アニメ映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

日本のアニメ映画や、ディズニーのCGアニメ映画、ジブリ映画など、おすすめの新作や泣ける名作のネタバレをまとめています。アニメ映画は表現の幅が非常に広く、恋愛、ファンタジー、アクション、ホラー等、その題材や作風は多岐にわたります。

王様の剣の紹介:イギリスの名高き古代史であるアーサー王伝説をディズニーがアニメ化した冒険ファンタジー作。T・H・ホワイトの小説『永遠の王』・第1部『石に刺さった剣』を題材に製作された。1963年公開のアメリカ映画で、日本での公開当初は『王さまの剣』と表記されていたが、のちに現在のタイトルに改題された。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太と銀河超特急の紹介:1996年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第17弾。22世紀の銀河ミステリー列車「銀河超特急」でドラえもん達が、宇宙の外れにあるテーマパーク「ドリーマーズランド」となった小惑星群を訪れ、活躍する物語。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の創世日記の紹介:1995年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第16弾。のび太が作った夏休みの自由研究である、ミニ地球を舞台に、ドラえもんとその仲間たちの活躍を描いた作品。

ネタバレを読む

ひつじのショーン スペシャル~いたずらラマがやってきた~の紹介:2016年公開のイギリス映画。アードマン・アニメーションズの人気シリーズ「ウォレスとグルミット」に登場するユニークなキャラクター、ひつじのショーンが主人公のクレイアニメの特別版。ショーンたちの仲間となったいたずら好きな3匹のラマたちが、牧場で巻き起こす騒動を描く。これまでにもエピソードディレクターを担当したジョン・グレイスが監督を務める。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太とブリキの迷宮の紹介:1993年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第14弾。ブリキで出来ているブリキン島を舞台に、のび太やドラえもんたちの活躍を描くアニメ。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太のドラビアンナイトの紹介:1991年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第12弾。ハールーン・アッ=ラシード王の統治時代である794年のバグダッドを舞台に、ドラえもんとのび太達5人の活躍を描いた長編作品。『アラビアンナイト』をモチーフとしている。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太とアニマル惑星(プラネット)の紹介:1990年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第11弾。平穏に暮らす動物たちの惑星「アニマル星」を侵略しにやってきた地球人型宇宙人「ニムゲ」による秘密犯罪結社「ニムゲ同盟」と、ドラえもん、のび太ら5人の戦いを描いた作品。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の日本誕生の紹介:1989年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第10弾。7万年前の後期更新世日本および中国大陸を舞台に、精霊王ギガゾンビを擁するクラヤミ族と、それに相対するヒカリ族の側に着いたドラえもんとのび太たちの戦いを描く。2016年にリメイク版も作られた。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太のパラレル西遊記の紹介:1988年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第9弾。原作は藤子・F・不二雄(当時は藤子不二雄Ⓕ名義)で、藤子不二雄コンビ解消後の『ドラえもん』映画第1作目。『西遊記』をモチーフに、妖怪に支配されるパラレルワールドを修正するため、のび太たちが奮闘する。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太と竜の騎士の紹介:1987年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第8弾。藤子不二雄・名義の最後のドラえもん映画作品。恐竜が今でも生き残っていたらという仮定に基づき、地底世界をドラえもんたちが冒険する話を描く。

ネタバレを読む

ソーセージ・パーティーの紹介:2016年公開の3Dアメリカ映画。ソーセージやパンなど食材たちが、待ち受ける過酷な運命と戦う姿を過激かつ下品な笑いと共に描き、話題を呼んだ大人向けのコメディ。日本でもグロテスクな描写、下品な言葉や描写などの理由で映倫からR15+を受けた。

ネタバレを読む

アーロと少年の紹介:2015年製作のアメリカ3Dアニメーション映画。地球に隕石が衝突せず、恐竜が絶滅を免れた架空の世界を舞台に、文明と言葉をもつ恐竜と言葉をもたない人間の少年との出会いと冒険を描く、ディズニー/ピクサーによるアドベンチャー。

ネタバレを読む

ドラえもん のび太の宇宙小戦争の紹介:1985年公開の日本アニメーション映画。映画ドラえもんシリーズ第6弾。スネ夫の趣味で特撮映画を作っていたのび太たちが知り合った宇宙人パピの窮地を救うため、ドラえもんたちが立ち上がる。

ネタバレを読む