ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:スーパーチューズデー正義を売った日

スーパー・チューズデー ~正義を売った日~の紹介:ジョージ・クルーニーが監督・共同脚本・主演を務めた政治ドラマ。2004年度の民主党大統領予備選挙の立候補者であるハワード・ディーンの選挙スタッフをしていた、ボー・ウィリモンの戯曲を基にしている。日本公開は2012年。

ネタバレを読む
映画:僕と世界の方程式

僕と世界の方程式の紹介:2014年のイギリス映画。2007年制作のドキュメンタリー映画「Beautiful Young Minds」を基に、天才的な数学の才能を持つ自閉症スペクトラムの少年の成長が描かれている。主演は「ヒューゴの不思議な発明」などで知られるエイサ・バターフィールド。日本公開は2017年。

ネタバレを読む
映画:小さな手

小さな手の紹介:2017年製作のフランス・ベルギーの合作。第44回セザール賞短編賞をはじめとする映画賞を受賞したショートフィルム。監督はブリュッセルを拠点に活動するフランス人若手脚本家のレミ・アリエ。閉鎖の危機を迎えたとある工場。従業員たちが激しく抗議するなか、一番過激な従業員のブリュノが閉鎖への反発行為として、工場代表の幼子を誘拐するのだったが…。

ネタバレを読む
映画:女と男の観覧車

女と男の観覧車の紹介:2017年製作のアメリカ映画で、日本公開は翌年。名匠ウディ・アレン監督が最高峰の演技力を誇る女優として、ケイト・ウィンスレットを主演に迎えた意欲作。元女優のウェイトレスのジニーは、再婚相手がいながらも真実の愛を求め劇作家志望の若い男と不倫していた。ある日、行方不明だったジニーの夫の娘が突然姿を現したことから、運命の歯車が狂い始める…。

ネタバレを読む
映画:海難1890

海難1890の紹介:1890年に日本で起こった海難事故「エルトゥールル号遭難事件」とイラン・イラク戦争におけるトルコの邦人救出を描いた作品で、制作は日本とトルコの合同で行われています。第39回日本アカデミー賞では10部門にノミネートされるなど多くの評価を受けた話題作でもあります。主演女優の忽那汐里とトルコ人俳優のケナン・エジェは2つの時代にまたがった異なる役を演じており、英語でのやりとりも多く見られる作品です。

ネタバレを読む
映画:ローマンという名の男信念の行方

ローマンという名の男 -信念の行方-の紹介:2017年にカナダ・アラブ首長国連邦・アメリカ合作で製作された社会派ドラマ。相棒の死をきっかけにつらい現実に追い詰められる人権派弁護士の姿を描いていく。主人公は名優デンゼル・ワシントンが演じた。

ネタバレを読む
映画:此の岸のこと

此の岸のことの紹介:2010年の製作の短編映画。監督・脚本は若手の外山文治。モナコ国際映画祭2011の短編部門・最優秀作品賞をはじめとする5冠を達成し、国内では『わさび』『春なれや』と共に2017年に劇場公開。老々介護による厳しい現実をドキュメンタリータッチで台詞を排し、辛辣に描き出した。故・蜷川幸雄が創設した演劇集団「さいたまゴールド・シアター」の団員が介護する夫、介護される妻を切々と演じた。

ネタバレを読む
映画:野獣

野獣の紹介:2018年のカナダ映画。同年のサンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞、第91回アカデミー賞では短編実写映画賞にノミネートされたショートフィルム。監督・脚本はジェレミー・コント。広い大鉱山へこっそりと侵入した少年2人。人のいない果てしない空間で、2人は力比べゲームに没頭し競い合うのだが、その行為は危険と隣り合わせだった…。

ネタバレを読む
映画:ジュリアン

ジュリアンの紹介:2017年のフランス映画。グザヴィエ・ルグラン監督の初の長編映画作品で、フランスではロングランヒットを記録した。第74回ベネチア国際映画祭にて、最優秀監督賞(銀獅子賞)を受賞。日本公開は2019年。

ネタバレを読む
映画:猫は抱くもの

猫は抱くものの紹介:2018年6月23日公開の日本映画。大山淳子の同名小説を、沢尻エリカと吉沢亮共演で犬童一心が映画化。スーパーで働く元アイドルのアラサー女性、沙織は、日々の出来事をロシアンブルーの猫・良男に打ち明けていた。やがて良男は、自分が人間で、沙織の恋人だと思い込むようになり…。

ネタバレを読む
映画:春なれや

春なれやの紹介:2016年の製作。国内での劇場公開後、2018年に外山文治監督の短編作品集として『わさび』と共にソフト化。キャストは同監督作『燦燦-さんさん-』主演の吉行和子、若手注目俳優の村上虹郎ほか。主題歌はCoccoが担当した。桜の咲く季節、老人ホームを抜け出した女性が警察で保護される。どうしても行きたい場所があると彼女が言うので、たまたま出会った青年は道を案内することになり…。

ネタバレを読む
映画:わさび

わさびの紹介:2016年製作の短編映画。国際映画祭の出品・招待上映や国内での劇場公開後、2018年に外山文治監督の短編作品集として『春なれや』と共にソフト化。父の病気のため、実家の寿司屋を継ぐことを決めた女子高生の葵。周囲の同意を得られず戸惑いながらも、ある人との再会をきっかけに葵が成長する姿を飛騨高山の美しい情景と共に描く。

ネタバレを読む
映画:エルトポ

エル・トポの紹介:アレハンドロ・ホドロフスキー監督が1970年に作り上げた、「元祖カルト映画」。1970年の公開当時は、ニューヨークのミニシアターで夜中に上映されていた「ミッドナイト・ムービー」だったが、ジョン・レノンがこの映画の興行権を買おうとした、ミック・ジャガーやアンディ・ウォーホルらが絶賛したなど、数々の伝説を残す、カルト映画の始祖。エル・トポとは、「もぐら」の意味。

ネタバレを読む
映画:クソ野郎と美しき世界

クソ野郎と美しき世界の紹介:2018年公開。SMAP解散後、「新しい地図」という新たなプロジェクトを発足した稲垣吾郎・草彅剛・香取慎吾の3人を主演に据えた計4本の短編からなるオムニバス映画。「冷たい熱帯魚」「愛のむきだし」などで知られる園子温、山内ケンジ、お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光、音楽ビデオ監督として著名な児玉祐一という錚々たる面々を監督に迎え話題を呼んだ作品である。

ネタバレを読む