのアオシグレの紹介:2013年に公開された短編アニメーション映画で、スタジオコロリドが制作しています。「フミコの告白」という自主制作作品で注目を浴びた石田祐康監督が手掛けており、第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門の審査委員会推薦作品にも選ばれています。さらに石田氏にとっては本作が初監督劇場作品となります。なお本作は日野市を舞台とした物語であるため、作中には日野駅やE233系電車などが登場しています。

ネタバレを読む
映画:デスビリヤード

デス・ビリヤードの紹介:2013年に公開されたアニメ映画です。「アニメミライ2013」の第1作として公開されたもので、2015年には「デス・パレード」というタイトルで、テレビアニメ化されています。若手アニメーター育成プロジェクトの参加作品であるため、若手7人のうち、なんと5人は本作が初原画となっています。そのうえ約360にも及ぶカットはたった3人で制作したそうです。なお本作はリドルストーリー的な要素も取り入れています。

ネタバレを読む
映画:ペット2

ペット2の紹介:2019年製作のアメリカ映画。人間のペットとして暮らす動物たちの知られざる姿を描き、人気を博したユーモラスなアニメの続編。新たな環境に戸惑う飼い主大好きなテリアのマックス、マックスからお気に入りのおもちゃを預かったギジェット、スーパーヒーローに憧れるウサギのスノーボールら、ユニークなキャラクターたちが騒動を巻き起こす。

ネタバレを読む
映画:ペンギンハイウェイ

ペンギン・ハイウェイの紹介:森見登美彦原作の同名SF小説をアニメ化して2018年に公開された映画作品で、監督は石田祐康、脚本は「劇団ヨーロッパ企画」の上田誠がつとめています。主題歌には宇多田ヒカルの「Good Night」が使用され、研究熱心な小学生の男の子が体験した不思議な夏の思い出を描いた作品となっています。声優には主人公・アオヤマ君役の北香那をはじめ蒼井優や西島秀俊、竹中直人など俳優陣も多く起用されています。

ネタバレを読む
映画:リトルプリンス 星の王子さまと私

リトルプリンス 星の王子さまと私の紹介:世界中で親しまれているサン・テグジュペリの絵本「星の王子さま」を原作としてフランスで製作され、2015年に公開されたアニメーション作品です。主人公は教育ママのもとで窮屈な生活を送っている女の子で、彼女の隣人でありかつて星の王子と出会ったおじいさんのエピソードを知り、心を通わせていくことで、本当に大切なものに気がついていくというストーリーになっています。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボール超ブロリー

ドラゴンボール超 ブロリーの紹介:2018年に公開された「ドラゴンボールシリーズ」の劇場版です。「ドラゴンボール超」の映画としては第1作目となり、3人のサイヤ人に焦点が当てられています。本作のブロリーは過去映画とは一切関連がありません。鳥山明氏脚本による映画になっているため、独自のアレンジが加えられたブロリーが「ドラゴンボール」の正史に組み込まれることになります。ちなみに本作は国内外で人気のあるブロリーを映画にしたらどうかと担当者が提案し、それを面白いと感じた鳥山明氏が脚本を仕上げたそうです。

ネタバレを読む
映画:勇気の花がひらくときやなせたかしとアンパンマンの物語

勇気の花がひらくとき やなせたかしとアンパンマンの物語の紹介:やなせたかしの生誕100周年を記念して2019年に制作されたアニメ。ノンフィクション作家梯久美子の同名原作を若手監督の児玉徹郎が映像化した。『アンパンマン』を生み出したやなせの戦争体験や、苦しみや劣等感など、決して幸せばかりではなかった人生を綴る。

ネタバレを読む
映画:モンスターVSエイリアン

モンスターVSエイリアンの紹介:2009年に公開された3Dアニメーション映画です。ドリームワークス制作の映画で、コミカルなヒーローものとなっています。SF映画をパロった要素も多いため、知っている人はニヤリとできるかもしれません。本作の内容は突如として巨大化してしまった主人公がモンスターたちと共に、地球侵略を目論むエイリアンと戦うといったものになっています。個性の強いモンスターも多いため、怪物好きにもオススメです。

ネタバレを読む