ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:赤ひげ

赤ひげの紹介:1965年製作の黒澤明監督によるヒューマンドラマ。山本周五郎による小説「赤ひげ診療譚」で、江戸時代を舞台に、社会の貧困と無知に苦しむ庶民のために力を尽くす赤ひげの医師と、長崎帰りの新米医師の交流を描いていく。この作品の名演で三船敏郎は第26回ヴェネチア国際映画祭で二度目の男優賞を獲得した。

ネタバレを読む
映画:ガザの美容室

ガザの美容室の紹介:2015年のパレスチナ、フランス、カタールの合作で、日本公開は2018年。第68回カンヌ国際映画祭正式出品作。監督はパレスチナ自治区のガザで生まれで、一卵性双生児のターザン&アラブ・ナザール。ガザにある小さな美容室には、女性客が集まり混雑していた。ところが店の外で銃声が響いた途端に戦闘が始まり、美容室にいた女性たちは監禁状態となってしまう…。

ネタバレを読む
映画:4/猫ねこぶんのよん

4/猫 ねこぶんのよんの紹介:2015年公開の日本映画。「1匹の猫が住みつく、とある駅を利用する市井の人を描く」というルールの下、4人の若手映画監督が競作したオムニバス。『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督作『猫まんま』をはじめ、早坂亮輔監督作『ひかりと嘘のはなし』ほか、全4作品を収録。

ネタバレを読む
映画:ゴーストバンド

ゴーストバンドの紹介:2013年製作の日本映画。YouTube限定で公開された月川翔、本広克行ら著名な映画監督による作品を収めたオムニバス。マキタスポーツが売れない音楽家を演じた「ゴーストバンド」、山本舞香が空手で大学の推薦入試を狙う女子高生を演じた「通学ダッシュ!」ほか、全4作を収録。

ネタバレを読む
映画:グーグーだって猫である

グーグーだって猫であるの紹介:2008年製作のハートウォーミングドラマ。少女漫画家の大島弓子による同名エッセイを原案に、吉祥寺に暮らす天才漫画家と愛猫グーグーの生活を描いていく。大島弓子の大ファンの犬童一心監督がメガホンを取り、主演は小泉今日子が務めた。

ネタバレを読む
映画:ごっこ

ごっこの紹介:2018年10月20日公開の日本映画。小路啓之の同名マンガを千原ジュニアの主演、「ユリゴコロ」の熊澤尚人監督のメガホンで実写映画化。大阪のうらぶれた帽子店で仲むつまじく暮らす城宮とヨヨ子の親子。40歳目前にも関わらずニートの城宮と、5歳のヨヨ子は、けっして他人には知られてはいけない秘密を抱えていた。城宮が十数年ぶりに実家に戻ってきたことを知った幼なじみで警察官のマチは、突如として現れたヨヨ子の存在に疑いの目を向けるが…。

ネタバレを読む
映画:小さな恋のうた

小さな恋のうたの紹介:2019年公開。日本の著名な3ピース・ロックバンドMONGOL800の代表曲「小さな恋のうた」を題材として、彼らの出身地である沖縄県を舞台に、高校の軽音部に所属するバンドの物語を描く。撮影も実際に沖縄で行われた。監督は橋本光二郎。この物語の世界観では現代を舞台としているが、MONGOL800が存在していない世界となっており、MONGOL800の楽曲は主人公たちのバンドが生み出した楽曲として扱われている。主人公たちが演奏する楽曲の他にも、MONGOL800の多くの楽曲がBGMとして挿入されており、メンバー3人もカメオ出演している。

ネタバレを読む
映画:ドローン無人爆撃機

ドローン 無人爆撃機の紹介:2013年に公開された映画です。最新鋭の無人機ドローンをテーマとしており、テロリストや民間人の巻き添えなどが大きくかかわってきます。無人機ドローンのオペレーターと操縦士たちが、テロリストを爆撃すべきか、爆撃しないべきかを話し合いを進める中で、戦争にまつわる思惑が浮き彫りになってくるといった内容となっています。現代だからこその戦争映画となっており、基本的には2人の会話だけで進んでいきます。

ネタバレを読む
映画:イルポスティーノ

イル・ポスティーノの紹介:1994年制作のイタリア映画。1950年代のイタリアの小さな島を舞台に、チリから亡命してきた実在の詩人パブロ・ネルーダと、素朴な郵便配達員の青年の交流を描いている。本作で珠玉の演技を見せたマッシモ・トロイージは、撮影を終えてから12時間後に心臓病で他界した。日本公開は1996年。

ネタバレを読む
映画:山猫

山猫の紹介:1963年のイタリア・フランス合作の歴史ドラマ。イタリア貴族の子孫であるジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサによる同名の歴史小説を、同じくイタリア貴族の子孫であるルキノ・ヴィスコンティ監督が映画化、バート・ランカスター、アラン・ドロン、クラウディア・カルディナーレが主演を務めた。イタリア統一革命に揺れるシチリアを舞台に、山猫の紋章を持つサリーナ公爵と野心的な甥タンクレーディのそれぞれの生き方を対照的に描いていく。第16回カンヌ国際映画祭では最高賞パルム・ドールに輝いた。

ネタバレを読む
映画:しゃべれどもしゃべれども

しゃべれども しゃべれどもの紹介:2007年製作のヒューマンドラマ。佐藤多佳子による同名小説を映画化した作品で、落語家の青年と話し方に問題を抱える三人との心温まる物語を描いていく。第81回キネマ旬報ベスト・テンでは日本映画第三位に選出された。

ネタバレを読む
映画:ペレ伝説の誕生

ペレ 伝説の誕生の紹介:2016年に劇場公開された作品で「サッカーの王様」とも呼ばれるブラジル出身の伝説的サッカー選手「ペレ」の半生を描かれており、彼の生い立ちや幼少期の頃のエピソードから、ブラジル代表としてワールドカップに出場するまでの話しを見ることができます。ブライアン・グレイザーをはじめ、そうそうたるスタッフが集結して製作された作品で、劇中ではペレ本人もカメオ出演を果たしています。

ネタバレを読む
映画:幸福なラザロ

幸福なラザロの紹介:第71回カンヌ国際映画祭で、コンペティション部門脚本賞を受賞したイタリア映画。1980年代初頭のイタリアで実際に起きた詐欺事件を元に、キリスト教の聖人ラザロのような無垢な青年の人生を描いている。日本公開は2019年。

ネタバレを読む
映画:モリのいる場所

モリのいる場所の紹介:2018年の公開作。自宅の庭に生きる植物や動物を描き続けた実在の画家・熊谷守一こと、通称“モリ”。彼と妻を取り巻く人々とのエピソードをもとにしたオリジナルストーリーで、モリの一日の出来事を温かくもコミカルなタッチで描く。監督・脚本は『南極料理人』や『横道世之介』の沖田修一。夫婦役は日本を代表する名優山崎努と樹木希林が務めた。

ネタバレを読む