ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:町田くんの世界

町田くんの世界の紹介:2019年6月7日公開の日本映画。別冊マーガレットに連載された安藤ゆきの同名コミックを『舟を編む』の石井裕也監督が映画化した青春ムービー。勉強も運動も苦手だけど、“人を愛する”才能に長けた少年が“人が大嫌い”なクラスメイトとの出会いを通して“わからない感情”と向き合う姿を描く。主人公の町田くんを演技経験ゼロの超新人、細田佳央太が演じる。

ネタバレを読む
映画:世界でいちばん長い写真

世界でいちばん長い写真の紹介:誉田哲也の同名小説を、草野翔吾監督・脚本で映画化し2018年に公開された作品です。高校を舞台に写真部に所属する主人公が360度撮影することが可能な珍しいカメラと出会ったことで成長していくストーリーとなっています。原作は世界一長い写真を撮影したという実話をもとに制作されており、作中でも主人公の高校生たちが145mに及ぶ横長の写真を撮影する様子が収められています。

ネタバレを読む
映画:十年 Ten Years Thailand

十年 Ten Years Thailandの紹介:2015年製作の香港のオムニバス映画「十年」のタイ版となる作品。カンヌ国際映画祭パルムドール受賞のアピチャッポン・ウィーラセタクンが総括を担当し、自身も最終話「都市の歌」の監督を手掛けた。権力により統制を受ける社会や異種族の排斥、都市開発など、様々な表現を用いてタイ社会を描いていく。2018年香港・タイ合作。

ネタバレを読む
映画:リスタート:ランウェイ~エピソード0~

リスタート:ランウェイ~エピソード0~の紹介:2019年公開。不慮の事故により車椅子生活となった主人公がレーサーを目指す物語を描く作品。『リスタート』シリーズとして展開されていくシリーズの序章となる物語。主演を務めるのは、実生活で不慮の事故に見舞われ下半身不随となった、アイドルグループ・仮面女子のメンバー猪狩ともか。監督を務めたのは、今作が長編監督3作目となる帆根川廣。Amazon Prime Videoにて配信中。

ネタバレを読む
映画:リンカーン

リンカーンの紹介: 2012年のアメリカの伝記戦争映画。監督はスティーヴン・スピルバーグ。アメリカの第16代大統領であるエイブラハム・リンカーンは、ダニエル・デイ=ルイスが演じた。第85回アカデミー賞においては、主演男優賞とアカデミー美術賞を受賞した。日本公開は2013年。

ネタバレを読む
映画:ローラーガールズダイアリー

ローラーガールズ・ダイアリーの紹介:子役から成長し大人の女優として成功した、ドリュー・バリモアの初監督作品です。「ジュノ」で妊娠する女子高生を演じたエレン・ペイジの初々しい魅力と、女性たちが肉体をぶつけあうローラーゲームの迫力が満点の、青春グラフィティ・スポーツ映画です。

ネタバレを読む
映画:続激突!カージャック

続・激突!/カージャックの紹介:名匠スティーヴン・スピルバーグ監督の、劇場用長編デビュー作です。日本では劇場公開されたTVムービー「激突!」の続編のような邦題が付けられていますが、「激突!」とは関係なく、実際に起きた事件を元にした作品になっています。若き日のスピルバーグの才能と、ヒロインのゴールディ・ホーンの魅力が光る1作です。

ネタバレを読む
映画:荒野の決闘

荒野の決闘の紹介:ジョン・フォード監督、ヘンリー・フォンダ主演の西部劇で、ワイアット・アープがOK牧場の決闘に至るまでの物語を描いた作品。スチュアート・ナザニエル・レイクによるワイアット・アープの半生記を原案としており、宿敵との対決、友情や恋愛の人間ドラマが描かれていく。第18回ナショナル・ボード・オブ・レビューでは、作品賞トップ10に選出された。1946年アメリカ製作。

ネタバレを読む
映画:HANA

HANAの紹介:2018年に公開された短編映画です。「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア」のプロジェクトの1つ「ブックショート」の第1回大賞作品となり、芥川龍之介氏の「鼻」を女子高に置き換えた内容となっています。胸の小ささに悩む女子高生を主人公としており、ある日胸が大きくなったらという設定のもの、ストーリーは進んでいきます。元となる「鼻」の内容と胸のコンプレックスをうまく結びつけた物語になっているのが特徴的です。

ネタバレを読む
映画:居眠り磐音

居眠り磐音の紹介:2019年5月17日公開の日本映画。数々の時代小説で知られる佐伯泰英の人気シリーズを松坂桃李主演で初めて映画化した時代ドラマ。不幸な過去を背負い、故郷を離れて江戸で浪人として暮らす男が、巨悪に立ち向かうため、剣を手に取る。コメディから社会派ドラマまで幅広いジャンルを手がける本木克英がメガホンを握る。

ネタバレを読む
映画:世界は今日から君のもの

世界は今日から君のものの紹介:尾崎将也監督・脚本で2017年に公開された作品で、門脇麦が主演をつとめています。引きこもりの女性が仕事を通して自分の才能を見つけ、苦悩しながら成長していく物語となっており、他人とのコミュニケーションが苦手な主人公が徐々に変化していく様子が垣間見られる作品です。映画の主題歌には藤原さくらの「1995」が起用され、軽やかなメロディで作品を締めくくってくれます。

ネタバレを読む
映画:ユキの異常な体質 / または僕はどれほどお金がほしいか

ユキの異常な体質 / または僕はどれほどお金がほしいかの紹介:2017年に公開された短編映画です。アジア最大の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」のプロジェクト「ブックショート」にて、第2回の大賞に選ばれた「ユキの異常な体質/または僕はどれほどお金がほしいか」という短編小説を映像化した作品となります。雪女をテーマにした作品で、お笑い芸人の鳥居みゆきさんが雪女役を演じています。

ネタバレを読む
映画:いしゃ先生

いしゃ先生の紹介:昭和初期に山形県の無医村で村医として活躍した実在の人物・志田周子の半生を描いた映画として2016年に全国公開された作品で、主演の志田周子役を平山あやがつとめています。ロケはすべて山形県内で行われ、映画の公開も全国に先駆けて山形県の映画館で先行公開されました。主題歌には上野優華の「あたたかい場所」が起用されており、上野優華は作品内でも志田周子の助手という重要な役どころで出演しています。

ネタバレを読む