ヒューマンドラマのネタバレあらすじ一覧(2ページ目)

邦画や洋画等、おすすめのヒューマンドラマの映画をまとめています。ヒューマンドラマとは主に人間ドラマ(人の心の交流や、人の一生を描いたものなど)が分類されます。ヒューマンドラマは深いテーマや感動の傑作が多いことも魅力の一つです。

映画:幕が上がる

幕が上がるの紹介:高校演劇をテーマにした作品で、平田オリザ氏の原作小説を「ももいろクローバーZ」を主演に映画化しています。演劇に青春をかける高校生の姿が描かれており、10代ならではの悩みや葛藤が高校演劇を通してみずみずしく描かれています。第40回報知映画賞・特別賞をはじめ、第39回日本アカデミー賞・話題賞などの映画賞を受賞したほか、制作までの過程を追ったドキュメンタリー映画「幕が上がる、その前に」も制作されています。

ネタバレを読む
映画:アクトオブキリング

アクト・オブ・キリングの紹介:ジョシュア・オッペンハイマー監督による、2012年制作のドキュメンタリー映画。1965年のインドネシア共産党員大虐殺に関わった者たちに、「殺しの演技」をさせるという異色の手法で描いている。日本公開は2014年。

ネタバレを読む
映画:ボヘミアン・ラプソディ

ボヘミアン・ラプソディの紹介:完成までに8年もの歳月を費やした、2018年公開のイギリス、アメリカの伝記映画。イギリスの伝説的ロックバンド「クイーン」のリードボーカルであるフレディ・マーキュリーの半生を、バンドの結成から1985年におこなわれた「ライブエイド」でのパフォーマンスまで描いている。

ネタバレを読む
映画:テス

テスの紹介:1979年にイギリス・フランス合作で製作された文芸ドラマ。監督はロマン・ポランスキー、主演はナスターシャ・キンスキーが務めた。トーマス・ハーディによる小説「ダーバヴィル家のテス」を映画化した作品で、悲劇的な運命に翻弄される絶世の美少女の物語を描いていく。第53回アカデミー賞では撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞の三部門を制した。

ネタバレを読む
映画:マイライフマイファミリー

マイ・ライフ、マイ・ファミリーの紹介:2007年公開のタマラ・ジェンキンス監督によるアメリカ映画。主演はフィリップ・シーモア・ホフマンとローラ・リニー。第80回アカデミー賞主演女優賞などにノミネートされたが、日本では劇場未公開作品となっている。

ネタバレを読む
映画:アリー/スター誕生

アリー/スター誕生の紹介:2018年の公開作。何度も映画化されてきた『スタア誕生』をレディー・ガガ主演で、現代劇としてリメイク。ジャクソン役を務めたブラッドリー・クーパーは今作にて監督デビューを果たした。歌手になることを夢に見ながらも、自分に自信が持てないアリー。ある日出逢った世界的ミュージシャンのジャクソンに見初められ、アリーはスター街道を進んでいくのだが…。

ネタバレを読む
映画:ジュリエッタ

ジュリエッタの紹介:2016年のスペイン映画。原作はアリス・マンローの短編集の中の3編で、『トーク・トゥ・ハー』『ボルベール〈帰郷〉』の巨匠ペドロ・アルモドバルが映画化。主演のエマ・スアレスの演技は、様々な映画祭の女優賞に輝いた。中年のジュリエッタは娘の親友と再会した途端、激しく心が揺れ動いてしまう。何を隠そうジュリエッタは娘と12年間も音信不通だったのだ。ジュリエッタはこれを機に、今まで封印してきた過去と向き合い始める。

ネタバレを読む
映画:ジョイラッククラブ

ジョイ・ラック・クラブの紹介:1993年のアメリカ・中国合作のヒューマンドラマ。エイミ・タンによる同名小説を映画化した作品で、中国からアメリカに移住してきた4人の女性と、アメリカ人として育った彼女の娘たちの親子愛を描いていく。

ネタバレを読む
映画:パッドマン5億人の女性を救った男

パッドマン 5億人の女性を救った男の紹介:2018年公開のインド映画。貧しさゆえ安価で清潔な生理用ナプキンが買えず、汚れた布を使っている妻や女性たちのために、自らの人生をナプキン製造と普及に捧げた実在のインド人男性の半生を描いたヒューマンドラマ。監督は『マダム・イン・ニューヨーク』プロデューサーのR・バールキ。何かと生理がタブー視されている本国インドでも大ヒッ中。

ネタバレを読む
映画:フォーエバー・フレンズ

フォーエバー・フレンズの紹介:1988年にアメリカで製作されたヒューマンドラマ。アイリス・レイナー ダートの小説を映画化した作品で、「プリティ・ウーマン」で知られるゲイリー・マーシャルが監督を務めた。海辺で偶然出会った少女二人の友情を感動的に描いていく。主人公の女性二人をベット・ミドラー、バーバラ・ハーシーが演じた。

ネタバレを読む