コメディ映画のネタバレあらすじ一覧(3ページ目)

映画:快盗ルビイ

快盗ルビイの紹介:1988年製作の小泉今日子、真田広之主演のロマンティックコメディ。ヘンリー・スレッサーの「快盗ルビイ・マーチンスン」を原案とした作品で、「ルビイ」というあだ名の怪盗を自称する女性と弱気な男性のハチャメチャな犯罪計画を描いていく。監督はイラストレーター出身の和田誠で、監督第二作目の本作では第62回キネマ旬報ベストテン10位に選出、真田広之には主演男優賞をもたらした。

ネタバレを読む
映画:スラップショット

スラップ・ショットの紹介:1977年製作のアメリカのスポーツコメディ。チームを解散危機から救うため、暴力プレーを繰り返す弱小アイスホッケーチームをユーモラスに描いていく。監督はジョージ・ロイ・ヒル、主演はポール・ニューマンが務めた。第二回報知映画賞では海外作品賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:音量を上げろタコなに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!の紹介:2018年10月12日公開の日本映画。「時効警察」シリーズなどユニークな作品で知られる三木聡監督の、『俺俺』以来5年ぶりの監督作となるコメディ。驚異的な歌声で人気のロックスターと声が小さすぎるストリート・ミュージシャンが出会い、巻き起こす騒動がつづられる。パンクロックバンド、グループ魂のボーカルとしても活躍する阿部サダヲがパワフルな歌声を披露する。

ネタバレを読む
映画:ヘルベイビー

ヘル・ベイビーの紹介:夢の新居として格安のボロ屋に引っ越してきた夫婦の、臨月の妻が悪魔に取り付かれて次第におかしくなっていく様を描いた、悪魔憑きホラーを下敷きにした大バカコメディ。コメディだがホラーテイストのシーンはしっかり血みどろで、しかも下品極まりないシーンも多く、悪趣味映画好きにはたまらない逸品になっている。

ネタバレを読む
映画:パグアクチュアリーダメな私のワンダフルライフ

パグ・アクチュアリー ダメな私のワンダフル・ライフの紹介:2018年11月3日公開のイギリス映画。初めての愛犬に振り回されっぱなしの女性が恋に仕事に奮闘する姿を描いたイギリス製ロマンティックコメディ。ロンドンで暮らす高校教師サラは恋人募集中。ある日、サラの祖母が他界し、飼っていたパグ犬パトリックを相続することに…。

ネタバレを読む
映画:バタリアン2

バタリアン2の紹介:「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」のパロディである「バタリアンシリーズ」の第2弾です。「バタリアン」というのは日本独自の邦題となります。ジャンルはホラー映画ですが、コミカルな要素が強いのが特徴です。本作最大の特徴はゾンビにあります。知能を持っているため喋ることもでき、頭を破壊されても死にません。そのうえガンガン走ります。個性的なゾンビが多数登場するのも本作ならではの特徴だと言えるでしょう。

ネタバレを読む
映画:ロンドンゾンビ紀行

ロンドンゾンビ紀行の紹介:原題は「Cockneys vs Zombies」で、2012年に公開されたイギリスの映画となります。ゾンビ映画のパロディ的な作品で、ホラーではなくコメディタッチで描かれています。老人対ゾンビ、若者対ゾンビという2つのストーリーが交互に進む、一風変わった作りとなっています。これまでにはなかった「老人対ゾンビ」という新しいテーマを取り扱ったことで、コアな人気を獲得した作品です。

ネタバレを読む
映画:どら平太

どら平太の紹介:2000年製作の市川崑監督による時代劇。山本周五郎の「町奉行日記」を原案とした作品で、市川崑、黒澤明、木下惠介、小林正樹による映画人グループ「四騎の会」が脚本を手掛けた。「どら平太」というあだ名の町奉行がある小藩の悪政を正すべく奮闘する姿を描く。

ネタバレを読む
映画:スティング

スティングの紹介:1973年製作のアメリカの犯罪喜劇映画。「明日に向って撃て!」のジョージ・ロイ・ヒル監督とポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードが再び名トリオを組んだ作品で、プロの詐欺師たちが暗黒街の大物を出し抜く様子を軽快に描いていく。第46回アカデミー賞では七冠に輝いた(作品賞、監督賞、脚本賞、美術賞、編集賞、衣装デザイン賞、歌曲編曲賞)。

ネタバレを読む
映画:ビッグ

ビッグの紹介:1988年製作のアメリカのファンタジーコメディ映画。大きくなりたいという願いが叶い、突然大人になってしまった少年の成長を描いていく。監督はペニー・マーシャル、主演はトム・ハンクスが務めた。第46回ゴールデン・グローブ賞ではトム・ハンクスが主演男優賞(ミュージカル/コメディ部門)を獲得し、また、女性監督作品として初めて興行収入1億ドル超えを記録した。

ネタバレを読む
映画:張り込みプラス

張り込みプラスの紹介:1993年製作のアメリカのアクションコメディ映画。1987年製作の「張り込み」の続編で、主演はリチャード・ドレイファス、エミリオ・エステヴェスが続投し、新たな仲間としてロージー・オドネルが加わった。前作で脱獄囚事件を解決したクリスとビルの刑事コンビが女性検事補とともにある夫婦の張り込みを行う。

ネタバレを読む
映画:ラットレース

ラットレースの紹介:イタリア人観光客に『Mr.ビーン』でお馴染みの喜劇俳優ローワン・アトキンソンが出演したことで話題になった作品です。『天使にラブソングを…』で知られているウーピー・ゴールドバーグも出演しています。なんと本作にはアカデミー賞を受賞した俳優が3人も出演しているなど、意外と豪華な作品となっています。ちなみに監督のジェリー・ザッカーの母親が、「ルーシーそっくりコンテスト」の1人としてカメオ出演しています。

ネタバレを読む
映画:張り込み(1987年)

張り込み(1987年)の紹介:1987年製作のアメリカのクライムコメディ。監督は「サタデー・ナイト・フィーバー」で知られるジョン・バダムが務め、リチャード・ドレイファス、エミリオ・エステヴェスが主人公の刑事コンビを好演した。監視対象の脱獄犯の恋人の女性に恋をしてしまう刑事の姿を描いていく。アメリカ探偵作家クラブ主催のエドガー賞では映画部門の作品賞を受賞した。

ネタバレを読む
映画:亀は意外と速く泳ぐ

亀は意外と速く泳ぐの紹介:三木聡監督が制作し上野樹里が主演をつとめたコメディー作品です。作品全編を通して小ネタや笑いのエッセンスが散りばめられており、脱力系コメディという唯一無二の世界観を持った作品でもあります。上野樹里演じる平凡な主婦「スズメ」がスパイ募集の張り紙を見つけたことから日常の見え方が変わっていくというストーリーで、平凡な日常の中に隠れているちょっとした違和感や裏側に隠れた世界が独特のタッチで切り取られています。

ネタバレを読む