コメディ映画のネタバレあらすじ一覧

ニューヨーク 眺めのいい部屋売りますの紹介:2014年制作のアメリカ映画。今の家を売って、新しい新居に引っ越そうと奮闘する熟年夫婦の数日間を描いている。モーガン・フリーマンとダイアン・キートン共演で贈る作品。

ネタバレを読む

海賊じいちゃんの贈りものの紹介:2014年制作のイギリス映画。祖父の誕生日を祝うため、スコットランドに集まった壊れかけの家族の物語を描いている。美しい自然を舞台に、BBCフィルムズの一流制作陣が手がけた作品。ロザムンド・パイク主演で贈るハートフル・コメディ。

ネタバレを読む

マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)の紹介:2017年公開のアメリカ映画。芸術家の父を持つ3人の兄妹の姿を描いている。ノア・バームバックが監督・脚本を務め、カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを争った作品。アダム・サンドラー、ベン・スティラー、ダスティン・ホフマン、エマ・トンプソンらが出演したコメディドラマ。

ネタバレを読む

ウィー・ニード・トゥ・トークの紹介:2016年製作のスペイン映画。彼からプロポーズされて、別居中の夫に離婚を切り出せない女性が、家族や周囲の人を巻き込んでいく様を描いている。嘘が嘘を呼んで後に引けない状況の中で、大切なことに気づく人の姿を映し出す。

ネタバレを読む

ウソはホントの恋のはじまりの紹介:2013年制作のアメリカ映画。カフェで働く女性が気になり、彼女の理想の男性になるため、SNSを調べて努力する売れない作家の姿を描いている。ジャスティン・ロング、エヴァン・レイチェル・ウッド共演によるラブコメディ。

ネタバレを読む

誘惑のアフロディーテの紹介:養子にもらった息子がルックス・知能・性格も三拍子揃いに成長する。父は息子の実母が気になり探し出すが、なんと彼女はポルノ女優で娼婦だった。
名匠ウディ・アレンが監督、脚本、主演を務めたラブ・コメディ。ギリシャ悲劇を基にウィットに富むエピソード満載で描き上げた。1995年アカデミー賞助演女優賞を獲得するほか、多数の映画賞を受賞した秀作喜劇。

ネタバレを読む

ファング一家の奇想天外な秘密の紹介:2016年製作のアメリカ映画。街で奇行を演じる芸術家の両親を持つ姉弟の姿を描いている。ケヴィン・ウィルソンのベストセラー小説「The Damily Fang」を「ラビット・ホール」のデヴィッド=リンゼイ・アベアーが脚色。主演のニコール・キッドマンがプロデュースにも乗り出し、ジェイソン・ベイトマンが彼女の弟役と監督も務める。クリストファー・ウォーケンやメアリー・アン・ブランケットらも出演した作品。

ネタバレを読む

ローガン・ラッキーの紹介:2017年にアメリカで製作された強盗をテーマにしたコメディ映画。新人のレベッカ・ブラントの脚本に感銘を受けたスティーヴン・ソダーバーグは引退宣言を撤回し、本作を監督復帰第一作目とした。不運続きのローガン兄弟が起死回生を目指してカーレースの売上金強奪計画に乗り出す姿を描く。

ネタバレを読む

おとなの事情の紹介:2016年製作のイタリア映画。イタリアのアカデミー賞で作品賞・脚本賞を受賞したコメディ。7人の友人夫婦が集まった食事会。参加者の一人、エヴァの提案で、かかってきた電話やメッセージをオープンにすることに。女性陣に詰め寄られ男性陣も渋々応じ、テーブルに7台のスマホが出揃う。アメリカ・トライベッカ国際映画祭脚本賞、ノルウェー国際映画祭観客賞受賞。

ネタバレを読む

ドン・サバティーニの紹介:1990年公開のアメリカ映画。マフィアのドンに見込まれた田舎出の青年が珍妙な仕事を頼まれ四苦八苦する姿を描くコメディ。マーロン・ブランドが『ゴッド・ファーザー』の自分自身をパロディ化したことでも話題になった。

ネタバレを読む