コメディ映画のネタバレあらすじ一覧

映画:ファミリー☆ウォーズ

ファミリー☆ウォーズの紹介:家族をなにより大切にしていた福島家が祖父の認知症をきっかけに崩壊していく様を描いた2018年公開のバイオレンス・スプラッター・コメディ。監督/脚本/撮影/編集はカナザワ映画祭で新人監督賞を受賞、数々の映画祭で話題となった「ハングマンズ・ノット」の阪元裕吾。「夏のホラー秘宝まつり2018」で初上映された。

ネタバレを読む
映画:劇場版TRICK霊能力者バトルロイヤル

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤルの紹介:人気ドラマシリーズ「トリック」の劇場版3作目として、シリーズ10周年を記念して製作された作品です。ある村に伝わる霊能者を選ぶ儀式として各地から霊能者を募集し、そこに主人公・山田奈緒子も参加し、勝負は霊能者同士のバトルロイヤルへと発展していきます。松平健が物語の重要な役どころとして登場し、マツケンサンバを意識したフレーズや暴れん坊将軍を思わせる白馬に乗るシーンなど、小ネタも多く使われています。

ネタバレを読む
映画:大脱獄

大脱獄の紹介:ジョセフ・L・マンキウィッツ監督、カーク・ダグラス、ヘンリー・フォンダ主演の西部劇コメディ。「俺たちに明日はない」の脚本で知られるデヴィッド・ニューマンとロバート・ベントンが脚本を手掛けた作品で、犯罪者たちの脱獄劇をユーモラスに描いていく。1970年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:スイスアーミーマン

スイス・アーミー・マンの紹介:2016年制作のアメリカ映画。監督・脚本は、ダニエル・シャイナートとダニエル・クワンのコンビ。主演はポール・ダノとダニエル・ラドクリフ。映画のタイトルは、死体がスイスアーミーナイフのように多機能を備えていることに由来している。日本公開は2017年。

ネタバレを読む
映画:悪魔の毒々パーティ

悪魔の毒々パーティの紹介:年に一度のお楽しみ、プロム・パーティーを控えた高校のある町で、突如死人がゾンビとなって次々と生き返る緊急事態に。なんとかゾンビの襲撃を逃れた高校生たちは、クラスメイトを救うべくパーティー真っ最中の学校へ向かうのだが・・・というお話で、「悪魔の毒々モンスター」で有名なトロマ社の製作ではありませんが、明るく楽しいゾンビコメディになっています。

ネタバレを読む
映画:マーダーオブキャット

マーダー・オブ・キャットの紹介:いい歳をして母親離れ出来ないニートな青年が、「唯一の親友」だった飼い猫を殺されたことから、「猫殺し」の犯人を捜すため奔走する!という物語で、猫を殺した犯人を探しつつ成長していく主人公を描いたコメディ・ドラマです。監督のジリアン・グリーンは、本作の製作を担当している「死霊のはらわた」「スパイダーマン」などの監督サム・ライミの奥様で、これが監督デビュー作になります。

ネタバレを読む
映画:麻雀放浪記2020

麻雀放浪記2020の紹介:2019年4月5日公開の日本映画。真田広之主演で映画化されたこともある阿佐田哲也のベストセラー小説を、『孤狼の血』の白石和彌監督が大胆に映像化したコメディ。1945年から2020年にタイムスリップした天才ギャンブラーの青年が、麻雀を武器に激動の時代を生き抜く姿を描く。映画監督としても活躍する斎藤工が主人公の坊や哲を怪演し、ふんどし姿も披露する。

ネタバレを読む
映画:ゴーストチームワン

ゴースト・チーム・ワンの紹介:低予算ながら大ヒットした「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」以来、数多く製作されるようになった「POVホラー」の形式を用いて、それを徹底的にチャカしまくったパロディ・ホラーです。POVホラーの定番である、ドキッとさせるシーンはちゃんと作り込まれていて、ゾンビ・パロディ映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」のPOVホラー版とも言える作品になっています。

ネタバレを読む
映画:ナニカの断片

ナニカの断片の紹介:2018年制作のショートムービー。俳優事務所・バウムアンドクーヘンに所属する役者のプロモーション映像を、多彩な映画監督が制作するという企画『バウムちゃんねる』の中の一作。監督・脚本・撮影・編集は『カメラを止めるな!』の上田慎一郎。3編の物語で構成されるオムニバス作品。

ネタバレを読む
映画:忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段

忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段の紹介:人気テレビアニメ「忍たま乱太郎」の実写映画として2013年に公開された作品で、主演の猪名寺乱太郎役を加藤清史郎がつとめています。乱太郎たちの夏休みと名刀・極楽丸をめぐる各城の忍者たちを巻き込んだ騒動が描かれており、アニメシリーズを踏襲したギャグパートや作品世界と現実を行き来するような演出も随所に見ることができます。また作品内には、原作者である尼子騒兵衛も本人役として登場しています。

ネタバレを読む
映画:まじめに愛して

まじめに愛しての紹介:1974年のフランス映画。フレンチポップの永遠のアイコン、ジェーン・バーキンが27歳の時に主演したラブコメディ。日本では劇場未公開だったが、ジェーンの熱烈なファンの支持を得て、2007年の彼女の誕生日にソフト化された。アリアーヌとパトリスとブリュノは、女1人と男2人の3人で一緒に暮らす恋人同士。行き当たりばったりの旅に出た3人だったが、アリアーヌの前に魅惑的な大人の男が現れて…。

ネタバレを読む
映画:殺したい女

殺したい女の紹介:ダニー・デビート、ベット・ミドラー主演のブラックコメディ。オー・ヘンリーの短編小説「赤い酋長の身代金」を原案としており、ある中年男が企てた妻殺害計画が思わぬ形で破綻していく様をユーモラスに描いていく。第1回アメリカン・コメディ・アワードでは、ベット・ミドラーが主演女優賞を獲得した。1986年アメリカ製作。

ネタバレを読む