アニメ映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

日本のアニメ映画や、ディズニーのCGアニメ映画、ジブリ映画など、おすすめの新作や泣ける名作のネタバレをまとめています。アニメ映画は表現の幅が非常に広く、恋愛、ファンタジー、アクション、ホラー等、その題材や作風は多岐にわたります。

映画:スパイダーマン:スパイダーバース

スパイダーマン:スパイダーバースの紹介:2019年公開。サム・ライミ監督「スパイダーマン」シリーズ、マーク・ウェブ監督「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ、ジョン・ワッツ監督のMCU版シリーズと、これまで数多くの実写映画化シリーズが制作されてきたスパイダーマンの初めての劇場用長編アニメーション作品となる作品であり、これまでの作品とは異なり、原作では2代目スパイダーマンとして知られているマイルズ・モラレスを主人公に据え、その他にもお馴染みピーター・パーカーや、「アメイジング・スパイダーマン」シリーズのヒロインであり、原作ではスパイダーマンの能力を持って登場するスパイダー・グウェンことグウェン・ステイシー、スパイダー・ハムなど、様々なスパイダーマンが集結する作品。

ネタバレを読む
映画:劇場版 幼女戦記

劇場版 幼女戦記の紹介:2019年公開。カルロ・ゼン作のオンライン小説を原作とした、2017年に放送されていた同タイトルのテレビアニメのその後を描く劇場用長編アニメーション映画である。戦時中であるヨーロッパに似た国を舞台としており、元々は日本人のサラリーマンであった主人公が小さな女の子として生まれ変わり軍隊に入隊し、兵士として戦っていくというストーリーを描いている。

ネタバレを読む
映画:ウォーリー

ウォーリーの紹介:2008年公開。ディズニー・スタジオ配給・ピクサー・アニメーション・スタジオ制作の全編CGアニメ映画。アンドリュー・スタントン監督作品。人類が地球からいなくなった後の地球を舞台に、地球中に散らばっているゴミを収集して集めるお掃除ロボット「ウォーリー」と、宇宙からやってくるロボット「イヴ」の物語を描く。第81回アカデミー賞:長編アニメーション映画部門受賞作品。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZ超サイヤ人だ孫悟空

ドラゴンボールZ 超サイヤ人だ孫悟空の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」の劇場版第7弾です。タイトルに超サイヤ人と付いていますが、実際は超サイヤ人は登場しません。そもそもこの映画が公開されたとき、原作でも超サイヤ人は登場していませんでした。ただし超サイヤ人という存在がいることは言及されています。ですので本作における超サイヤ人というのは金髪の孫悟空ではなく、金色のオーラを身にまとった擬似的な超サイヤ人となります。ある意味超サイヤ人の前段階とも言うべき姿が登場します。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZ地球まるごと超決戦

ドラゴンボールZ 地球まるごと超決戦の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」第6弾となる映画です。原作者、鳥山明氏の「サイヤ人は顔の種類が少ない」という裏設定と、朝鮮人参の「畑の養分を吸って大きくなる」という話から考えられた作品です。主人公孫悟空と同じ顔の敵ターレスが登場しているので、キャッチコピーは「悟空が二人!?」になっています。こうした孫悟空と同じ顔の敵が初めて登場したのが本作です。なお本作のキーアイテムとなる神精樹は鳥山明氏がデザインしています。

ネタバレを読む
映画:未来のミライ

未来のミライの紹介:2018年公開。細田守オリジナル監督作品第5作目となる作品である。第71回カンヌ国際映画祭の監督週間に、アニメ作品としては唯一選出されるなど、評価が高い作品。また、第76回ゴールデングローブ賞アニメ部門に日本人の作品としては初めて選出された。4歳の男の子「くんちゃん」とその妹「ミライちゃん」の物語を描く。主題歌は山下達郎が担当。くんちゃんの声優を女優・上白石萌歌が担当。

ネタバレを読む
映画:シュガーラッシュオンライン

シュガー・ラッシュ:オンラインの紹介:2018年公開。2012年公開「シュガー・ラッシュ」の続編である。ゲームの世界を舞台にした前作から、今作ではインターネットの世界を舞台に、主人公ラルフとヴァネロペの冒険を描く。様々なディズニー配給の映画のキャラクターたちが登場し、ディズニー映画のプリンセスたちが勢ぞろいする場面もある。日本語吹き替え版では前作に引き続き主人公ラルフを山寺宏一が担当し、日本の人気YouTuber・HIKAKINもゲスト出演している。

ネタバレを読む
映画:クレヨンしんちゃん爆盛カンフーボーイズ拉麺大乱26

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~の紹介:2018年4月13日公開の日本アニメーション映画。5歳の幼稚園児、しんのすけが巻き起こす騒動を描き、幅広い層から支持を受ける臼井儀人のコミックを基にした人気アニメの劇場版第26作。春日部にある中華街、アイヤータウンで人気のラーメンを食べた人が突如、凶暴化。カスカベ防衛隊がカンフーで立ち向かう。

ネタバレを読む
映画:ルパン三世26グッバイパートナー

ルパン三世 グッバイ・パートナーの紹介:2019年1月25日放送の日本テレビアニメーション。ルパンのテレビスペシャルシリーズ第26弾。ルパンを追うはずの銭形警部が共謀罪で逮捕され、長年の相棒・次元大介がルパンを裏切るという事態に陥り…。

ネタバレを読む
映画:グリンチ(2018)

グリンチの紹介:2018年公開。ドクター・スース原作の児童文学の3度目の映像化作品であり、劇場用アニメーション映画として制作されるのは今作が初となる。「怪盗グルー」シリーズで知られるイルミネーションスタジオ制作。意地悪な主人公グリンチの声は、「ドクター・ストレンジ」「シャーロック・ホームズ(テレビドラマ版)」等でお馴染み、ベネディクト・カンバーバッチが演じる。日本語吹き替え版では、大泉洋がグリンチの声を担当している。

ネタバレを読む
映画:劇場版BLEACHTheDiamondDustRebellionもう一つの氷輪丸

劇場版BLEACH The DiamondDust Rebellion もう一つの氷輪丸の紹介:BLEACHの劇場版第二弾で、大人気キャラの日番谷冬獅郎を主人公にしたストーリーとなっています。原作では描かれなかった日番谷の過去が明らかにされ、前作の映画よりも多数のキャラが活躍します。原作者の久保帯人氏も原案の段階からかかわっていて、シナリオやキャラデザの制作に携わっています。なお本作のキャッチコピーは「日番谷冬獅郎を処刑せよ」です。

ネタバレを読む
映画:ドラゴンボールZ 神と神

ドラゴンボールZ 神と神の紹介:「ドラゴンボールシリーズ」18弾となる劇場版作品で、原作における魔人ブウ編とエピローグの間にあったエピソードという立ち位置になっています。原作者の鳥山明氏が初めて劇場版アニメに関わった作品でもあり、基本的なストーリーや敵キャラのビルスやウイスのデザインなどを担当しました。今までの敵を超える最強の敵だけあって、新たなるドラゴンボールの始まりを予感させるストーリーとなっています。

ネタバレを読む